通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★保証付★カバー又は表紙に若干のスレ,,等,ありますが、中は使用感少なく、良い状態です。丁寧に梱包し迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─ 単行本(ソフトカバー) – 2014/3/31

5つ星のうち 3.0 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/3/31
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 440

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─
  • +
  • ぼくは猟師になった (新潮文庫)
  • +
  • これから始める人のための狩猟の教科書
総額: ¥5,497
ポイントの合計: 195pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

そこにある「命」と向き合い、
悩み苦しみながらも成長を続ける
解体・狩猟女子の奮闘記

都会に住む、平凡な20代女子の著者は「自分の暮らしを自分で作る」べく、解体そして狩猟に挑戦し、現在では解体ワークショップを通して、大人から子どもまで命と向き合う場を提供しています。
本書では、平凡な女の子が新米猟師になるまでの過程や自給自足の狩猟ライフ、シェアハウスでの暮らしなどを綴りながら、動物別の解体方法や狩猟・解体をはじめたい人のためのガイドなど、イラストや写真を交えてわかりやすく紹介しています。
いのちが食べものになり、私たちの食卓に並ぶとはどういうことか、その問いに対する著者の真摯なメッセージが込められた一冊です。
「解体や狩猟をはじめたい人の入門ガイド」も収録。

内容(「BOOK」データベースより)

都会の女の子が田舎暮らしの猟師に!?そこにある「命」と向き合い、悩み苦しみながらも成長を続ける解体・狩猟女子の奮闘記。「解体・狩猟を始める入門ガイド」収録!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 木楽舎 (2014/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863240732
  • ISBN-13: 978-4863240735
  • 発売日: 2014/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 1.5 x 15 x 21 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 241,516位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
正直内容が薄い!
解体技術のみを勉強したければ別の本を購入したほうがいい

頑張って読み進めましたが、途中で読む気がなくなってきました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
命と向き合うとはどういう事か考える機会になりますが
著者の自分大好きという思いを強く感じ、凄い違和感がありました。

人間が生きていくというのは他の生き物の命を頂く事。
それは厳然たる事実です。
スヤを絞める時の葛藤はとても共感しました。
でも絞める日を自分の誕生日にするあたり、
なんだかスイーツ女子だなぁと思わざるを得ません。

真剣に猟師を目指すなら千松信也さんの「ぼくは、猟師になった」
や久保俊治さんの「羆撃ち」などをお勧めします。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
著者が狩りに目覚めるまでのエピソード。動物を殺すときに「ごめんね」と思いながら殺しているらしい。もしそう思うなら殺さなければいいのにと思ってしまった。そこが唯一気になった。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
噂の炎上ブログの書籍化で気になって購入。
本気で猟をしたいなら、僕は猟師になったをオススメします。
著者のユルさと目立ちたいという部分が見え隠れする文章や写真集のようなアイラインばっちり写真などに唾が飛ぶことを気にするのに化粧品は気にならないのかなどの疑問を感じました。
うーん。なので既に友人にあげてしまいました。
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
畠山氏のブログをはじめてみるときに感じる独特の感覚。
本書はそのブログを書籍化したものだが、これはよき「批評」としての機能を果たしている。
そう思わないでもない。

釣った魚を手に笑顔でピース、食卓にならんだ肉料理をを前に笑顔でピース。
それに対して、哺乳類の死骸を手に持ち、笑顔で写真に映ること
。この両者のあいだに、どんなちがいがあるのか。
原理的にはちがいはない。しかしそれでも違和感をおぼえることの不思議。

もちろん、その違和感の正体を説明することはさしてむずかしくない。
四肢があり目・耳・鼻があり、魚類よりも知能を感じ取れる哺乳類に対し、
わたしたちはよりエンパシーを抱きやすいのだろう、という説明だ。
反捕鯨や反動物園を訴える団体の論理も、基本的にはこの説明図式を用いる。

いっぽうその哺乳類が肉料理にまで解体されると、畠山氏が指摘するように、
エンパシーを抱く可能性が遮断され、本来いだくべき違和感の対象が、隠蔽される。
畠山氏の表現は、ある意味当たり前のことを当たり前に述べ伝えているのだといえる。
ただそれでも、畠山氏の文章への独特な感覚がぬぐいきれないのも事実だ。
その要因は「かわいいの文法」
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
とても素晴らしい作品でした。
命を頂くという食の原点を感じさせてもらえました。
食生活についてもう一度見直して見ようと思いましたし、
食物生産の現場を見たくなりました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「命を頂く事に真摯に向き合う」のは良いけれど、全員が全員これ始めちゃったらそれこそ生態系崩れるよなwと小意地の悪い事考えてしまったのは否定できない。
自分でしめて自分で頂く事が日常であれば「ごめんね」もへったくれもないんだけどなー。幼い頃からそれが身に付く環境に身を置いてる人もいるし…。気づいてしまって向き合いたくなったから、実行する。というシンプルな部分には好感。「憎くもないのに殴る」って部分には違和感。
食べる為に殺す事は愛憎とは別だと思う。家畜として育てた動物を食う、ではなく「ペットとして飼ってた」動物を無理に義務感でしめた感じで、「それなら何も無理せんでも」と。
狩りの手続きや許可部分を除けば、解体や狩りそのものは「大草原シリーズ(ローラ・インガルス)」の「牛や豚の解体時のお祭り感」の方がリアルに「しめて食うのは普通の事」を感じられるなあ…。
当然の事としてやってる人を見ると、その手際の方に感嘆して「見事」と思うけど、迷い迷いやってる人を見ると「殺される方が可哀相」に感じてしまうのもこれまた正直なトコ。
狩りに関する実際の苦労や工夫部分に関しては興味深く読めました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー