わたしの子供になりなさい がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【発送・配送について】消毒、防水対策、丁寧な梱包の上、原則48時間以内に土日祝日も日本郵便にて発送致します。但し、配送、到着については、土日祝日を挟むと、本来よりも遅延する可能性がありますので、配送予定をご確認下さい。尚、当ストアでは1万円未満の商品はゆうメールでの発送の為、荷物番号がなく、ポスト投函となります。【内容物について】帯、初回特典等は、記載のない場合は基本的に付属致しません。中古品の為、DLコード・プロダクトコード、応募ハガキ等(2次使用不可能なコンテンツ)に関しては付属無し、及び保証無しとさせて頂きます。【商品の状態】ケース、歌詞カードには使用に伴うキズや擦れ、ヘコミ、ヤケ、ヨゴレ等がある可能性がございます。ディスク盤面に関しては、研磨にてクリーニングを行っておりますが、キズが残っている可能性がございます。ご利用機器との相性も含め動作不良時は、迅速に全額返金対応させて頂きます。※付属品の有無や、状態に関しては、お問い合わせいただければ、可能な限り詳細にお答え致します。【併売商品】こちらの商品は店頭との併売の為、状態の変動、売切れの場合がございます。その際には速やかにご連絡、キャンセル・返金処理いたしますのでご容赦ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,868
通常配送無料 詳細
発売元: SHOP HAREHOSHI
カートに入れる
¥ 4,180
通常配送無料 詳細
発売元: 万年ストア
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

わたしの子供になりなさい

5つ星のうち 4.1 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,132
価格: ¥ 2,705 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 427 (14%)
この商品の特別キャンペーン CDと楽器・オーディオ機器 まとめ買いで1,500円OFF 1 件

残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 2,705より 中古品の出品:3¥ 2,000より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

Amazon の 中島みゆき ストア

ミュージック

中島みゆきのアルバムの画像
中島みゆきのAmazonアーティストストア
178 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • わたしの子供になりなさい
  • +
  • パラダイス・カフェ
  • +
  • 時代-Time goes around-
総額: ¥7,789
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2001/6/20)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 収録時間: 59 分
  • ASIN: B00005J4RG
  • JAN: 4542519000691
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 100,448位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. わたしの子供になりなさい
  2. 下町の上、山の手の下
  3. 命の別名
  4. 清流
  5. 私たちは春の中で
  6. 愛情物語
  7. You don’t know
  8. 木曜の夜
  9. 紅灯の海
  10. 4.2.3.

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

日常に起きていることを題材にした曲が多く収録された98年3月発表のアルバム。アレンジは全曲とも瀬尾一三で、テレビ・ドラマ主題歌に使用された「命の別名」「愛情物語」を含む。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
1曲目「私の子供になりなさい」から心が揺さぶられる。
女の心の大きさを示してくれるような曲。
「愛情物語」は最高!みゆきさんにしか歌えない曲。
「4・2・3」はこの殺伐とした世の中を言い当ててていて
深い内容。考えさせられる1曲。今だからこそ聴いて欲しい曲。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「寒水魚」をリアルタイムで聴いて衝撃を受け、それ以前の「親愛なる者へ」「臨月」などにさかのぼって聴いてみて、さらに衝撃を受けました。
でもそのうち遠ざかって、「地上の星」のヒットとかにもあまり感慨は無かった。

が、最近Youtubeで「紅灯の海」という彼女の曲を偶然聴いてみて、個人作成と思われるPVみたいのの見事さと、自分自身の経験してきた年月とかも思い起こされて、涙がこぼれた。
で、いまさらアルバムを購入。

「足は千鳥と成り果てて。。。遠い月夜を物語る」「紅灯の海に漂い。。。ひとつふたつの思い出を抱き」というような言葉の数々は、止まらない時間の中で、一人ひとりささやかな思いを抱えながら生き、死んでゆく人間のちっぽけさ、悲しさ、その一方で疲れを癒されるような優しさも感じさせられた。
個人的には、自分も含めたリーマン、いや激務に明け暮れるすべての働く人への応援歌のようにも聞こえた。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
『紅灯の海』大泣きしてしまいました。
死に別れた愛しい人の面影が、自然と思い出され泣けました。
生きるって、本当に悲しい。
どうしてまだ生き続けなければならないのだろう・・
膝を折って、床に顔を突っ伏しても、少しも癒される
ことが無い悲しみ。
それでも人は生きていかなくちゃならない。
さみしい、辛い。
それでも、明日は来る。
悲しくて悲しくて仕方がない時、このアルバムは
その悲しみに寄り添うように、優しく耳に響く。
そうだよね、生きるって辛い、大変だよね。
わかるよ・・・・まるでそう言ってもらっているようだ。
『私の子供になりなさい。』
コンサートでは、「ツアータイトルにしたら、まるで移動集団保育園」
と、笑いを誘っていた中島みゆき氏。
真意は・・・・おそらく、人間愛だろうな。
「♪愛だとか恋だとか難しく言わないで、私の子供になりなさい。」
(当アルバムより歌詞抜粋)
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 他の方も述べておられますが、本アルバムは「紅灯の海」が頭抜けています。曲そのものは、かなり演歌調で劇的オブラートで最初からとばしていますが、それが最後まで続き、飽きの来ない曲に仕上がっております。私と同意見の方も何名かおられますね。全くその通りだと思います。
 怒られるかもしれませんが、他は「4.2.3」位いですか。この曲はペルーの事件を題材にした曲のようで、日本人だけでなく、救出に活躍し、傷ついた兵士にも感謝を示すべきなのに、日本のマスコミは救出された日本人のことしか報道しないのは如何なものか。そういう問題を提起しています。内容的にはこちらの方が日本人への警句としてすばらしいものがありますが、平均的日本人なら「紅灯の海」を一番にあげるでしょう。
 「紅灯の海」は、もとは竹中直人さんへ書いたものですが、出来栄えは、みゆきバージョンの方が圧倒的に勝ります。力強い、こしの響き具合と言い、これはもう演歌とあまり変わりません。演歌歌手の島津亜矢さんもカバーで歌われてますね。兎に角、落ち込んだときにこの曲を聴くと、大いに励まされます。
 「わたしの子供になりなさい」は暗いですね。「下町の上、山の手の下」は明るい。「命の別名」、「You don'know」は絶叫調。「木曜の夜」は軽快です。「清流」、「私たちは春の中で」、「愛情物語」は個性ある名曲だと思います。<
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
2点、「わたしの子供になりなさい」と「4.2.3.」が秀逸。
前者は、恋愛の歌を歌いつづけてきた中島みゆきの境地かと思われる歌。恋愛って何?って真剣に思う女性(20代以降)には、こういう境地もあるのかと聴いて欲しい。(・・男性はこういう境地を交際相手に求めてはいけないが。)
一転して後者は恐ろしい曲。ペルー日本大使公邸人質事件がテーマの歌だが、描写の切れ味が良すぎて心に突き刺さってくる。日常を疑うには十分すぎるほど凄みのある曲だ。(・・ちなみに、以前薬局でこの曲が大音量で流れていた事があったがこれほど非日常の場面も珍しかった。)
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す