この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
11点すべてのイメージを見る

わかりやすいアジャイル開発の教科書 単行本 – 2013/3/26

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 9,135 ¥ 1,609
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

内容紹介

より価値の高いソフトウェアをつくる!

SCRUMからXP、タイムボックス、TDD、リファクタリング、チームビルディングまで、
アジャイルソフトウェア開発を導入し、現場をより活性化させ、
価値のあるソフトウェアをつくり上げるための具体的な方法を、わかりやすく手ほどき。
プログラマー/システム開発者必携!!

「現場で活かす」ことを目的に、執筆陣がそのノウハウを披露してくれています。
長沢智治 日本マイクロソフト エバンジェリスト

本書はアジャイル本を超えている。現代の仕事術の確立を目指しているようにも思う。
萩本順三 株式会社 匠BusinessPlace 代表取締役

この本を手にとったことから、あなたのアジャイルへの旅ははじまる。
平鍋健児 株式会社チェンジビジョン 代表

メンバーを巻き込み、現場を変えたい。
価値のあるソフトウェアをユーザーに届けたい。
つねに最高品質のソフトウェアを作り続けたい。
納期優先の仕事はもうしたくない。
自信を持って、ものづくりを行いたい。
チームの力を底上げしたい。
チームに元気を与えたい。
チームに勇気を与えたい。

そんな方に、本書をお届けします。

ユーザーの価値観や取り巻く環境が刻々と変化するこんにち、
状況にフィットしたソフトウェア開発の手法がつねに求められています。
それに応えるものが、「アジャイルソフトウェア開発」です。
「アジャイルに興味がある。でも、ハードルが高そう……」という
プログラマーから、「現場をカイゼンし、組織を変えたい」という
プロジェクト管理者まで、システム開発に携わるすべての人が知っておきたい
アイデアと具体的手法をまとめ上げました。

「TDD」や「リファクタリング」などのエンジニアリングから、タイムボックスや見積もり、
チームビルディングといったプロジェクト管理まで、具体的なノウハウの学習や
ケーススタディを通して、
アジャイルソフトウェア開発の手法が自然と身につく構成で書かれています。
第3章には1人/チームでできるミニワークショップ[スマイリング・アドベンチャー]を用意。
「理屈でわからないことを腑に落とす」ことをサポートします。

手足を動かし、考え、楽しみながら学習し、
ソフトウェア開発の“冒険"を通して開発者/開発チームのスキルを磨き上げる。
本書がそのお手伝いをします。

より開発を楽しく、より価値の高いソフトウェアを!

出版社からのコメント

日本の開発現場で日本の技術者がアジャイルについて基本から学び、現場で考え・実践するための本を作りたい。
これが本書をまとめるきっかけになりました。
アジャイルの考え方やアジャイルに取り組む姿勢を学び、プロジェクトで実践する。
これが本書の「ねらい」です。
日本人の筆者が、日本の開発現場で起こりうる課題、疑問をピックアップし、
それをアジャイルソフトウェア開発の考え方に基づいて解説するというアプローチを取りました。
また、現場での実践を進めていただくため、小さなチーム・個人でもできる仕組みづくりや
ディスカッションのテーマも用意しました。
できることから1つずつ取り組んでいただき、お客様・現場の開発メンバーのために、
よりよいソフトウェアづくりのヒントにしていただきたいと思います。
第1章ではソフトウェア開発現場で実際にありそうな課題や問題点を考えながら、
なぜアジャイルの考え方が必要なのかをまとめました。
アジャイルとなにか、なぜアジャイルに取り組むのかという、
アジャイルを知りたい・これから学んでみたいという方は、第1章から順に読んでいただけるとよいでしょう。
第2章では、アジャイルの目的である「ソフトウェアの価値の最大化」について取り上げました。
価値はどのように高まるものなのか。
そもそも、ソフトウェアの価値とはなんなのかを考えてみましょう。
第3章では、実際のアジャイルソフトウェア開発の進め方や
アジャイルソフトウェア開発の現場で行われている具体的な実践項目とその効果について、いくつか紹介しています。
ここでの内容すべてに取り組む必要はありません。
できることから1つずつ取り組むことをおすすめします。
実際にアジャイルソフトウェア開発を進めていき、
より改善できる項目があるかどうか、この章を参考に何度も見直すとよいでしょう。
第4章では、アジャイルの考え方や姿勢を身につけるために、
チーム・個人で取り組めるツールやワークショップ、プロジェクトの場作りを紹介します。
準備もほとんど不要な、すぐに実践できるものも紹介しました。 実際に仕組みを作って、メンバーとディスカッションすることで見えてくるものもあります。 是非チャレンジしてみてください。
第5章は、アジャイルの目的・価値・原則をまとめました。
第1章~第4章を読んで実践したあと、何度も見直すことで新たな発見があるはずです。
また付録では、日本全国で行われているアジャイル関係のコミュニティ活動も紹介しています。
他の開発現場ではどのような取り組みが行われているのかを知りたい方は、
ぜひ参考にしてみてください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2013/3/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797371285
  • ISBN-13: 978-4797371284
  • 発売日: 2013/3/26
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 228,661位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(5)

トップカスタマーレビュー

2015年5月16日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年10月28日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年8月15日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年3月31日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年12月22日
形式: 単行本