中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わたしには家がない―ハーバード大に行ったホームレス少女 単行本 – 2004/8

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

あえてホームレスとなった風変わりな母とともに9歳で家を失い、12歳までに20回もの移動を余儀なくされたローラリー。母を疎ましく、恥ずかしく思いながらも愛し続けた少女は、異父兄弟の死、不登校、逮捕とさまざまな苦しみを経て、名門ハーバード大学に進学することになる。「ニューヨーク・タイムズ」をはじめ全米の新聞、テレビで紹介され、大反響を呼んだホームレス少女による自伝。

内容(「MARC」データベースより)

あえてホームレスとなった風変わりな母とともに、9歳で家を失ったローラリー。不登校、逮捕とさまざまな苦しみを経て、名門ハーバード大学に進学する。全米の新聞、テレビで紹介され、大反響を呼んだホームレス少女の自伝。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 319ページ
  • 出版社: 竹書房 (2004/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812417848
  • ISBN-13: 978-4812417843
  • 発売日: 2004/08
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 982,790位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者はシングルマザーである母親とともに多感な少女期をホームレスとして過ごした。必要に迫られて古着をまとい、食べることもままならず、夜はシェルターで眠る毎日。「安定」という言葉からは程遠い生活だ。著者の母親は世間の常識にとらわれず、自由な価値観をもった女性なので、娘を愛しつつも一般的な幸せには無頓着なのだろう。
でも著者にとってはそんな生活よりも、自分が人間として認めてもらえない疎外感のほうが辛かった。もともと聡明で運動もできる著者は、落ち着いて勉強できる環境さえあれば、もちろん優等生なのだが…。髪の毛の色をくるくる変えてみたり、レスリングに集中して肉体的に自分を追い詰めてみたり、そんな彼女の才能を認めてくれたのは、高校で出会ったユニークな教師だった。
よくある成功物語にとどまらないところがいい。ハーバード大学進学は、著者にとってゴールではなくスタートだ。生まれつき裕福な家庭に育ち、エリートとして育てられた学生たちと、貧困にあえぎ母親への複雑な思いに苦しみながら勉強を続けてきた著者との間には、やはり溝がある。著者は価値観の違いに悩みつつも、ハーバード大学の「権威」を利用して自分のやりたいことをなしとげるべきだと考える。
偏見や先入観にとらわれることがなく、のびやかな価値観を持つ著者の文章は、読んでいて爽快だ。人間にとって本当に必要なのは、成功ではなく自分の居場所をちゃんと見つけられることなのだなと思った。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ホームレスからハーバードへ」というサブタイトルに目を惹かれ、
書店で何とはなしに手に取りました。
自伝や伝記にはあまり興味がなかったのですが、
この本の著者は非常に文章が上手く、
話も起伏に富んでいて飽きる瞬間がありませんでした。
気が付くと休みの日を半日以上つぶして夢中で読んでいました。
想像以上に壮絶なホームレス生活、読書やスポーツへの情熱、
様々な出会い、そして何より、ユニークで愛情深い母親との葛藤。
誰にでも起こりそうで、でも日本で普通の生活をしている自分たちには非現実的な毎日を、
物語の情景描写のようなタッチで描いています。
私も子供時代本の虫で、授業中に机の下に隠して本を読んでいるタイプだったので、
懐かしい本のタイトルがあちこちに出てきて、それも楽しめました。
迷わずお奨めします。
普段面倒がって本を読まない母も一気に読みきって、驚きました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、プロローグで「ホームレスからハーバードへ」の見出しのもと、マスコミに取り上げられた
入学時のエピソードで始まり、最後は「ホームレス出身でハーバードを卒業した」として
又マスコミに取り上げられたエピソードで終わる。
著者のローラリーは、「ハーバードからホームレスへ」というHの音が語呂がいいだけではなく、
ハーバードという名前が特権階級の響きを持っているからだという。日本でなら「中卒、東大」の
Tの音の語呂合わせに通じるかもしれない。
読む前は、どうやって勉強したのだろうという疑問があったが、ローラリーは確かに「点取り虫」と称すほど勉強をする子供では
あったものの、女性でありながらレスリングの選手であったことがハーバード入学の決め手だった。
「民族の場合とは異なり、ホームレスや貧困といった境遇は誇りにしようがない」
晴れてハーバードの学生になっても、苦しみは続く。
語弊を承知で言うなら、アメリカは差別の国である。
民族や性別で差別することを禁じる法はめぐらされているが、学歴や職業といった個人の努力で
どうにかなると解釈されるものにははっきり差別をする。
晴れて特権階級になりつつ、「貧困層」から全く別離できないでいる微妙な立場。
いつまでも「ホームレス出身」という肩書きでマスコミに取り上げられるのでは悲しすぎる。今後は得意の教育現場での活躍を望む。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告