わたしを離さないで [Blu-ray] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

わたしを離さないで [Blu-ray]

5つ星のうち 3.8 103件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,644 (64%)
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 927より 中古品の出品:7¥ 888より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でわたしを離さないで (字幕版)を今すぐ観る ¥ 250 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • わたしを離さないで [Blu-ray]
  • +
  • わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
総額: ¥1,791
ポイントの合計: 26pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: キャリー・マリガン, アンドリュー・ガーフィールド, キーラ・ナイトレイ, シャーロット・ランプリング
  • 監督: マーク・ロマネク
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2012/06/02
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 103件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B007KUZ2YM
  • EAN: 4988142884329
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,290位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

カズオ・イシグロのベストセラー小説を奇跡の映画化!
劇場ロングランヒットを記録した、あまりにも儚く切ない衝撃作!
命を“提供”するために、彼らは生まれた――




<キャスト&スタッフ>
キャシー…キャリー・マリガン(三ッ木 勇気)
トミー…アンドリュー・ガーフィールド(石母田 史朗)
ルース…キーラ・ナイトレイ(弓場沙織)
校長先生…シャーロット・ランプリング(弥永和子)

監督:マーク・ロマネク
脚本:アレックス・ガーランド
原作:カズオ・イシグロ
製作総指揮:アレックス・ガーランド/カズオ・イシグロ/テッサ・ロス

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:柳澤由美

<ストーリー>
外界から隔絶した寄宿学校ヘールシャムは、他人に臓器を“提供”するために生まれてきた〈特別な存在〉を育てる施設。キャシー、ルース、トミーは、そこで小さい頃から一緒に過ごしてきた。しかしルースとトミーが恋仲になったことから、トミーに想いを寄せていたキャシーは二人のもとを離れ、3人の絆は壊れてしまう。やがて、彼らに逃れようのない過酷な運命が近づく。ルースの“提供”が始まる頃、3人は思わぬ再会を果たすが……。

<ポイント>
●「(500)日のサマー」超えの興収を達成!
劇場拡大ロングランヒットを記録した話題作!!
●ブッカー賞作家カズオ・イシグロの小説を奇跡の映画化!
儚すぎる青春の残酷さ、切なさが胸に突き刺さる!
●キャリー・マリガン(『ウォール・ストリート』)×アンドリュー・ガーフィールド(『ソーシャル・ネットワーク』)×キーラ・ナイトレイ(『つぐない』)
ハリウッドの次代を担う若手俳優が豪華共演!
●岩井俊二氏絶賛!!
『去年僕が観た映画で一番後遺症が残った作品。こんな話あるわけないだろうと思いながらも、いったんこのホラ話に乗ってしまうと息も出来ないような世界に連れてゆかれる。出口なし。けど彼らの感受性はあまりにもリアルでピュアなのだ。 岩井俊二(映画監督)』

<特典>
●『わたしを離さないで』製作秘話
●フォト・ギャラリー:マーク・ロマネク監督による撮影風景
●トミーのスケッチ集
●国立提供者プログラム&ヘールシャム・キャンペーンポスター集
●オリジナル劇場予告編
※上記すべてブルーレイディスクのみの特典

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ウォール・ストリート』のキャリー・マリガンら次世代を担う若手俳優が共演したドラマ。幼い頃から外界から隔絶された寄宿学校で暮らしてきたキャシー、ルース、トミーを待ち構える切ない運命を描く。“『アメイジング・スパイダーマン』公開記念”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
長編小説を2時間の映画に収めるのは至難の業だろう。
原作にほぼ忠実に映画化している。
映画ならではと思うのは、たとえば校歌を歌う場面だ。
子供たちが無心に歌う様子が心に残る。
日本でもドラマ化されているが、イシグロ氏の脳裏にあったのは、たぶんこのような風景なのだろう。
校舎やコテージのたたずまいが歴史を感じさせて、いい。
二人の女性とのセックスも違いを際立たせていて、興味深い。
やはり、大切なのは相手に対する愛情なのだと思わせてくれる。
キャシーも亡くなった二人と同じ運命をたどるのだろうが、この三人の出会いは無ではない。
生きることの重みを考えることを突き付けてくる作品だ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/7/28
形式: DVD
私は、当初本作品の原作小説を読みました。
優しく繊細な文体が印象的でしたので、どのように映画化されているのか興味があり、劇場公開時に鑑賞しました。

原作者が制作総指揮を務めているだけあって、基本的に原作に忠実な物語になっていると思います。

本作品については、原作者が2011年1月に日本を訪れており、映画の公式サイト(2011年7月現在開設中)にインタビューの結果が掲載されています。
そこには、「この物語のメッセージは『皆が思うより、人生は短いということ。その中で最も重要で、やるべきことは何なんだろうか?』ということです。」との言葉がありました。

このようなことから、その「テーマ」が明らかになっているので、文芸作品にありがちな、この作者は何を訴えようとしているのか、という点について悩む必要はなく、すんなりと作品世界に入っていきやすい映画になっていると思われます。

注目は、主人公のキャシー役のキャリー・マリガンと彼女を取り巻く若い俳優陣。原作小説を読みつつも、映画を観ようと思ったきっかけの一つは、主人公とその友人2人がこちらを見詰めているポスターに惹かれたことにあります。中でも主人公のキャリー・マリガンの憂いを含んだ瞳は、大変に魅力的です。(写真は、公式サイトの冒頭のものと同じで
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
原作を読んでからこちらを観ました。
長編小説の筋がストレートに、美しく2時間弱に纏まっています。
素晴らしい俳優さんたちのおかげで、
主人公3人の葛藤も原作通り表現されていて、
素晴らしい映画でした。

ただ、この映画が好きな方には、
やはり原作を読んで欲しいなあ...と。
映画では1本の物語の筋の上にシーンが展開されていきますが、
原作では、1つのシーンに多層的に意味が重なっているのです。
それが人の思いの切なさやもどかしさ、美しさを倍増させて
胸に迫ってきます。
著者の筆による人物描写の精緻さにも驚嘆していただきたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
とても好きな映画です。
映像も音楽もとても美しくて、静かで物悲しい世界観が全編を通して流れています。

他の映画レビューサイトなどの評価では「運命に逆らわない事に対して嫌悪感を感じる」などの否定的な感想も目にします。

でも私は、彼女達は自分達の人生を「運命」ではなく「使命」だと、深層心理に刻んでいる(刻まれている)からこそ、
猶予は求めても、免除を求めたり反乱を起こしたりしないのだろうと感じました。

「なんのための命なのか…。使命をまっとうして人の役にたつ。」このことが最も重要であると分かっている自分達と、
例え長く生きても命の意味さえ分からず、人生の短さを嘆いて死んでいく者。
両者の違いに想いを馳せながら涙するシーンには
堪え難い哀しみを感じながらも、心の奥底には納得があるのだなと解釈しました。

彼女達の人生が憐れなものなのかどうか、分からなくなりましたよ。
自分の幼い頃、若い頃、もっと1日1日を無駄にせずに生きていなければいけなかった、などと感じてしまう映画でした。

原作も是非読んでみたいです。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック