通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
わが悲しき娼婦たちの思い出 (Obra de Ga... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付■丁寧にクリーニングしています。若干の使用感,経年劣化、軽度の,色褪,変色、傷,汚れ,破れやページに書き込みなどがある場合がございますが、おおむねきれいな状態です■アマゾン倉庫より発送の場合は送料込み、弊社より発送の場合は紙袋とビニールの簡易包装、手数料257円となります■万が一不備があったときは速やかに返品、返金対応いたしますので安心してお買い求めください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わが悲しき娼婦たちの思い出 (Obra de Garc〓a M〓rquez (2004)) 単行本 – 2006/9/28

5つ星のうち 4.1 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 174

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • わが悲しき娼婦たちの思い出 (Obra de Garc〓a M〓rquez (2004))
  • +
  • 愛その他の悪霊について
  • +
  • コレラの時代の愛
総額: ¥7,344
ポイントの合計: 201pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

これまでの幾年月を表向きは平凡な独り者で通してきたその男、実は往年夜の巷の猛者として鳴らしたもう一つの顔を持っていた。かくて昔なじみの娼家の女主人が取り持った14歳の少女との成り行きは…。悲しくも心温まる波乱の恋の物語。2004年発表。

内容(「MARC」データベースより)

90歳を迎える記念すべき一夜を、処女と淫らに過ごしたい-。かつては夜の巷の猛者として鳴らした男と、14歳の少女との成り行きは? 川端の「眠れる美女」に想を得た、悲しくも心温まる波乱の愛の物語。


登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/9/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105090178
  • ISBN-13: 978-4105090173
  • 発売日: 2006/9/28
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 14 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 363,052位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
将棋の増田幸三は、「笑える時に笑っておけ。いずれ泣く時が来る。」と言った。老いとセックスで言うと、「やれる時にやっておけ。いずれ、起たない時が来る。」と言い換えられる。

「明け方の売春宿はすべてそうだが、あの店も天国に一番近いところにあるように思われた。」「彼女のおかげで、九十年の人生ではじめて自分自身の真の姿と向き合うことになった。・・・」良い言葉である。命の限りが明確になってくると、自分の欲望がはっきりと分かる。キレイな女との本気のセックスに匹敵するような素晴らしいものは、この世にそうそうない。

嫌味もなく、悲壮感もない、明るい小説である。しかしながら、それはファンタジーの世界でもある。話の内容は、90歳の誕生日に娼館に依頼しておいた若き娼婦候補とプラトニックな恋愛関係ぽいものに落ちると言う物語である。こういうストーリーがあってもおかしくないと思わせる書きぶりは作家の力量であるが、こんな事が起きてほしいと言う年老いた男に対する童話でもある。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 el terrible 投稿日 2016/1/23
形式: 単行本
★5でもいいかな?とも思ったけど、「コレラの時代の愛」に★5プラスαなので、マルケス作品として★4にした。

短編
だけど、マルケスらしくある意味読みにくい文章だけども、内容はあり、濃い。

まだ寿命まで年あるからある意味理解しきっていないけども、そこは読書。

疑似体験っーか年をとる切なさや不安、恐怖やそれでも男の本能だったり。。。

いろいろ心理は国籍関係ないとおもった作品だし、文化も皆無だし。

うまく言えなく、またこの作品を自分の手の中に掴みきれなかったけど、私なりにとてもよかった。今の私の理解はした。

でもまた年重ねて読めばまたちがった感触を手にいれられる本だとも思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
邦訳には誤訳と欠落がかなりある。代表的なものをいくつか挙げる。

1)  11pの9~12行<すると彼女は、インスピレーションというのはどんな人間よりも訳知りだから、きっと待つことを知っているはずよと言    い、・・・あと二日もらえないかしらと言った>  意味が通じない。 理解できぬまま、苦し紛れに訳したか?

    拙訳:<でも、たぶん待つわよ。 二日ほどくれない。その筋に徹底的にあたってみるから。彼女は並みの男よりも顔が広い>

2)  16Pの1行<作品をドラマチックなものにするための法則をまったく知らないのだ。> 

    拙訳:<戯曲のイロハにもまったく疎い。>  <La composicion dramatica> は戯曲を書くこと。 原文にある<letras>法則ではなくて、<知識、素養>の意味。

3)  16p上記の直後に大きな抜け。原文12Pの18行にあたる。<Dicho en romance crudo, soy un cabo de raza sin meritos ni brillo,>

    拙訳:<華やかなロマンス。私はそんな値打も魅力もない、家柄だけの伍長みたいなものだ。>  何を言わんとしているのか、理解で 
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マルケスの最新作、しかも川端作品に想を得ての作品という予告記事をずいぶん前に新聞で読み、それからずいぶん待ち焦がれてやっと読んだせいもあってか、期待はずれの感が強かった。マルケス独特のユーモアや軽妙さは健在だが、やはり過去の名作の数々と比べて質・量ともにどうしても見劣りがしてしまった。

決定的に違和感を覚えたのは、90歳の老人という語り手の設定。誕生日のお祝いに処女とみだらに過ごしたいという願望があってもかまわない。その少女に恋をしてしまうのも別に問題はない。でもその思考回路と行動力があまりに能天気すぎて、どう読んでも90歳のリアリティがない。タイトルの「悲しき」が「娼婦」にかかるのか「思い出」にかかるのかわからないけど、いずれにしても「悲しみ」は伝わってこない。余計な感傷も乾いてしまうという意味でそれが90歳のリアリティなのだろうか…。そんなの文学で読みたいと思わないし。

「百年の孤独」などの名作には、突拍子もないストーリーの数々にも確かなリアリティがあった。それがマジックリアリズムと呼ばれる所以なのだろう。そのリアリティの欠如ゆえに、この作品にはストーリーテリングのわくわくする面白さが感じられない。

文章や構成もやや雑な感じで、たとえば「予告された殺人の記録」などの緊密な構成と濃厚で磨きぬかれた文章には比べるべく
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー