中古品:
¥ 13,309
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 Seven Music
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■盤面は中古品として良好の状態です。■Amazon倉庫より迅速に発送いたします。代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。返品・交換の際はAmazonカスタマーサービスまでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

わたしたちの教科書 DVD-BOX ~ディレクターズカット完全版~

5つ星のうち 4.7 21件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 29,980より 中古品の出品:13¥ 12,960より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 佐藤二朗, 真木よう子, 菅野美穂, 水嶋ヒロ, 大倉孝二
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2007/10/17
  • 時間: 597 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000TU8ZSK
  • EAN: 4988632129701
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 133,553位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

菅野美穂が“闘う”弁護士を熱演!!
学校を舞台に繰り広げられる“明”と“暗”、
そして、人の心の二面性を深くえぐり出す異色作!

■いじめ問題や教員の指導力不足など、現代の教育現場を教師目線で描く人間ドラマ!
■「東京ラブストーリー」はじめ「西遊記」や「トップキャスター」など、数々のヒット作を生み出
した、脚本家坂元裕二の意欲作!
■DVDでは、放送されなかったカットも含めた、ディレクターズカット完全版として本編を収録!


[内容解説]
積木珠子(菅野美穂)は、業界大手の法律事務所に所属する優秀な弁護士で、最近はいじめ問題にも取り組んでいる。事務所の後継者である先輩弁護士・瀬里直之(谷原章介)と交際している珠子には、明るい未来が約束されていた。
4月のある日、加地耕平(伊藤淳史)は、喜里丘中学に臨時教員として赴任する。テレビドラマの教
師に憧れて教職の道に進んだ耕平は、初めての教師生活に胸の高鳴りを覚えていた。その喜里丘中学校には個性豊かな教師たちがいた。校長に代わってそんな彼らを指導・監督し、この中学を取り仕切っているのは副校長の雨木真澄(風吹ジュン)だ。急病の教師に代わって2年3組の担任を務めることになった耕平は、教室に入らず、校庭でひとり本を読んでいる藍沢明日香(志田未来)に声をかけた。が、唐突に明日香から「世界を変えることは出来ますか?」と問いかけられ、答えに窮する。ある
夜、法律事務所に、珠子の知り合いだという中学生が訪ねてくる。明日香だった。しかし、なぜか珠子は居留守を使い、彼女と会おうとはしなかった。学校に姿を現さなくなった明日香には、悪い噂がたくさんあった。それを気にかけていた耕平は、ある日、繁華街で偶然明日香に会う。何故か明日香
は珠子と一緒だった。明日香が弁護士といることに疑問を持ちながらも、必死に学校に来るように説
得する耕平。事件が起こったのは、耕平の熱意に徐々に心を開き始めた明日香が登校した日だった。
女子生徒が校舎の窓から転落したのだ――。

[特殊内容/特典]
■ディレクターズカット完全版
本編は放送されることのなかったカットも含めた完全版として収録!
■制作発表
■予告集

[スタッフキャスト]
キャスト
積木 珠子:菅野 美穂
◇◇◇
加地 耕平:伊藤 淳史
大城 早紀:真木 よう子
吉越 希美:酒井 若菜
戸板 篤彦:大倉 孝二
八幡 大輔:水嶋 ヒロ
熊沢 茂市:佐藤 二朗
雨木 音也:五十嵐 隼士
宇田 昌史:前川 泰之
仁科 朋美:谷村 美月
兼良 陸:冨浦 智嗣
◇◇◇
瀬里 直之:谷原 章介
◇◇◇
藍沢 明日香:志田 未来

雨木 真澄:風吹 ジュン

スタッフ
脚本:坂元 裕二
音楽:岩代 太郎
主題歌:BONNIE PINK「Water Me」(ワーナーミュージックジャパン)
ディレクター:河毛 俊作/葉山 浩樹/西坂 瑞城
プロデューサー:鈴木 吉弘/菊地 裕幸
制作:フジテレビドラマ制作センター
制作著作:フジテレビ

(C)2007 フジテレビ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

菅野美穂がいじめ問題に取り組む弁護士役を演じ、話題となったTVドラマの6枚組BOX。喜里丘中学校の生徒・明日香の死をきっかけに、校内で起きていたとされるいじめや教師それぞれが抱える問題が次々と露見し、訴訟にまで発展していく。全12話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 タイトルにも書きましたが、ラストシーンを見るためだけでもDVDを買う価値があります。自信をなくしている方、大きな悩みがある方、生活に疲れている方などがご覧になると元気づけられるような、自分の存在を肯定する‘詩’を、志田未来演じる藍沢明日香が非常に感情を込めて読み上げてくれています。実際に私も、あのシーンを度々見返しては元気と感動をもらっています。
 このドラマは学校でのいじめ問題をとても真剣に扱っており、内容はとても重いですが、非常に意義のあるドラマです。脚本が非常によく練られています。次々にターゲットが変わるいじめだけでなく、モンスターペアレント,授業を聞かない生徒,生徒に真剣に向き合わない先生,先生どうしの仲違いなど、中学校で現実に起こるような問題が次々に起こります。ストーリーの軸は、藍沢明日香と不思議な縁を持つ女性弁護士が、学校内のいじめの真相を解き明かしていくことです。
 最近のいじめは非常に陰湿で、外からは全体像が掴みにくく、解決は容易ではありません(そもそも、「いじめ」という言葉によってごまかされていますが、実際は犯罪にほかなりません)。ドラマの中でも、「こうすれば解決する」というものが提示されているわけではありません。途中、「暴力には暴力で」という危険な思想をもち、極端な方法でいじめを解決しようとする者も現れます。
 一話見ると続きが気
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 前担任の急病のため、喜里丘中学に赴任した加地耕平(伊藤淳史)は2年3組の担任を受け持つ新任教師。出欠の確認時、1人の生徒だけが教室にいないのに気づく。校庭に独りでいる藍沢明日香(志田未来)を見つけ駆け寄った加地は、逆に質問を受けた。先生、「世界を変えることは出来ますか?」と。
 数日後、藍沢が教室の窓から転落死した。「死ね」と落書きされた教科書が発見され、それまで明日香を疎んじてきた継母であり弁護士でもある積木珠子(菅野美穂)は、行政訴訟を起こし学校側と争うことに。はたして、明日香に対するいじめはあったのか?明日香の死はいじめを苦にした自殺だったのか?行政裁判によって明らかにされてゆく

 学校内のいじめ問題を素材に人道主義、死生観を提唱した作品。いじめ問題対策は転校やコンセンサス方式のクラス討論と職員会議、つまり、学校環境選択の自由裁量制や言葉を磨き鍛え上げ、粘り強く解決策を問い続けることに着地している。とりわけ、本作の白眉は、人は立場や状況によって、自己保存のため、自己充足のために建前と本音を使い分け思考と言動を変奏させながら、いろいろな「顔」で生き抜く、ということだ。この練り上げられた脚本と演出は日常生活に密着したタフでしなやかな生の応援歌である。学園ドラマにありがちな教師の説教や道徳教育と一線を画する。さらに、「友達、先生、家族じゃなく悲しん
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 中学校で女子生徒の転落事故が起こった。彼女と奇妙な縁を持つ女性弁護士(菅野美穂)は、それが「事故」か「いじめによる自殺」か、の真相を突き止めるため、中学校に闘いを挑む。

 ストーリーの軸は転落事故だが、それを取り巻く学校・教師・家庭など、様々な人物・環境にスポットライトを当て、それぞれの変化・成長を深く描く構成になっている。一見蛇足に思えるシーン・台詞でも終盤に重要な意味を示す伏線として登場するものも多く、実に巧みに練られたストーリーだ。様々な人物・事件を取り巻きながらも終盤、結局辿り着いたのは何でも無い単純な事実だったという展開は、日常の「危うさ」をさり気無く視聴者に投げかける。

 また人物描写も他のドラマのように「安易に感情移入できるもの」にはなっておらず、登場人物を突き放し、彼らの「日常」までも視聴者に見せ、各々の『二面性』を浮き彫りにしている。伊藤淳史演じる理想に溢れた新任男性教師でさえ、そのお人よしな性格から風吹ジュン演じる副校長に洗脳され、あっという間に寝返ってしまう展開がその典型と言えよう。若干現実をデフォルメし過ぎている感もあるが、教壇に立つべき立場にある教師も実は「ただの人間」だった、と思わせるシーンなど、人間臭さを感じさせる場面も多い。

 また演出面で特筆すべきは、「いじめのシーンが殆ど出てこな
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2014/12/27
とある中学校で起きた女子生徒の転落事故とイジメの関係を巡り、学校側と一時期義理の母親だった女性弁護士との関わりが描かれます。
シリアスで社会性に富んだテーマの中、事件は意外な展開を見せて目が離せない…前半の衝撃的な事故と、その処理をめぐる加地・珠子・雨木の息詰まるような関わり方、後半の法廷劇の駆け引きとクライマックス二話の怒涛の展開…脚本は誰かと思ったら、「Mother」や「それでも、生きていく」の坂本裕二だったのですね。納得です。

このドラマを観て、改めて学校とイジメの問題について考えました。真相を追求したいという被害者生徒側の関係者の気持ち。そしてイジメを認めれば、マスコミなどからバッシングを受けて、学校の生徒達も苦しむという点。そして教師の側からは、生徒を疑ってかかれないという点もある。事実は明らかにしなければならない。その一方で、(特に生徒達全体を)傷つけるのも避けなければならない。その中で学校側が隠蔽に走り、反対意見を封じてしまう描写は、現実の世界でも多分あるのだろうと思いました。

出演者では、雨木副校長役の風吹ジュンさんの演技が印象に残りました。冷静で、ある意味、冷酷・冷徹かとも思えるような演技の中、時折見せる母親・一人の人間としての苦悩…
また、明日香役の志田未来は、出番は少なかったものの、凄く印象に残り
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック