中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙等にスレやキズ等ありますが、読む分には問題ございません。全体的に普通の古本程度です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わしズム 2007年 5/18号 [雑誌] 雑誌 – 2007/4/18

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2007/4/18
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

特集 「結婚」は必要か!~白熱討論200分!漂流する「日本人の結婚」という制度-上坂冬子、八木秀次、倉田真由美、富岡幸一郎、小林よしのり/小林よしのり「ゴーマニズム宣言EX 第27章」-国家にとって「結婚」とは何なのか?/<スペシャルトーク>香山リカ×小林よしのり-「したたかなエビちゃん」現象


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 小学館; 月刊版 (2007/4/18)
  • ASIN: B000P5FGYU
  • 発売日: 2007/4/18
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

今回は結婚がテーマでしたが、正直私には重たい内容でした。

特に衝撃を受けたのが切通理作氏の『今週、妻と離婚します』でした。

私は自分が出産年齢のリミットがきているのと、自身の病気が治るのがそれに間に合わないと

いう理由で子どもを持つことができません。

切通氏も奥さんとの間に子どもがなく、男としての自分に焦りを感じられたことや

本当は子どもが欲しかったということもあり、自分より一回りも若い女性との恋に落ちた結果、その女性との間に子どもができて奥さんと離婚して、新しい女性と暮らすことに決めたという衝撃の告白を文章に綴っておられました。

私はこれを読み、うちの旦那も私との間に子どもができないことに不満を感じて

よそに子どもを作ってしまうのではと、とても不安になりましたが、

そのことを旦那に言うと「そんなことができるのは一部の人間だけ。余計な心配をするな!」

と叱られてしまいました。

旦那は「いつか、男も女も萎えていく。その時に必要なのは安らぎだ。子どもがいないのは関係ない」と言ってくれました。

それを聞いて私は、子どもというのは若い時の勢いで出来てし
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sirou55 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/8/27
Amazonで購入
「結婚特集」に関してはあんまり面白くなかった。正直、この雑誌にふさわしいテーマとは思えなかったのだが、編集後記を読むと編集長は「オタクが喜ぶ定番化した保守用語やイデオロギーから思想的に跳躍したい」ので、この特集を行なったそうな。
一番面白かったのは業田良家氏の「独裁君」で、米中首脳が言い争っていて、議論をまとめてほしいと「さあ、今こそ桜国の出番ですよ」と促されたわが国のしたことは「わが国が悪うございました」と頭を下げて謝る姿だったというオチなんだが、70年談話といい8年経っても謝らせたい人のなんと多い国か。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ある特定のテーマで括るから内容も把握できやすい。
今回は結婚をテーマにしているから、それぞれの考え方を述べていますね。
まあ、論客が同じというのもそうだが、現実を踏まえた上での投げ掛けってのも、これまた、前向きであることも頷けよう。
こうの史代もまた漫画を描いていますね。
みうらじゅん、どうなるんだ…?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す