通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 栞付★目立った汚れ書きこみ折り目等なく使用に問題ナシ♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫) 文庫 – 1973/10/1

5つ星のうち 4.0 63件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 216

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)
  • +
  • わが闘争(下)―国家社会主義運動(角川文庫)
  • +
  • 続・わが闘争―生存圏と領土問題 (角川文庫)
総額: ¥2,420
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

独裁者が語る恐るべき政治哲学・技術は、現代政治の虚構を見抜く多くの有力な手掛りを示唆する。狂気の天才が、世界制覇の戦略と思想とを自ら語った世界史上稀有の政治的遺書である。


登録情報

  • 文庫: 506ページ
  • 出版社: 角川書店; 改版 (1973/10/1)
  • ISBN-10: 404322401X
  • ISBN-13: 978-4043224012
  • 発売日: 1973/10/1
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,099位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
上下一冊ものも読んでいるが、本によって個性が現在の世界情勢と見比べると有り面白い
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ヨーロッパ各地での極右政党の躍進はどういうことか、そしてファシズムを推し進めた人物と、その国民を知ることは今後の世界情勢を占うことになるかもしれません。世界中で繰り広げられている民族紛争は、今でもヨーロッパの中でも日常起きていることなのです。日本はこの書物が発禁になっていない数少ない国です。読めるうちに読んでおいてください。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ドイツ語を日本語にしているだけなので、わかりにくくて当然ですが、本当にわからない。
しかし、忠実にドイツ語から日本語に訳していることに違いない。
もしも、非常にわかりやすく翻訳されているとしたら、それは翻訳者による意訳を多く含むものなので、本来の「わが闘争」ではない。

趣味でヒトラーの考えを学ぼうとするには、内容がいまいちわかり辛いので、非常に効率が悪い。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
大衆の心理など、わかりやすく書かれており。
物事の分析力など参考になる部分も多かったです。
ただ、ユダヤに対して敵意を持つようになった明確な理由などが
つかみづらくヒトラーの人柄に関しては、核になるような部分が
いまいち掴みづらかったです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
これの著者であるアドルフ・ヒトラー自身が言ってるように人生等のような深いテーマがある本ではありませんでした。

私は昔のナチ時代のドイツの芸術作品の数々が好きで、当時の彼の心情が知りたくなって我が闘争上下巻も購入しました。しかし、買った後に知ったのですがこの3冊の本は当時のドイツ国民を扇動する為のプロパガンダとして出版された本でした。結局、僕の当初の目的は達せられず、彼の情報は得られずじまいでした。

この本の残念な点は、筆者であるアドルフ・ヒトラーの本心が社会主義者達?の強烈なプロパガンダアピールによって解析することが難しい為です。文体はまるで彼が全て書き上げられたように仕上がっていますが、よくよく目を凝らして読んでいくと12点ほど辻褄が合っていない点があります。辻褄・・・というより、彼の考え方に適していない、正義感を欠如させたように見える文があるということです。まるで、誰かに都合良く書き換えられたような文です。それは特に上巻の民族社会主義世界観に多かったです。

この本を買うべき人は「第一次世界大戦時のナチスドイツの国民達が賛同した考え方」を知りたい歴史に興味ある人です。この本からよく読み取れる主な情報はそういった類に当てはまります。現在の日本で教わるような世界史では、ドイツ国民はナチスという巨悪に騙されたとでも言うか
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ワニ三 投稿日 2014/4/21
形式: 文庫 Amazonで購入
少しずつ、生活レベルを落として行くと
生活に追われる為に、人民は抵抗しなくなる
今までの政治を見て観察し、ヒトラーは考えていた。
そして国民を味方につけた。

今の政権やその後ろに隠れている役人等が
読んで、未消化なまま、ただ習っている様に感じる。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
とにかく読みにくいです。ドイツ語を直訳しちゃった感じです。

日本語では意味が通らない訳が多数あり、前後の関係が意味不明で、何が何だかわかりません。
難しいことが書いてあるんじゃないんです。日本語が意味不明なんです。

ヒトラーの予備知識があってもこれを読むのは難しいでしょう。

わが闘争を読みたい方は、本屋さんに行って、読んでみてからの購入をお勧めします。

ほかの出版社と見比べて購入してください。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文章を短く区切ってあり読みやすく、単語を直訳せずに必要な所をきっちり意訳し、代名詞を省略せずに必要に応じて補完するといった、翻訳に必須とされる方法を怠った酷い本です。

↑こういう結論のひっくり返る書き方が延々と続き、何を言っているのか理解するのは困難です。おまけに単語も、辞書で一番最初に出てくる日本語をそのまま割り当てたような文章で、日本語として成立していない文章だらけです。
研究などで内容を把握するなら、ドイツ語の原書で読むか、もしくは英語などにきちんと翻訳された版を読むべきです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー