中古品の出品:2¥ 4,499より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

わすれた恋のはじめかた [DVD]

5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:2¥ 4,499より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジュディ・グリア, ジェニファー・アニストン, ダン・フォグラー, アーロン・エッカート, マーティン・シーン
  • 監督: ブランドン・キャンプ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2010/09/23
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003VTG0SI
  • JAN: 4988102875138
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 143,958位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

この恋が元気をくれるーー
ジェニファー・アニストン&アーロン・エッカート、豪華共演で贈る大人のハートフル・ラブストーリー!

『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』、「フレンズ」のジェニファー・アニストン&『ダークナイト』『幸せのセラピー』のアーロン・エッカートが初共演した全米初登場4位のスマッシュヒット作!!


【ストーリー】
バーク・ライアン(アーロン・エッカート)は自己啓発本のベストセラー著者として多くの読者に影響を与えていたが、彼自身は2年前に妻を亡くした苦しみに向き合うことができずにいた。ある日、バークが講演のために訪れたシアトルのホテルで女性フローリストのイロイス・チャンドラー(ジェニファー・アニストン)と出会う。彼女は恋愛を捨て、仕事に人生を賭けることを決めた変わり者だった。お互いに不思議な力が働くかのように一瞬でひかれあうが、愛することに傷つき、失うことを恐れていた二人にとってこの出会いは最悪のタイミングだった。しかし前に進むためには過去との決別が必要だと気づいていく二人。そして過去を乗り越えることで、少しでも望めば恋愛は成就するということを二人は知る。

【キャスト】
ジェニファー・アニストン/アーロン・エッカート/ダン・フォグラー/ジュディ・グリア/マーティン・シーン

【スタッフ】
監督・脚本:ブランドン・キャンプ (『コーリング』原案・脚本)

製作:2009年/アメリカ


■音声:英語/日本語
■字幕:日本語/英語
■収録時間:本編約109分/映像特典約15分
■画面サイズ:16:9 ヒ゛スタ
■DVD1枚組
■片面2層
■トールサイズ

【映像特典】
●オリジナル予告編
●削除されたシーン


※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございますのでご了承下さい。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『そんな彼なら捨てちゃえば?』のジェニファー・アニストン、『幸せのレシピ』のアーロン・エッカート共演によるラブストーリー。妻を亡くした悲しみから立ち直れずにいた作家のライアンは、講演で訪れたシアトルでひとりの女性と出会う。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
アーロン・エッカートを見たくてみました。ラブストーリーかと思いきやラブストーリー要素はそんなになかったように思えます。
見て損のない映画です。ちょっと切なくてほっこりしたい人にお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
『わすれた恋のはじめかた』というタイトルは全体を通して観るとシックリこない気がする。
ラヴストーリーではあるが、基本的に大切な人を亡くし、それをどう対処するのかを説いていると思います。

「バーク」が最愛の妻を3年前に交通事故で亡くし、そこから彼のハウツー本が評価されているのだから・・
主人公「バーク」が背負った負い目と責任が映画が進むとともに明らかになってゆく。
彼は人に説くのは得意だが、自身の事になると不器用で意地っ張り、かつ、スマートじゃ無い。
シアトルが舞台で、「バーク」の妻の葬式で、3月にダリアが満開だった言い、
ヒロインの花屋を営む「エロイース」がシアトルでは、秋頃だと指摘する。
そこから段々「バーク」の弱さが見えて来る。

 2章『幸せは心の在り方』
12章『お酒では救われない』
15章『人生が岐路に立った時は覚えておくこと、終わりは始まりにすぎない』

と弁論は得意の様だが、
取り扱い困難な「ウォルター」の様な心に深い傷を負った男には感情移入する点が多い。
ワークショップは日本ではそれほどポピュラーでは無いが、
映画上だけではなく、アメリカ人のワークショップで気持ちをシェアーし支え合う考え方は素晴ら
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ハートウォーミング・ラブ・コメディー。別にうさんくさくはない自己啓発セミナーを主催するパーク(アーロン・エッカート)が主人公。愛する人を失った苦しみを克服するためのワークショップを続けている。書いた本の評判も上々、パークの人気も右肩上がりで、大広告代理店からメジャーデビュー(講演のDVD化とテレビレギュラー出演)の話も来ている。

その自己啓発セミナーにウォルターという、なにかとネガティブなことばかり言う、手のかかるおっさんが参加してきた。こんなめんどくさい中年は追い返すなり、放置しておけばいいのだが、そこがパークのいいところ、やさしいところで、「愛する息子を失ったのだからウォルターがああいう風になってしまうのも無理はない。なんとかして彼を立ち直らせたい!」と悪戦苦闘する。息子がまだ生きていたら・・・と過去にばかり目を向けるウォルターに対して、セミナーの講師(で有名人)のパークが必死になって、ウォルターに元気になってほしい!と、焼いた石の上にも仁王立ちになって、追いすがるシーンが心温まる。

メジャーデビューまで一歩手前のパークも、打算的な人間ではない。神経質で優柔不断で、広告代理店との大きな商談の予定がくるたびに、エロイース(ジェニファー・アニストン)の思いつきに振り回されて約束をドタキャンさせられる。妻を失った悲しみから始めたワークショッ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
妻を亡くした男性が立ち直るまでの過程を描いた話ですね。主人公は自分の悲しい体験を活かして自己啓発書を出して成功していますが、心の底では立ち直れていないんですね。そんな彼の周りの、優しい友人や息子を喪って建築現場に立てなくなった大工、ジェニファー・アニストン演ずる花屋の女性、妻の遺したオウム。
登場人物が大人で理性的、台詞も洗練されていて、見心地がいいです。
なのに星3つなのは、
以下ネタバレ↓

クライマックスの、確執のあった義父との和解が、ちょっと急過ぎたこと。
私は泣いたけど、やさぐれた気持ちの時に見ていたら、「ご都合主義だなあ」と感じたかも。
ラストで泣けるかは、見る時の精神状態によりますね。ピュアな人なら、絶対感動!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
妻を交通事故で失い、自分の体験をもとに悲しみを乗り越えるハウツー本を書き、
セミナーを主催する男(アーロン・エッカート)。

彼は他人が悲しみを乗り越える手伝いをしているのだが、
実は自分自身は妻の死をいまだに引きずっている。

そんな彼が偶然出会った花屋のジェニファー・アニストンとの恋を
通して、立ち直っていく姿を描くロマンティック・コメディ。

な、わけですが、少々残念な出来映えであります。

私が感じたのは
「死別」の悲しみとどう折り合っていくかというテーマは
ロマンティックコメディに盛り込むにはかなり重いということです。

おかげでいくつかのギャグは場違いな感じがして笑えないし
エッカートのノイローゼ気味の演技は少々うっとうしい。

それから、ジェニファー・アニストンの役は
もっとエキセントリックな(たとえばジュリエット・ルイスのようなタイプ)女優さんが
演じるべきだったのではないか、と思いました。

ホテルのあちこちに意味不明の言葉をラクガキするし、
男性にナンパされると、ろうあ者のふりをするとか
かなりお茶目な花屋さんなんですよ。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー