Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 610

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[羽場 楽人]のわたしの魔術コンサルタント<わたしの魔術コンサルタント> (電撃文庫)
Kindle App Ad

わたしの魔術コンサルタント<わたしの魔術コンサルタント> (電撃文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 610
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659 ¥ 1

Kindle雑誌セール 99円~
Kindle雑誌が99円~とお買い得!ビジネス、ファッション、趣味・実用雑誌ほか多数。 今すぐチェック
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ

【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

魔術をつかう人に希望を見つける――それこそがかつて師を救えず、己の魔術を失った過去を持つ魔術士・黒瀬秀春が再び立ち上がった理由だった。「お父さん会いたかった!」東京の片隅、薄汚れた古い雑居ビルで魔術コンサルタントを営み、魔術に悩める人々のために奔走する日々のなか、秀春を父親だと勘違いした、かつての師の娘・朝倉ヒナコは現れた。「魔術は、唯一のつながりなんです」魔術の才に愛されながらも、魔術によって家族を奪われた少女ヒナコ。「奇跡に見合う努力はしてきた」絶望と喪失の果て、秀春だけが見つけ出した可能性という新たな未来。東京で出会った二人が織り成す魔術と居場所の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

魔術をつかう人に希望を見つける―それこそがかつて師を救えず、己の魔術を失った過去を持つ魔術士・黒瀬秀春が再び立ち上がった理由だった。「お父さん会いたかった!」東京の片隅、薄汚れた古い雑居ビルで魔術コンサルタントを営み、魔術に悩める人々のために奔走する日々のなか、秀春を父親だと勘違いした、かつての師の娘・朝倉ヒナコは現れた。「魔術は、唯一のつながりなんです」魔術の才に愛されながらも、魔術によって家族を奪われた少女ヒナコ。「奇跡に見合う努力はしてきた」絶望と喪失の果て、秀春だけが見つけ出した可能性という新たな未来。東京で出会った二人が織り成す魔術と居場所の物語。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7967 KB
  • 紙の本の長さ: 208 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2017/1/6)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N4GJWJD
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 45,783位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ハードボイルド調のライトノベルで『ライトボイルド』と著者が触れているように,
二十代後半でやや枯れ気味の主人公を置きつつも,少女たちのドタバタ騒ぎも見られ,
唐突な百合場面やコスプレなどといった,狙いすぎの面があることは否定できませんが,
締めるところと緩めるところのバランスがほどよく,最後まで物語を引っ張ってくれます.

一方,魔術が存在する現代を舞台としながら,バトル展開は抑え気味となっており,
過去に起きた事件をきっかけに,魔術を失った者,愛された者,力と世界を憎んだ者,
多くの事情や人間関係が絡む中,生き方を模索する人々を描いているのが面白いところ.
魔術そのものの設定も,連想ゲームや言葉遊びにも似た詠唱の仕組みに興味を惹かれます.

また,主人公の男と一人の少女が共同生活を送る内に心を通わせていく様子も良く,
言わば飛べない鳥となった男が,与えられた運命や考え方を少女に語り聞かせる姿と,
まさに孵ったばかりの彼女が,その言葉を自分なりに飲み込もうとする姿が印象的です.

ただ,過去の事件の詳細は明かされないまま,ここが始まりといった幕引きとなり,
続刊でということにしても,前面に押し出していた割にはいささかぼかしすぎの感が.
このほか,誰の台詞なのか分かりづらいことが何度かあったことも少し気になりました.
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本編の途中途中にはさまれる無意味なサービスシーンはおそらく、編集あたりが「もっとエロ要素入れろ」と無理に書かせたものだろう。
話の本筋と乖離するそのサービスシーン達は、まるで不必要なものでしかなく、ある種の不快感を覚える。
読み手のペースを狂わせるから。
行き過ぎたサービスのせいで、☆1個減。

お話自体は、誰が読んでもおもしろいと感じるのではないだろうか。
文章も取っつきやすいし、展開も非常にシンプル。
かなり間口の広い、王道的な作品になっている。
過剰なサービスさえ無ければ、一般文芸として充分に通用するだけのポテンシャルを秘めているとさえ思う。

ライトノベルらしからぬライトノベル。
この本は、『ラノベ崩し』になり得るかもしれない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ここ最近読んだライトノベルのなかではダントツに面白かったです。
会話や文章の表現が独特でハードボイルドぽさが出ていたり、早いテンポで話が進んでいくので読んでいて飽きませんでした。
気になる方はぜひご購入を、決して損はさせません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover