中古品
¥617
+ ¥340 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 帯付き。カバー、本体ともに綺麗な状態です。お届けした商品とコメントに大きな相違がある場合速やかに対応いたします。商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っております。事前に状態、仕様のお問い合わせにはお答えしておりません。詳しくは「AMAZONマーケットプレイス コンディションガイドライン」をご確認下さい。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


わたしの畑の小さな世界―「奇跡のリンゴ園」の宝もの 単行本 – 2015/7/7

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥617
¥1,980 ¥607
お届け日: 7月17日 - 19日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

農薬を使わず、肥料もほどこさず、おいしいリンゴが実る畑―。人々は「奇跡のリンゴ」園という。働き手は園主・木村秋則とその家族を中心に3、4人。でもよく見ると、約2・6ヘクタールのリンゴ畑には、人間以外の優秀な働き手がいた。自然のバランスを利用し、栽培する畑から得られるものはリンゴだけではない。生命の輝きに満ちた畑には、行き詰まった文明社会を打破する多くのヒントが隠されている。虫眼鏡を片手に、徹底した観察眼の全貌が明らかに―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

木村/秋則
1949年、青森県弘前市岩木町(旧・中津軽郡岩木町)で農家の次男として生まれる。高校卒業後、川崎市のメーカーに集団就職するが1年半で退職。69年以来、故郷でリンゴを中心とした農業を営む。78年ごろから無農薬、無肥料栽培を試み、10年近くを経て完全無農薬、無肥料のリンゴ栽培に成功。2008年、半生を描いた「奇跡のリンゴ」(石川拓治著)がベストセラーとなり、13年、映画化

横山/拓彦
1981年、青森県青森市生まれ。イラストレーター。2005~13年、弘前大学大学院修士課程、博士課程では昆虫生理学を専攻。大学院在学中、昆虫の形態観察力を養う目的でスケッチを描き始める。博士号取得後、イラストレーターとして独立

杉山/修一
1955年、北海道札幌市生まれ。弘前大学農学生命科学部教授。77年、北海道大学農学部卒業。81年、北海道大学農学部助手。ハーバード大学生物進化学部研究員などを経て現職。専門は植物生態学。2003年に木村秋則氏と出会い、以来、無農薬、無肥料で栽培作物が成立するメカニズムを研究し、13年、著書『すごい畑のすごい土』に収録(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
ベスト50レビュアー
2015年8月25日に日本でレビュー済み
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告