中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わしらは怪しい雑魚釣り隊 (新潮文庫) 文庫 – 2009/4/25

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,440 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

タイだのヒラメだの偉い魚の陰で、ヒイラギだのネンブツダイだのの“雑魚"たちはいつも軽んぜられ、悲しい運命を背負っている。勇んで釣りに出かけた仲間たちの本命は、実はこの雑魚。ダシにして雑魚鍋を作り、酒を飲もう! あの〈怪しい探検隊〉の伝説のおバカたちが、焚き火だ、キャンプだ、メシだ、宴会だと再集結。シーナ隊長もドレイもノリにノッての大騒ぎ。

内容(「BOOK」データベースより)

タイだのヒラメだの偉い魚の陰で、ヒイラギだのネンブツダイだのの“雑魚”たちはいつも軽んぜられ、悲しい運命を背負っている。勇んで釣りに出かけた仲間たちの本命は、実はこの雑魚。ダシにして雑魚鍋を作り、酒を飲もう!あの〈怪しい探検隊〉の伝説のおバカたちが、焚き火だ、キャンプだ、メシだ、宴会だと再集結。シーナ隊長もドレイもノリにノッての大騒ぎ。シリーズ最新版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 334ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101448329
  • ISBN-13: 978-4101448329
  • 発売日: 2009/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 365,936位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 在星猫 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/9/28
形式: 単行本 Amazonで購入
 自分が20歳代のときから読んでいる「怪しい探検隊」の面々も隊長、椎名誠さんを始め皆歳を取り冒険に参加するメンバーからも、あるものは仕事の都合でまたあるものは体調により抜けるものが出てきているのは自然なことであろう。ただし椎名隊長も言っているようにどの時代になっても奴隷として参加してくる新規メンバーには事欠かずに続いている。その意味では冒険の世代交代がスムーズに進んでいる例でもある。

 本書の主題である釣りも、かつては潜りでの突きであったり船釣りであったものが岩壁釣りや小舟釣りへと変遷を遂げている。しかしその楽しみ方は何ら変わっておらず、また釣り自身を楽しんでいるいるのみならず、仲間とのやり取りを何より楽しんでいる。その一番の表れが夜の酒宴であろう。酒量はすっかり少なくなったようではあるが、ちょっと悪さを気取ったおじさんたちの正しい楽しみ方が読んで取れる。

もっとも自分自身はこのような冒険をする時間がなく本書を読むことでその楽しみを疑似体験しているという構図が20数年前から何も変わっていないのであるが。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
作品としては10年ぶりとなる「わしらは怪しい探検隊」シリーズの最新刊であるが、
今回は雑魚釣り隊ということで、作中でも椎名さんが語っていたが、
「探検というほど無謀なこともしなくなったので探検隊でもないだろう。」
というニュアンスの話があった。確かに第一次怪しい探検隊の頃は、色々ムチャやっていたことのおもしろさがあったが、
その頃からメンバーは大きく変わり、覚えのある名前も殆ど見なくなってしまった。
しかし、ムチャをやらなくても、その頃のメンバーはいなくても、基本的には変わっていないなということに気づいて安心できた。たき火してデカタープを張って、酒盛りして・・・。

つり雑誌の連載なので、釣りがメインではあるが、本質は変わっていない。懐かしさと新しさ両方持ち合わせた新シリーズだ。
今後また同シリーズの新刊が出る予定らしいが、今度は何を狙いに行って、どんなエピソードが生まれるのか楽しみです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽田シルバー VINE メンバー 投稿日 2016/6/2
形式: 文庫
椎名誠さんの釣り紀行です。釣りをいっても、肩の力の抜けた気合いの入らない釣り旅行です。大人の遊びといった感じです。世間のしがらみから開放された爽快感があります。普段つまらないことに縛られて、つまらない人生送っている人には、心を解き放ってくれるような効果があると思います。写真入りで、楽しいと思います。また、活動範囲が、主に首都圏なので、首都圏に住んでいる人にはなじみの場所も多く、より楽しめると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dream4ever VINE メンバー 投稿日 2008/7/30
形式: 単行本
雑誌「つり丸」の連載記事をまとめたもの。
怪しい探検隊の流れを継ぐ。
野営して釣りして宴会なのである。
大の大人が年齢(年功ではない)序列的秩序の中で遊びまくる。
椎名さんのゆるい文章が現実逃避的オヤジメルヘンにこれでもかと言うくらいに引き込んでいく。
そして思う。やっぱりリンさんの飯は旨いだな〜〜と。
怪しい探検隊の当初メンバーからはほぼ入れ替わり、世代交代もある。
また、昨今の世相を反映してか、過激な焚き火が無いのも寂しい(ガスカートリッジを投げ込んでみたり(笑)
養老さんや野田さんも書いていたと思うけど、魚釣りより魚採りの方が面白いという場面も多い。大の大人が網や素手で雑魚と戯れる状況はホノボノしている。また子供の教育にもよろしい。
本書の中にもハリセンボンのとり方なんかがでてくるのである。
沢山のスナップショットが出てくるのだが、オヤジ達が良い顔をしている。魚釣りや魚採りはオヤジを確実に少年時代に戻してくれるのである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2010/1/30
形式: 文庫
2008年発表。出版社やメンバーはだいぶと入れ替わりましたが、老人から若者までが意味もなく集い、食う、飲む、遊ぶのバカッぷりのうらやましさに購入から2時間であっという間に読了。今回からは釣りがテーマということで超初心者用の釣り入門にもなってます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告