中古品
¥347
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 軽い使用感程度できれいな状態です。迅速・丁寧心がけます。 401170
この商品は1-Click注文できません。

Kindle版は今すぐお読みいただけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


わが夫 坂本龍馬 おりょう聞書き (朝日新書) (日本語) 新書 – 2009/11/13

5つ星のうち4.1 19個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥347
¥47
無料配送: 11月2日 - 3日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書でおりょうが語る坂本龍馬からは、古き時代の不良のにおいがふんぷんとする。おりょうもまた負けてはいない。仲間と変装して妓楼に繰り出し、奉行所や新選組からは追い回され、船の上で射撃の腕を競い、霧島では天の逆鉾を引き抜く。幕末の輻輳する価値観のなかで、次の時代を信じて行動する男と連れ添った女房が語る「反魂香」は生き生きとして、現代女性にも通じる視線が新鮮である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

一坂/太郎
1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大正大学文学部史学科卒。東行記念館学芸員を務めたが同館閉館により退職。現在、萩市特別学芸員・山口福祉文化大学特任教授・防府天満宮歴史館顧問。春風文庫主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2009/11/13
  • 新書 : 216ページ
  • ISBN-10 : 4022733055
  • ISBN-13 : 978-4022733054
  • 出版社 : 朝日新聞出版 (2009/11/13)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 19個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
19 件のグローバル評価
星5つ
32%
星4つ
49%
星3つ
18%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2012年12月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年6月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年3月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年3月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年5月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年8月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2015年11月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年2月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告