通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
わが子を天才に育てる家 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆表紙に若干の使用感はありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

わが子を天才に育てる家 単行本(ソフトカバー) – 2010/11/16

5つ星のうち 4.2 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 752

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • わが子を天才に育てる家
  • +
  • 頭のよい子が育つ家 (文春文庫)
  • +
  • 頭のよい子が育つ間取りとインテリア―子育てが楽しくなる!家族のコミュニケーションが自然 (saita mook)
総額: ¥2,957
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

勉強部屋は本当に必要か?その子本来の才能をぐんぐん伸ばし、コミュニケーション能力、創造力をアップさせる家の考えかたや設計の事例を具体的に紹介します。

著者からのコメント

天才というと、特殊な人にしかない特殊な能力のように感じるかも知れませんが、その子本来の才能に気付き、それにワクワクして取り組んでいる姿そのものが、その子の天賦の才=天才性だと考えています。これまで、実際に家造りに取り組む中、そのような形で才能を開花させ、自分らしくエネルギッシュに生活している子供をたくさん見てきました。本書では、どういう空間がそのように作用するのか?どのように考えるとわが子の才能を後押しすることが出来る空間づくりが出来るか?などを中心にお話ししています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 189ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2010/11/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569779670
  • ISBN-13: 978-4569779676
  • 発売日: 2010/11/16
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 119,117位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
子供部屋の使い方、役割、子供とのルール策定について紹介されています。
子供が高学年にそろそろなり、住宅を買おうかな、という人には
いいと思います。
既に買ってしまった人にはお勧めできません。
もっと間取りの紹介が欲しかったです。
マンションもあったらよかったな・・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
やるならここにあるすべてでないと意味がない。そんな思いがいたします。ただ、ところどころはしょりながらというのが現実なきがして、完璧な家族像を感じさせられる物語に似た読後感は私だけでしょうか?全体的には新たな発見も多く良書とは思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
とっても読みやすく、わかりやすかったです。
読んでいくうちに、ワクワクしてきました。
人生にとって、「家」ってなんだろうと、新しい角度から見ることができるようになりました。
「周りの人がこうだから、こうすればいいかな?」と思っている分野でしたが、
家がない人は、いないんですよね。

「限りある人生」の豊かさを準備できる本だと感じます。

これからの、夫婦の会話・子供との関係・自分の人生。
すべてにおいて、ヒントをいただきました。
とても素晴らしい本だと思います。
ぜひ、子育て前の夫婦に読んでいただきたいです。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
そもそも、子供部屋とは何ぞや
ということから始まり、家そのものの意味を考える
という観点で部屋づくりに非常に参考になりました。
読みやすい文章で、さらっと読めます。
”天才”のとらえ方が人によって違うのでご注意を。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「そうだよね。家って、幸せになるための場所なんだな。」って思いました。

喫茶店やレストランでも、
その間取りやテーブルの配置を見れば、
そこをどんな時に使いたいかわかります。

仲間とワイワイ盛り上がれそうな大きなテーブルやスペースがあると、
そこはグループやコミュニティの楽しみや気軽な語らいの場になるだろうし、

適度な個室感があれば、ちょっと親密な話をしたい時に使える、

閉め切ることができれば、一人の世界になれたりする一方で、
寂しさや孤独に浸ることにもなるでしょう。

それぞれが、そのお店が作り出したいと思っている世界によって、
作られ、演出されています。

となれば!!!

毎日過ごし、一生お世話になる我が家の家づくり。

ここで、自分たちはそこでどんな家族関係を持ちたいのか、
どんな子育てをしたいのかを考えないなど考えられません。

親子、夫婦、兄弟としてのこころのつながり、
天才性、リラックス、気づきやインスピレーションの場として、
どう家づくりをしていくのか、

前もって思い描き、家族で話
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
トピックはいいので目次だけさらって自分で調べた方が時間と効率は良いです。

著者ご本人が打ち合わせ等でお話しされる内容を書籍化されたのだと読み取れましたが、
現場の営業トークで使うネタとしてはOKでも、書籍となると情報元や参照元が怪しく眉に唾をつけながら読むのが苦痛でした。

欧米と日本の違いや子供部屋についてもトピックは真新しく感じたのですが、いざ本文を読むとフワーッとした情報ばかりで腑に落ちません。

書籍を出版したという実績作りの一冊と受け止めました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
家造りがベースの本だが、ただの建築家の本とは思えない、
心理学のことも深く勉強されているような印象を受けた。

そして「家とは何か」 をあらためて考えさせられる。
雨露をしのぐ小屋でなく、ただ暮らすための箱でもなく、
人が、子供が育つ場所、という視点。

育つのは子供だけではない。
大人も日々幸せを育み、人として成長していける、そんな空間作り。

考えれば、子供はいずれ大きくなり、大人も年老いていく、
家族は変化していくのが自然の流れ。

「今」どんな家が必要かでなく、「どんな人生をおくりたいか」を
ベースにした著者の家づくりは、とても理にかなっているように思う。

そしてそれは「家」づくりに留まらず、「家族」をどうつくれば良いか
という知恵にも通じている。
家を建てる予定が無い人も必見だろう。

最近、リビングで勉強する子は成績がいいという話題はよく耳にするが、
有名大学合格者へのアンケートなど、統計によればという浅い理由ばかり。

この本では、なぜそうなのかという哲学もしっかり語られている。
それを知ると逆に、ただリビングで勉強させればいい訳
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー