中古品:
¥ 437
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■商品によっては、使用される事による擦れ傷・色あせ・多少の汚れ、劣化等が見受けられる場合がございますがご容赦ください。通常版・限定版に限らず、ジャケット・ライナーノーツ・特典・帯・ハガキ・チラシつきましては原則付属致しません。万が一、動作不備・再生不備がございましたら全額返金させて頂きます。■配送は原則メール便で行っております。また土日祝日はお休みを頂いております。■受注受付は24時間おこなっておりますが、複数店舗併売の為品切れの際は申し訳ありませんがキャンセルとさせて頂きます。休日中のお問い合わせへのご返信は休日明けに順次行わせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

わたしを離さないで [DVD]

5つ星のうち 3.8 113件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でわたしを離さないで (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: キャリー・マリガン, アンドリュー・ガーフィールド, キーラ・ナイトレイ, シャーロット・ランプリング
  • 監督: マーク・ロマネク
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2011/09/28
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 113件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004U4QVM8
  • JAN: 4988142857729
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 114,286位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

カズオ・イシグロのベストセラー小説を奇跡の映画化!
劇場ロングランヒットを記録した、あまりにも儚く切ない衝撃作!

命を“提供”するために、彼らは生まれた――




<キャスト&スタッフ>
キャシー…キャリー・マリガン(三ッ木 勇気)
トミー…アンドリュー・ガーフィールド(石母田 史朗)
ルース…キーラ・ナイトレイ(弓場沙織)
校長先生…シャーロット・ランプリング(弥永和子)

監督:マーク・ロマネク
脚本:アレックス・ガーランド
原作:カズオ・イシグロ
製作総指揮:アレックス・ガーランド/カズオ・イシグロ/テッサ・ロス

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:柳澤由美

<ストーリー>
外界から隔絶した寄宿学校ヘールシャムは、他人に臓器を“提供”するために生まれてきた〈特別な存在〉を育てる施設。キャシー、ルース、トミーは、そこで小さい頃から一緒に過ごしてきた。しかしルースとトミーが恋仲になったことから、トミーに想いを寄せていたキャシーは二人のもとを離れ、3人の絆は壊れてしまう。やがて、彼らに逃れようのない過酷な運命が近づく。ルースの“提供”が始まる頃、3人は思わぬ再会を果たすが……。

<ポイント>
●「(500)日のサマー」超えの興収を達成!
劇場拡大ロングランヒットを記録した話題作!!
●ブッカー賞作家カズオ・イシグロの小説を奇跡の映画化!
儚すぎる青春の残酷さ、切なさが胸に突き刺さる!
●キャリー・マリガン(『ウォール・ストリート』)×アンドリュー・ガーフィールド
(『ソーシャル・ネットワーク』)×キーラ・ナイトレイ(『つぐない』)
ハリウッドの次代を担う若手俳優が豪華共演!
●岩井俊二氏絶賛!!
『去年僕が観た映画で一番後遺症が残った作品。こんな話あるわけないだろうと思いながらも、いったんこのホラ話に乗ってしまうと息も出来ないような世界に連れてゆかれる。出口なし。けど彼らの感受性はあまりにもリアルでピュアなのだ。 岩井俊二(映画監督)』

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

カズオ・イシグロ原作のベストセラー小説を、キャリー・マリガンほか若手演技派スター共演で映画化したドラマ。幼い頃から外界から隔絶された寄宿学校・ヘールシャムで暮らしてきたキャシー、ルース、トミーの3人を待ち構える切ない運命を描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
この映画の存在を知ったのは全くの偶然である。2016年1月に綾瀬はるか主演の連続ドラマでスタートしたのがネットで「話題」になっていた。お話の全貌を知るために、手取り早い方法として2010年公開のこの映画のDVDを見た。

どこにでもありそうなヘールシャムという名の寄宿学校。よく見ると頻繁に行われる健康チェック、外出厳禁、IDチェックのための腕のリング、誰も訪ねてこない等「違和感」だらけなのだが、不思議なことに子供たちは全く意に介していない。
この学校の秘密は、けっこう早い段階で明らかになる。新任の教師が「良心の呵責」に耐えかねてばらしてしまった。学校の秘密より、秘密を知っても驚かない子供たちのほうにこっちは驚いた。

子供たちが驚かなかったのは、「自分たちは臓器提供のために作り出されたクローンである」 という事実が何を意味するか、本当に理解できなかったからだと思う。
子供たちは成長すると外の世界のコテージで集団生活することになる。男女同居だから、当然カップルもできる。外見は普通の人間と同じであるから、逃亡しようとすればいつでもできるのだが、誰もやらない。主人公のキャシーは臓器提供までのクローンを世話する介護人となる。ヘールシャム時代のルースとトミーは臓器提供で短い生涯を終える。

映画はキャシーにも臓器
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 s.mizushima 投稿日 2017/7/18
形式: DVD
臓器移植のためだけに生まれてきてかわいそうとも思いますが普通にわたしたちも限りがある命なわけで長いか短いかの差こそあれ死を迎えるのは同じことですよね。
生きてるうちに臓器移植する人もいるしドナー登録して死んでから誰かのために臓器移植する人もいます。
もし人は皆が何歳までの寿命とわかっているなら今より生き方が変わるはず。
わからないから意外とだらだら生きてしまうことも否めない。
この映画の中の人たちも限りがある命と知ってからは日々を大切に生きます。
でもギャラリーのための作品製作の意味について「魂があるのか確かめるため」というような言い方をしてるからただのクローンなんですかね?でも素敵な絵も描くし恋もする。
とにかく言いたいことは限りある命なのですから感謝して大切に生きましょうということです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
・「彼らは”提供”するためだけに生まれた。」
臓器提供するためだけに隔離されて心身ともに「健康」に育てられるクローン?など、空想の産物だろうし、これが現実になることはないと思う。が、そうした空想だけで片付けられない切なさがある。生命倫理という一般論で片付けてはいけないような個々の具体的な命を感じる。

・ヘールシャムの創作活動は自己があることを確認するために行うもの。
彼らは提供のための「道具」程度にしか考えられていなかったのだろうか。であるからこそ、4度以上の提供で生き延びても回復治療が行われず臓器摘出され続けるのだろう。

・愛し合っていると証明出来たら提供まで3、4年猶予がもらえるという噂
命のリミットが短いと分かっていて、自由になりたいものになれない彼らにとって、愛し合うことは数少ない生の表現だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
長編小説を2時間の映画に収めるのは至難の業だろう。
原作にほぼ忠実に映画化している。
映画ならではと思うのは、たとえば校歌を歌う場面だ。
子供たちが無心に歌う様子が心に残る。
日本でもドラマ化されているが、イシグロ氏の脳裏にあったのは、たぶんこのような風景なのだろう。
校舎やコテージのたたずまいが歴史を感じさせて、いい。
二人の女性とのセックスも違いを際立たせていて、興味深い。
やはり、大切なのは相手に対する愛情なのだと思わせてくれる。
キャシーも亡くなった二人と同じ運命をたどるのだろうが、この三人の出会いは無ではない。
生きることの重みを考えることを突き付けてくる作品だ。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 イッパツマン トップ1000レビュアー 投稿日 2012/2/10
形式: Blu-ray
 この小説の設定はSF的なんだが、実際に人の命や生活を「社会」が消費する時というのは、これくらい非現実的な理屈が付けられるものだ。だから、このお話の設定がリアリティを纏っているんだと思う。カズオ・イシグロのメッセージは主人公のラストの台詞に凝縮されているが、そこに至るまでの主要登場人物3名の表情が既にこの台詞を物語っている。本当に悲しい映画だが、絵作りも音楽も俳優達の演技も全てがこのお話の世界観にマッチしているところが素晴らしい。

 今、そばにいる人を大切にしたい、という気持ちを強く与えてくれたが、同時に、人はみんな、幸せになる権利があるということ、そしてそんな権利を奇妙な理屈を付けて奪う社会は絶対におかしい、というメッセージが、美しくも静かな悲しみのトーンで伝わってくる。

 これが本当の「小説」の力であり、「映画」の力なんだと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す