¥ 1,782
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/19

5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,782
¥ 1,782 ¥ 1,675

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち
  • +
  • 離婚で壊れる子どもたち 心理臨床家からの警告 (光文社新書)
総額: ¥2,711
ポイントの合計: 145pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

年間20万組超が離婚する現代――。ある日、子どもたちと会えなくなってしまった父親が急増している。
彼らはなぜ子どもに会えなくなったのか?
男たちが歩むそれぞれの人生を、自身も当事者であるライターが描く。

別れてから現在までのこの2年半の間にお会いした当事者の方々。彼らの声を集めたのが、この本である。本のタイトルを『わが子に会えない』としたが、今は会えている人、再び会えなくなった人も証言者に含めている。子どもに会えなくなった男たちとはいったいどのような人なのか。別れに至るまでにどのように出会い、子どもをつくり、そして別れたのか。そして別れた後、どんなことを思い、どのような人生を歩んでいるのか。善悪では計りきれない多くの人生、つまりはより多くの視座を伝えることで、〝会えない〟という現象に可能な限り接近したいと思っている。(本書「プロローグ」より)。

『僕の見た「大日本帝国」』、『本で床は抜けるのか』の著者による最新作!

内容(「BOOK」データベースより)

彼らはなぜ子どもに会えなくなったのか?年間20万組超が離婚する現代―。ある日、子どもたちと会えなくなってしまった父親が急増している。彼らが歩むそれぞれの人生を、自身も当事者であるライターが描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 318ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2017/1/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569831427
  • ISBN-13: 978-4569831428
  • 発売日: 2017/1/19
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,980位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
日本における十数名の当事者の「わが子に会えない」さまざまな事情を読ませて頂きました。

涙が溢れました。どうして、日本は単独親権なのかと疑問を呈するようになりました。
ほぼ、ここに載っている皆さんは裁判所に公平かつ人情味のある裁きを期待していたのでしょうが、
実は、その司法権により親子関係を断絶されたといっても言い過ぎではないと思いました。

それでも、胸を張って生きている当事者の皆さまに頑張って頂きたいと思うようになりました。
とても、辛い経験をよく話して頂いたと感銘しております。

今後の人生において、子どもとは親の関係とはどうゆうものなのか、一方の親にだけ加担するべきものなのか、
立法、行政、司法の権利者が、しっかりと子どもを中心に考える日本にして頂きたいと心から思いました。

このようなノンフィクションはとても大事です。当事者さまの声が司法に蓋をされてしまわないよう祈る次第です。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私の周りにも同じ境遇の方がいらっしゃいます。
なぜ会えないのか?親子なのに‥??不思議に思う事ばかりです。
こういった話題は、もっと世間に知られるべきだと思います!
応援の意味も込めて、星5つです。
1 コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
日本以外の諸外国では、片方の親権者に同意なく子供を連れ去ることは誘拐罪として逮捕され処罰される。そして、それを行った者は、親権を剥奪される。これは、ハーグ条約にも明記されている。
しかし、日本では、そんな違法行為が、処罰されないどころか、誘拐した者の方を親権者として自動的に認めるという運用が行われている。
その後、誘拐犯に養育費を払えという理不尽さ。
しかも、その後、誘拐を行った者が認めなければ、子供に会わせなくてもいいという。
これでは、人質を取られて返ってくる見込も無いのに、金だけ取られる様なもの。
こういう犯罪を行って平然としている片親家庭の親がたくさんいる。
その一方、いきなり肉親と引き裂かれて泣いている子供達と別居親たちがいる。
この悲劇を早く終わらせないと先進国言えないのではないだろうか。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 私は約10年前に離婚経験がある現在独身の43歳の男性です。この本を読んで、約10年前に経験した辛い思いを同じように経験している人達の何か役に立ちたいと思い、このような稚拙なレビューでも書いてみようと思いました。まず作者の西牟田さんにこのような書籍を作って頂き感謝しています。このような現実を広く世間に知ってもらって、子供と離される苦しみを一人でも多くの人に知ってもらいたいです。この本に掲載された全ての人に同情して共感しているわけではありません。例えば、暴力支配をしていた男性に関しては何も思わないし同情や共感はしていません。金儲けのために冤罪DVを平気で企てる弁護士やシェルター職員、子供の気持ちを考えないで平気で父親と子供を引き離す母親や親族、男性のみなさん、声を上げて戦いましょう!!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
親権獲得のため虚偽のDVをでっちあげる事が横行していたり、面会交流がなかなか実現できなかったりして、子供と離れて暮らす父親が悲痛な声を上げている。
この本では、その父親の無念や、悔しさ、そして子供の思う気持ちが、強く伝わってくる。

さらに伝わってきたのは、子どもの気持ちだ。
絶対会いたくないという断固たる決意がある子供もいれば、本当は会いたいけど同居親に遠慮して会いたくないと言う子供、でもその子供が試行面会をしてみたらとびきりの笑顔を見せる。
また、面会を繰り返すうちに別居親への愛情が深まり、別居親と暮らしたいと決意していくような子供もいる。

一番印象深かったのは、母親に連れられて別居したものの、自分の意思で、父親の元に住もうとした子供。
でも裁判官は、父親に親権をすぐには認めず、子供が村や学校などに差別されることになる。
その子供が行政訴訟の最中、こんな事っておかしいじゃないかと裁判官に訴える。

子供にも気持ちがある、一人の人間なんだと、つよく思い知らされる本でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー