Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わさび (第4集) (ビッグスピリッツコミックススペシャル) 単行本 – 1997/7


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

▼第1話/枇杷の段▼第2話/唐茄子の段▼第3話/胡桃の段▼第4話/蕗薹の段●登場人物/帯刀隆太郎(帯刀家当主。年齢の離れた妻、息子と暮らす)、帯刀絹子(隆太郎の妻。祖父は隆太郎の恩師だった)、帯刀隆之介(隆太郎、絹子の一人息子。父に似てお勉強好き)、小原ふみ(帯刀家の住み込みのお手伝いさん。もうすっかり帯刀家の家風になじんでいる)●あらすじ/ある日、帯刀家の当主・隆太郎は自分の右足の小指に小さなホクロが二つあることに気付く。じ~と、その小指を見詰めていた隆太郎は、やがてひとつの事実に気付く。二つのホクロは目でツメの部分が「口」だ。しかし、その口は明らかに「べー」をしているではないか! カチンと来た隆太郎は、その「べー」をしている憎い口を黒く塗りつぶし、修正を加えた。すると、どうであろう。そこには愛らしい少女が現われたではないか? 感激した隆太郎は、その小指を“アシノユビコ”と名付け、風呂に入るときもユビコを洗い落とさぬように細心の注意を払っていとおしむ。しかし、その努力も空しく彼女は日々、薄れていき、やがて消えた……その後、何度書き直しても二度とあの愛らしい“アシノユビコ”にめぐりあうことはできなかった。隆太郎は叫ぶ「ユビコー!」……帯刀家の人々のちょっとずれた日常が描かれる、ネオ・ファミリーギャグ・コミックの完結編。●その他の登場キャラクター/ユミコちゃん(転校してしまった隆之介の初恋の少女)、中山平ユカちゃん(隆之介と交換日記をする少女)、中山平エミ(ユカの姉。17歳のコギャル)、中山平マリ(ユカの母。38歳)、蟹沢剛君(隆之介の恋敵になるかもしれない同級生)●その他のデータ/あとがきのこと(巻末)

出版社からのコメント

帯刀家は当主で大学教授の帯刀隆太郎、妻の絹子、幼稚園の年長組に通う長男・隆之介、お手伝い・小原ふみの4人住まい。純和風の家屋の中で、純和風に暮らす帯刀家で日々繰り返される日常は、あるようでないようなちょっと変わった出来事に溢れている。


登録情報

  • 単行本: 198ページ
  • 出版社: 小学館 (1997/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091792146
  • ISBN-13: 978-4091792143
  • 発売日: 1997/07
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 746,669位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう