¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
わがままこそ最高の美徳 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

わがままこそ最高の美徳 単行本 – 2009/9/25

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 456

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • わがままこそ最高の美徳
  • +
  • 地獄は克服できる
  • +
  • 文庫 人は成熟するにつれて若くなる (草思社文庫)
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ヘッセは少年時代から我が強く、親の手に余る子で、神学校の寄宿舎から脱走して落ちこぼれになる。しかし、ずっと詩人になる夢をあきらめず、独学で大作家になった。自分を信じて生きることの重要性を説いたエッセイと詩を集めた詩文集。

内容(「BOOK」データベースより)

「人生の下劣さに抗する最良の武器は、勇気と、わがままと、忍耐です。勇気は私たちを強くし、わがままは愉しさを生み出し、忍耐は平安を生み出してくれます」(ヘッセ)―小さいときから我が強く、非行少年のレッテルを貼られながらも、自分の好きな道を邁進して世界的な文学者になったヘッセの「わがまま」礼賛の書。戦争や政治の季節の中でも自説を曲げなかった強靱な精神とは。素敵な詩文集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: 草思社 (2009/9/25)
  • ISBN-10: 4794217315
  • ISBN-13: 978-4794217318
  • 発売日: 2009/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 248,175位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 J 投稿日 2010/5/30
形式: 単行本
タイトルからして吸引力があるんですが、わがまま、というよりは自分本位ということですね。

本書はヘッセの書簡などからあるテーマに沿った内容のものをピックアップした編集を施してあります。
そのあるテーマとは、「普通になれない自分」です。かのデミアンと同じテーマですね。
底本は様々ですが、本書中で最も私が好きになったのは両親、特に父親に当てた手紙です。この部分は特に「普通になれない自分」のテーマが色濃く出ていると思います。デミアンでは全編でこのテーマに挑戦しつつも、その表現方法がキリスト教的であったために、私は古くさく没頭できないと感じていましたが、この書簡ではヘルマン少年の素直な筆致によって、テーマにより共感し易かったと感じます。同調圧力というものに息苦しさを感じる種類の現代日本人は、デミアンよりもむしろこの手紙において、自分の相似を発見し、それを表出させる言葉に出会える、かもしれません。

これほど褒めておいて評点が3なのは、本一冊にするために他を寄せ集めたような冗長感があるためと、あまり上手いとは思えない翻訳のためです。まあ、すきずきでしょうが、私の好みではなかった。
以下、最も好きだった部分の引用

「おまえが自分自身以外の誰も愛さなくなってから、おまえはなんと貧しく、なんとひどく貧しくな
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「わがまま」と言えば、悪徳とさえ思われるもの(特に、日本においては)なのに、何故に「最高の美徳」なのか?ドイツ語圏でも「わがまま(Eigenshinn)」と言えば、「普通あまりよい意味で用いられる言葉ではない」と翻訳者の岡田朝雄氏も「訳者あとがき」に記している。
「個性の尊重」と日本でも言われる場合があるが、本当にそれを実現していこうとすれば、「わがまま」「組織を大事にしなくちゃね」「世間はそんなに甘くない」などという非難にすぐに出くわすことだろう。日本では、「大勢順応主義(コンフォーミズム)」が唯一のイデオロギーであるだけに、諸外国に比べても、「個性の尊重」に対する圧力(もっといえば、抑圧)の度合いがいっそう深いといえるだろう。
ヘッセは、この本の中で、「真に個性をもつ人びとは、この世でほかの人びとよりも難儀しますが、またずっとすばらしい生活をします。彼らは群衆の保護を受けませんが、自分自身の想像力の喜びを享受します」と言う。自己実現には、困難や孤独が付きまとうものらしい。しかし、そこには、何物にも侵されない喜びもあるのである。
ヘッセ自身、学校からの脱走、自殺未遂、心の病を体験しつつ、自己実現を成し遂げからこそ、その喜びを語ることができたのだと考えられる。
彼の治療にもかかわったといわれるユング(C.G.Jung)は、「人格が未熟の状態か
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
(Eigenshinn)という言葉の訳については、すでに「愛することができる人は幸せだ」
において、筆者が「愛我心」という名訳を作って、その書の中で語られていることであり、
改めて本書を書く必要性をどうしても感じないわけにはいきませんでした。
「わがままという意味ではない」とあの本の中で筆者は断言していたはずなのに…
残念です。
わがままという言葉はどう繕っても悪い意味があります。わがままが良いという事はないでしょう。
資本主義にそういう思想もありましたが、現在ではその流れは破滅に向かう事が明らかになりつつあるからこそのこの
不景気、競争激化で行き詰った世の中であります。
文庫本で出さずに単行本でいつまでも続けるし、元々ヘッセの文章の紹介者に過ぎない事を自覚して、
万が一ですが、念のため申しますと、けっしてそこでもうけようという野心の元制作してはならないと思います。
その辺を考えられれば、こんなに沢山書物は必要ないはずです。既に語りつくされていると思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
わがままとは 我が儘 即ち小我を知らずして大我を知る由もない。おのおのがそれぞれに己を徹頭徹尾わがままにわがままな己を知ることこそが協調 調和 の根本なのでわないのかしら
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現在、日本はますます幸福に暮らしにくくなっていると思う。
いろんなものが制度化され、硬直化している。
人間本来の生物的なリズムや、個人の信念ではなく、社会の都合や、会社の利潤などで個人は踏みつぶされようとしている。
ヘッセは、どんな世の中であろうとも心の底から自分を信じて生きろと説く。
それが、短期的には地獄へ至る道であったとしても、結局は個人の救済につながっていると主張する。
社会と個人の軋轢を感じ、自分を信じることに自信が持てない人のためにある本なのかもしれない。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告