¥880
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫) (日本語) 文庫 – 1973/10/12

5つ星のうち3.8 111個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥880
¥880
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

『Mein Kampf』は、歴史上最も悪名高い反ユダヤ主義者である、アドルフ・ヒトラーの怒りに燃えた痛烈な非難です。 ヒトラーの幼少時代、第一次世界大戦でのドイツの "裏切り"、フランスに対する激しい復讐心、ドイツ国民のための生存圏の必要性、“アーリア” 民族の賛美、そして、ヒトラーが “国際的な毒殺者たち” (事実上ユダヤ人を指す) の根絶として特定した、ナチ党が権力を握る方法について詳述されています。この著書は無名の小さな党の政治家の戯言としてほとんど無視されていましたが、ヒトラーが 1933 年 1 月に第三帝国の総長になると、ドイツのベストセラー リストのトップに躍り出、最初の強制収容所、ダッハウ強制収容所が開設されました。 書籍を販売する者として、この悪名高い作品を提供することは重要であると考えます。なぜなら、この作品は反ユダヤ主義について理解し、そしてそれを防止するための歴史的な意義と教育的な役割を担っているからです。

名誉毀損防止同盟からのメッセージ:  『我が闘争』は、後に世界征服、そしてユダヤ人やその他の人種の根絶を目指す戦争となった、ヒトラーの青写真です。ヒトラーがドイツで権力の座に上り詰める 8 年前に執筆されたこの本には、彼の誇大癖、ユダヤ人に対する陰謀的な妄想、権力への渇望について詳述されています。ヒトラーの目的を知らないと断言したすべての人々はそれを知るために『我が闘争』を読まなければなりませんでした。


登録情報

  • 発売日 : 1973/10/12
  • 文庫 : 506ページ
  • ISBN-10 : 404322401X
  • ISBN-13 : 978-4043224012
  • 出版社 : 角川書店 (1973/10/12)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 111個の評価