通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
わたしのワンピース がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆書き込みがあります。全体的に使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わたしのワンピース 大型本 – 1969/12

5つ星のうち 4.8 74件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 1,864
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 394

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • わたしのワンピース
  • +
  • どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)
  • +
  • ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

うさぎさんがワンピースを作りました。それを着てお花畑を散歩すると、ワンピースが花模様に・・・。次々変わるワンピースの模様。日本を代表するファンタジー絵本です。


登録情報

  • 大型本
  • 出版社: こぐま社 (1969/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772100180
  • ISBN-13: 978-4772100182
  • 発売日: 1969/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.4 x 19.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,165位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
3歳〜4歳向けかなぁ?うさぎさんのワンピースが色々な事になって子供も大好きで自分で読む練習をして聞かせてくれるので購入して良かったです
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
語感もイラストもとても可愛くて気に入っています。
女の子には特にオススメの絵本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 二歳の娘が何度も読んでてせがんできた絵本です。 ある日空から降ってきた真っ白なきれでウサギさんがワンピースを作ります。そのワンピースを着てお花畑を散歩するとワンピースが花模様に、雨が降ると雨の模様に白いワンピースがまるで白いキャンバスのように風景を描きます。ララン、ロロロンといううさぎさんの鼻歌?を一緒に口ずさみながらこちらもなんだか夢心地になってしまう不思議な魅力のある絵本です。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
保育所の実習で使用しました。綺麗な模様や、言葉を子供たちに見せてあげることができて良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 うっちゃん 投稿日 2013/7/21
形式: 大型本 Amazonで購入
中古品を買ったのですが、本には名前の書き込みがありました。
持ち主の女の子は、とてもきれいなこの絵本が大好きで、
きっと名前を書いたんだろうなと思います。
その子の名前と一緒に、大事にします。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
ムスメが8か月頃から、繰り返し読んでいました。
ムスメも「ラララン・ロロロン」のフレーズが大好きで、
1歳過ぎても、読んで!と自分で持ってきます。
1ページの文章量も、この年齢の子供にはピッタリなので
飽きないみたいです。
わたしも子供の頃に読んだ本でもあるので、
懐かしく楽しんでいます!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
娘の大好きな本です。文章も短く、リズム感もあるため、読み聞かせている大人も楽しくなる絵本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
幼稚園の頃、クレヨンのカラーの組み合わせを考えては、一人悦に入ってる子どもでした。

特にお気に入りのペアは’きみどり×オレンジいろ’(ピンクと水色は次点)でした!

西巻さんの影響なのは明らか。この鮮やかさ、シルク・スクリーンなのでしょうか。

「きんぎょのトトとそらのくも」「はけたよ はけたよ」もよく読みました。

気がつくと、第1子のファーストブックに本書を選び取っていました。

まっしろなきれ

ふわふわって

そらから おちてきた

テキストもファンタスティック。この本だけはボロボロでも捨てられません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
娘が二歳の時に頂き、すっかり影響を受けてしまった絵本です。
冒頭の「ミシンカタカタ・・・」では、お裁縫に興味を持ち、「わたしににあうかしら?」といううさぎさんのセリフには、必ず「似合う、似合うーー」と、合いの手をいれ、極め付けは、それまでズボン中心だった娘のワードロープが、スカートにと塗りかえられていき・・・そう、ワンピ大好き娘になったのでした。
たった一冊の絵本が、こんなに娘に影響を与えるなんてと感心しましたが、言葉のテンポもよく、お話の展開も奇想天外で、私も子供に戻って夢中になってしまいます。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
子供のころ持っていました。
当時、母が洋裁を趣味にしており、よくミシンを動かしていたせいか、うさぎさんがミシンをかける表紙の絵がすごく好きでした。
ワンピースの柄が次々変わっていく展開は、「かわいい」と思いつつも、子供心に「シュールだ…」と思い、「何で?何で?」としつこく聞いて母を困らせた思い出があります。(お母さんごめんなさい)

大人になってから、また絵本に興味を持つようになったのですが、その時一番に思い出して買ったのがこの本でした。
自分が子供を産んだら、絶対に読んでやるぞ!と思いつつ。

今4歳の次女はこの本が大好きで、何度も「読んで」と持ってきます。
長女は、性格がオトコマエなせいか(というか私に感性が似ているのか?)、次女ほどにはお気に入りになりませんでした。次女はとても女の子な性格なので、他のレビュアーさんもおっしゃっている通り、「女の子度」が高い方がウケる本なのかもしれませんね。
でも今1歳の長男にもそのうち読んでやろうとたくらんでます。

こどもさんのためだけでなく、ママ自身のために買ってもいいんじゃないかな。
かわいい絵を見てるだけでもなごめますよ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す