通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
わたしの開高健 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【メール便にて、迅速に発送致します】表紙にスレがございます。しかし、ページ部分は全体的に使用感の少ない良好な状態です。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

わたしの開高健 単行本(ソフトカバー) – 2011/5/26

5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 698

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • わたしの開高健
  • +
  • 壽屋コピーライター 開高 健
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞ノミネート作品決定
全国の446書店、書店員564人の投票により上位10作品がノミネート作品として決定しました>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

女性の視点から語られる開高健の姿
釣り師であり、食の大家であり、きわめて行動的なジャーナリストともいわれる作家開高健。その担当編集者として、あるいは私設秘書として身近に見てきた著者が描く、女性の視点からの作家の姿。

内容(「BOOK」データベースより)

開高さんの電話は、いつも独特の挨拶で始まる。「アワレナカイコウデスガ…」私はいつもクスッと笑ってしまう。担当編集者として“私設秘書”として見つめてきた、作家開高健の素顔を描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: 創美社 (2011/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4420310537
  • ISBN-13: 978-4420310536
  • 発売日: 2011/5/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 338,839位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
『夏の闇』と『輝ける闇』に魅了され、その作者といつも一緒にいられるかも、という期待だけで雑誌『面白半分』のアルバイトに応募した少女が、以後、開高健の知遇と信頼を得て過ごした青春時代を追憶する書である。

本名の「福子」という字画は、≪どうも角ばりすぎてるナ。・・・変えてみたらどうですか。わたしが、ピタリとくる漢字を見つけてあげます≫と今日にまで至る「布久子」への改名に始まり、≪いつも光と風に洗われていた≫茅ヶ崎の開高邸のサロン、開高教授によるワイン指導、そして特集『これぞ、開高健。』の制作編集に没頭し傾注する日々ーそれを彼女は一言に凝縮する≪1978年の夏ほど私の人生で充実した季節はなかった≫と。彼女の眼は万遍なく周辺人物にも及ぶ。例えば開高夫人は作家にとって「大きな呪縛」と映りながらも、夫人は≪開高さんを愛しすぎた・・・情けはあまりに重すぎた・・・開高さんをコントロールしよう束縛しようとしすぎたのではないか。たえまなく。愛という名のもとで。≫と、同性の機微に触れる観察眼も光る。とりわけ『夏の闇』のモデルだった女性は≪強烈な存在感があった≫という。その仔細は本書を一読していただくほかはないのだが、その女性のあまりに理不尽な最期を見て、≪世界のあらゆる悲惨を目撃してきながら、もっとも深い虚無に陥った≫という開高健の心情が、感傷に流れない文で書き留められていることに
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 妻である詩人・牧洋子との関係が複雑であった開高は、自分に心酔する担当編集者であった著者を買い物・衣類リフォームなどでお手伝い的に使うだけでなく、秘密口座を管理させて、愛人らしき人物への送金役などもさせていたらしい。
 とはいえ、本書はけっして暴露ものではない。開高健の小説に出会って文学の力に目覚め、偶然の縁によって担当編集者となり、最初の開高健特集雑誌(面白半分増刊『これぞ、開高健。』)編集に腕を振るう機会に恵まれた著者ならではの、愛情にあふれたオマージュ本である。
 と同時に、学生運動体験をくぐり、不器用な生き方しかできず、開高からそのナイナイズクシぶりをからかわれながらも愛された「律儀さと真摯さ」だけを頼りに、開高の傍を離れてからも彼に薫陶を受けたワインへの情熱に導かれて、パリ在住のワインライターとして生きて来た著者の誠実な人生の記録でもある。開高ファン以外にもお薦め。
 
 
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、世にも稀な出会いをした著者だからこそ書ける本だと思った。
著者の人生は、作家開高健との出会い、そしてその時々の彼及び彼の周辺との関わりで流が決まったようだ。
そして、そのことにより著者の人生は驚くほど「濃い」人生になっている。
もちろん、出会いだけでなく、著者自身の誠実さや努力がもたらした濃密さだが・・・
著者の悩みやよろこびにふれ、自分の人生はなんて薄っぺらいんだろう…このままではいけない!とモーレツのかきたてられた。
天才は才能とその環境の化学反応で生まれると思う。だからこそ開高健のような作家はもう現れないだろう。
だからこそ著者がうらやましい。☆をひとつ削ったのは、人生を変えるような出会いを持った著者への嫉妬からだ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
最初に白状してしまえば、私は開高健の熱心な読者ではない。だが、この本を読み進めていくうえで、それはハンディにならなかった。 開高健という偉大な作家は、著者にとっては「お酒と仕事と人生を教えてくれた先生」であった。こういうかかわり方ができたのは 開高健の一生のうちでも、きっと著者だけだったのであろう。
その貴重な体験や思い出、著者の心の宝物を、読者にわけてくれるのである。だから、一気に読んでしまうのがもったいなくて、毎晩寝る前に少しずつ読み進めた。本を閉じた後は目を閉じて眠りにつくだけだから、読んだことがそっくり脳内に残るような気がした。
最後のページを読み終えたあとは、すがすがしさで心がいっぱいになり、深夜にも関わらず,風が吹き抜ける朝の草原に立っているような錯覚におそわれた。同時に、ふとわが身をふりかえり、自分が信じるもののみに時間を費やしてきた著者をうらやましいと気持ちが、ふつふつとわいてきたのである。
死語になってしまったかもしれない昭和のことばでいえば「流されないで」生きることのできた芯のつよい著者にひきかえ、著者とほぼ同時期にパリにすみ始めた私は「流されっぱなし」の人生をここまで生きた。尊敬もできない上司のもとで、彼の失脚を、ひそかに、心から願いながら週40時間以上を費やし、毎月銀行口座に振り込まれる月給による生活の安定と引き換えに、たましい
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー