中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わたしの出会った子どもたち (角川文庫) 文庫 – 1998/6

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

十七年間の教師生活を通じて知った子供たちの優しさ、個性の豊かさ。どんな時も自分を支え、育んでくれた子供たちの持つ可能性の大きさと、人間への熱い思い。そして限りない感動に満ちた灰谷文学の原点。

内容(「BOOK」データベースより)

十七年間の教師生活を通じて知った子どもたちのやさしさ、個性の豊かさ。児童雑誌「きりん」に掲載された、底抜けに明るくユニークな子どもの詩の数々。どんな時も、子どもたちが自分を支え、育んでくれた―。「兎の眼」「太陽の子」「天の瞳」の著者・灰谷健次郎が綴る、子どもの可能性の大きさ、そして人間への熱い思い。限りない感動に満ちた、灰谷文学の原点。


登録情報

  • 文庫: 281ページ
  • 出版社: 角川書店 (1998/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043520115
  • ISBN-13: 978-4043520114
  • 発売日: 1998/06
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 376,421位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/4/25
形式: 文庫
最初にこの本をPresentされてから 早6年以上が経とうとしています。その間何度読んだかもはや思い出せませんが(ほとんど全て暗記するほど)今でもこの本は私の(作者の言葉を借りて言うなら)“精神の書”だと思っています。
子どもを通して自分を見つめる、社会を考える・・・この本が最初に書かれてから20年以上経つだろうし、日本社会(日本だけでなく他の世界も)どんどん変化していく。文明と言われるものは誰の意志でか、どんどん発達していく。“変わらないもの”なんてないのかもしれないし、あっても見つけられないのかもしれない。
でも でも・・・時代の流れがどうであれ、学校教育の変化がどうであれ、私自身がこの本に寄せている想いは今も変わらない。
自分勝手な感想や意見を述べるのは著者に失礼になるかも・・・と思いながらこれを書いていますが・・・とにかく彼が本の中に出している子どもたちの詩だけでも ひとりでも多くの人に読んでいただきたい。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品を読んだのはかれこれ20年ほども前です。その後現在に至るまで数えきれないほど読み返しました。 目からウロコとよくいいますが、これはこころのかさぶたを取り除いてくれた、わたしにとっての最初の本です。親しくなった友人にはことごとく推薦しました。親友Kは、電車の中で声を出して泣き、挙句に涙と鼻水のせいで呼吸困難に陥ったというエピソードまであります。 生きるとは何か、命とは何か、かけがえがないとはどんなことか、教育とは何かなどいろんなことが一杯つまった素晴らしい本です。私は無神論者ですが、これは私のバイブルです。「人生、くよくよしてたらあきまへんえ」という「たっちゃん」の言葉は金言です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 困窮した家庭に育った子供や、ハンディを負った子供たちが灰谷氏と出会うことによって、心の奥から、素直な言葉を発し、それが詩となっていく。

「先生、なぜぼくをかわいがってくれるのですか」というのを、「せんせなれぼくおかわりってくれですか」としてしか書けなかった小学5年生と、灰谷氏は文章の交流を続ける。しかしあるとき、「もう少しわかるように書いてこいよ」と言ってしまう。この生徒は、「いらんわい」という激しい言葉と共にノートを投げつける。

 灰谷氏は、このエピソードを深く反省しているが、この子が面と向かって怒りをぶつけることができたこと自体素晴らしいと思う。ハンディを持っている子供たちのうち、一体何人が、プライドを傷つけられたときに、怒りを表す機会を持っているのだろう。

 やがて灰谷氏と生徒は和解し、この生徒は台風をテーマに、力強い詩を書く。

 また、障害を持った一人の生徒は登校の道で、体調の悪い猫にあいさつをして、笹の葉をやり、木の葉に止まっているハチが、口から水分を出して、その水玉が朝日に光る様子を、「ハチのシャボン玉吹き」と名づけている。

 文章を書けないこの子の世界が、実に豊かであることを灰谷氏は見つける。そして、氏の筆を通して、この子の生そのものが、一つの詩であることを
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック