¥2,808
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
わたしは哺乳類です: 母乳から知能まで、進化の鍵は... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わたしは哺乳類です: 母乳から知能まで、進化の鍵はなにか 単行本 – 2019/6/1

5つ星のうち5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/6/1
¥2,808
¥2,808 ¥3,645
この商品の特別キャンペーン スマートスピーカーEcho Dotが99円。 1 件
  • スマートスピーカーEcho Dotが99円。
    本キャンペーン対象商品の中から、合計20,000円以上商品を同時購入すると、スマートスピーカー Echo Dotが98%OFFの99円に。対象カテゴリーやキャンペーン詳細は こちらをご覧ください。 ※予定数量に達し次第、本キャンペーンは終了いたします。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 本キャンペーン対象商品の中から、合計20,000円以上商品を同時購入すると、スマートスピーカー Echo Dotが98%OFFの99円に。対象カテゴリーやキャンペーン詳細は こちらをご覧ください。 ※予定数量に達し次第、本キャンペーンは終了いたします。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • わたしは哺乳類です: 母乳から知能まで、進化の鍵はなにか
  • +
  • 生命の歴史は繰り返すのか?ー進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 58pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonタイムセール祭り開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 タイムセール祭りを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

◎哺乳類はどこから来て、どのようにわれわれの姿になったのか?◎

母乳・セックス・受胎・子育て・
体毛と内温性・歯と骨・感覚・知能・・・・

・母乳が汗から進化したわけ
・精巣が体外に出たのは冷却のためではなかった! ?
・胎内で父母の遺伝子は対立している
・顎(食べる)と耳(聞く)はともに進化した 
・いかに新皮質は発達したのか?
・進化の謎を明かす鍵、カモノハシ
etc.

絡みあいループする進化の視点を重視し、
驚きの最新研究を満載した「決定版・哺乳類入門」!

★意義深い本が出版され感動したーー浦島匡(帯広畜産大学教授、『おっぱいの進化史』共著者)
★目からウロコの楽しい進化論ーー竹内薫『日本経済新聞』
★すべてのヒトが、自らの起源を知るために読んでおくべき1冊ーー平山瑞穂『週刊朝日』
★なるほどと感心したーー瀬名秀明『週刊ダイヤモンド』
★ヒト進化の特徴をみる新視点ーー水島希『日経サイエンス』
★じつに素晴らしい進化の探究だ! ーー『ネイチャー』
★絶え間なく変化する科学への深い理解と、自然への愛にあふれた本!
ーー『サイエンス』


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::目次::

▼はじめに: 哺乳類らしさって、なに?

▼第1章: なぜ精巣は体外に出たのか
ぶらぶら揺れる陰嚢の起源/冷却仮説に問題あり/
トレーニング仮説、ギャロッピング仮説など

▼第2章: カモノハシに学ぶ
哺乳類誕生の情報源/まとまりのない細い枝/凄い感覚システム

▼第3章: 性を決める新たな発明
性の根源へ/哺乳類だけの発明品/ホルモンと染色体/
SRY遺伝子/ヒトY染色体は消滅する?

▼第4章: 風変わりな生殖器
独自の性交スタイル/こうして陰茎が生まれた/
肢と陰茎のつながり/陰茎の特殊性・多様性/ヒトのメスは異例の存在

▼第5章: 受胎と発生ーー細胞進化のイノベーション
発生のすべての段階で/有胎盤類の妊娠に欠かせない細胞型/
始原生殖細胞の力/哺乳類の生殖のかなめ/有袋類は中途半端?

▼第6章: 胎内で対立する父母の遺伝子
胎生と胎盤/激しく変化してきた胎盤/胎児成長のアクセルとブレーキ

▼第7章: ミルキーウェイ
乳腺は驚くべきもの/汗が母乳に変化したわけ/
哺乳の大きな利点とは?/なぜオスは哺乳しないのか

▼第8章: 夫婦が先か、子育てが先か
交尾未経験のメスは子を嫌う/親の経済学/
ホルモンからの解放/模倣と社会的集団/遊びの意味

▼第9章: 歯と骨と恐竜
哺乳類の定義/歯の分業/顎と聴覚の密接なかかわり/
エアコンのような鼻甲介/加速と方向転換/三つ巴の論争

▼第10章: 高速で燃える生命
割に合わない特性/熱損失に注目! /
劇的に高まった基礎代謝率/体毛のもと/内温性の起源

▼第11章: 夜につちかわれた感覚
哺乳類の多くは夜行性/人間中心主義から離れて/
中耳の骨はどこから来たか/地位の高い嗅覚/触覚と体毛/別の世界

▼第12章: 悩ましきは多層の脳
ジュラシック・スパーク/新皮質はどう進化したか/爬虫類の皮質と比べる/
よく似た鳥類の脳/ヒトの知能の謎を解く鍵

▼第13章: 絡み合いループする進化
哺乳類は特別?/マトリョーシカのような存在/相関的な前進/
恒常性(ホメオスタシス)を維持する能力/ダーウィンの歩いた森で

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::著者:: リアム・ドリュー
サイエンスライター。神経生物学博士。ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジとコロンビア大学で、
12年間、哺乳類の脳の研究などに従事。

::訳者:: 梅田智世
翻訳家。訳書は、リチャード・メイビー 『イースト・アングリアへ:わたしは自然に救われた』、
ダレン・ナッシュ博士『恐竜:驚きの世界』など。

内容(「BOOK」データベースより)

哺乳類の起源と進化を解き明かす。母乳・セックス・子育て・体毛と内温性・歯と骨・感覚・知能。哺乳類はどこから来て、どのようにわれわれの姿になったのか?進化の謎を解く最新研究を満載した決定版・哺乳類入門!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 432ページ
  • 出版社: インターシフト (合同出版) (2019/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772695648
  • ISBN-13: 978-4772695640
  • 発売日: 2019/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,344位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 2
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2019年9月15日
ベスト500レビュアー
2019年6月5日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告