通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
わすれなぐさ (河出文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s5601_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わすれなぐさ (河出文庫) 文庫 – 2010/3/5

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052 ¥ 190
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 205

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • わすれなぐさ (河出文庫)
  • +
  • 花物語 上 (河出文庫 よ 9-1)
  • +
  • 花物語 下 (河出文庫 よ 9-2)
総額: ¥2,862
ポイントの合計: 83pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

美しくも我儘なお嬢様・陽子と彼女のあやつる糸に絡めとられていく牧子、そして学校一の優等生・一枝の、愛と友情の行方は……? 少女小説の女王が描く、昭和ロマン漂う少女たちの物語。解説=内田静枝

内容(「BOOK」データベースより)

美しく我侭なお嬢様・陽子、人造人間とあだ名される優等生・一枝、無口で風変わりな個人主義者・牧子。一枝と心を通わそうとする牧子だったが、華やかな魅力に溢れる陽子の操る糸に絡めとられていく…。夏休みの水泳合宿、学校帰りの横浜ドライブ―少女小説の女王が描く、昭和ロマン漂う少女たちの愛と友情の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 221ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2010/3/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309410073
  • ISBN-13: 978-4309410074
  • 発売日: 2010/3/5
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 293,889位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
少女小説家吉屋信子は、尾崎翠とちょうど同じ頃に雑誌投稿から頭角を現し、大正五年には二十歳で雑誌連載を開始した。早熟な才女は、現代だけでなく大正時代にもいた。
少女が少女のために書いた『わすれなぐさ』は、中原淳一のオリジナル装丁を可能なかぎり再現し、本文を新字・現代かな遣いに改め、詳細な注をつけた、読みやすい美しい本。監修者嶽本野ばらの注はそれだけで一つの作品に近く、この厚みのある注釈を読んでいると、本文の信子世界とは違う、野ばら世界に入っていってしまうので、注がなくても本文が理解できれば、最初に読んでしまうか後で味わうかしたほうがいいかもしれない。なにしろ、注がなくてもたいてい理解できるほど、本文は読みやすく、美しく、ストーリー構成などが天然もののの巧みさで、ぐいぐい引っ張られる。
『今日離れ来し、あの海辺の雨の銀鼠の煙る中を、ただひとり先生に送られての出立、―そして幾日かの水泳宿舎での生活、赤旗を越えた事件―西瓜をゆでた事件、電報の来た刹那の気持―それからそれへ、もうそれは幾年もの前のなつかしい出来事の絵巻物の如く思い浮ぶのだった。』
過度に道徳的でもなく不良でもないリアルな少女の日常は、生きているというだけでもう、事件だらけだ。ストーリーには当時流行のモダーンな風物がさまざまに盛り込まれ、華やかにまたメランコリックに大正浪漫に浸れる一冊。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
昔の作家さんとは思えぬほどに読みやすく、一気に読んでしまいました。
所々、分からない当時のことばが出てきましたが、そこは嶽本野ばら氏の註訳があるので問題ありませんでした!
少女と書いて、おとめと読んだ素敵な時代。嶽本野ばら好きはもちろん、乙女であれば嫌いな人はいないのでは?というほど、乙女心を貫かれました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書は、少女雑誌「少女の友」に昭和7年4月号〜12月号まで連載された作品を文庫化したものです。河出文庫から吉屋信子の少女小説が出るのは、「花物語」に次いで2番目となります。本書もまた、「花物語」にみられるように、吉屋信子の感性あふれる作品となっています。謹厳な学者を父に持つ個人主義者の牧子を中心に、ブルジョアの娘で自由奔放な陽子、戦死した軍人を父に持つ一枝の3人を中心に進んでいきます。連載当時の昭和7年という年代が、作品の所々に見え隠れして興味深いものがあります。たとえば、「肉弾三勇士」の話は女学生の間にも浸透していて、当時の世情を映し出しています。一方、宝塚歌劇団のスターや松竹歌劇団の水江瀧子など憧れのスターの話は今とあまり変わらないものもあります。
戦前の時代背景と当時の女学生の心の動きが楽しい作品です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
女学校を舞台に少女たちの交渉、生活、成長が描かれるという、吉屋信子の典型的な少女小説。乙女な雰囲気がたっぷり堪能できます。
3人の少女を軸に描かれる設定になっていますが、結果的には3人のうちの2人ばかりにスポットライトが当たり、あとの一人ははじかれてしまった、というか物語中にうまく取り込めなかったようで、お話全体のバランス配分は今イチな印象を受けます。
嶽本野ばら氏の解説と訳注は単独として読むとなかなか面白いのですが、なにぶんにも「平成的」にくだけすぎているので、本文と照らし合わせながら読むとちょっと雰囲気くずれる…と感じることも。あと、若干ながら間違いもあるようです。“五間の家”の五間はサイズじゃなくて部屋数でしょうに、とか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
あとこの「わすれなぐさ」、加えて川端康成の「乙女の港」を、昔、母が持っていたが為に、女子高生に憧れるべき時代、私が憧れていたのが「女学生」であり周りから浮きまくりました。全く後悔してません(笑) 火災で焼けてしまいましたが、戦後の粗末な布張りのポプラ社刊、懐かしい!!どんなに探したか…復刊して下さり、嶽本野ばら様、感謝感謝です(涙)これらの本があったので、横浜の英語教師だった大伯母も、生徒さんのことも、深く理解できたのです。 ただ惜しいことには「青いノート」と、それに付随していた「少年」という二作品が、吉屋信子の作品では、復刊されていません。古本にも出回りません。この二作品は、いわゆる百合要素は少なめなのですが、女学生たちの正義感が爽やかで、その時代の風俗がよく解り、何より構成が良く出来た、少し現実的な作品です。親の離婚、父の捨てた孤児、没落により転々と持ち主を変える家、親兄弟の遺骨を抱いての引き揚げ、軍需成金、捕虜の帰還、といったものも、感傷に溺れず程好いバランスと美しい筆致でさらりと書かれていて見事です。名作なので、皆様にご紹介したい。これは復刊を強く希望しています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック