通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
わかりあえないことから──コミュニケーション能力と... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古本です。帯なし。書き込みは見当たりません。商品到着後、チェック漏れ・ミスにより不備や何か気になる点がございましたらご一報を頂けると助かります。返金、商品の入れ替え他で対応させて頂いています。◆発送は日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。◆発送かじ企画 福岡県公安委員会許 古物商90113 0910005号
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書) 新書 – 2012/10/18

5つ星のうち 4.4 74件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 118

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)
  • +
  • 対話のレッスン 日本人のためのコミュニケーション術 (講談社学術文庫)
  • +
  • 下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)
総額: ¥2,614
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

―大反響! 絶賛の嵐!―

【阿川佐和子氏】
目からウロコ!「コミュニケーション」という言葉の周辺で
モヤモヤイライラしていたものが、一気に吹き飛ばされ、すっきりした気持になりました。

【谷川俊太郎氏】
これは掛値なしに「おもしろくてためになる」本です。私も初心に戻って日本語を考え直しました。

【鷲田清一氏】
他人と同じ気持ちになるのではなく、話せば話すほど他者との差異がより微細にわかるようになること
それがコミュニケーションだ。

【茂木健一郎氏】
他者との対話を通して、いのちが広がる。生きている実感がこみ上げる。厳しくも温かい、人間賛歌!


―いま、本当に必要なこと―

企業の英語公用語化が話題になっているため、誤解されている方が多いかもしれませんが、経団連の調査によりますと、企業が新卒採用にあたって最も重視している能力は、9年連続で「コミュニケーション能力」(80%超)がトップです。「語学力」はここ数年、6%程度に過ぎません。

たしかに中高年の多くの管理職の人たちは、「近頃の若者はコミュニケーション能力がない」と嘆いています。

しかし、近頃の若者に「コミュニケーション能力がない」というのは、本当なのでしょうか。

そもそも、現在、企業が要求するコミュニケーション能力とは、「グローバル・コミュニケーション・スキル」=「異文化理解能力」です。つまり、グローバルな経済環境の中においても価値観や文化が異なる人の意見を理解した上で、自らの考えを主張して説得したり、妥協点を見いだしたりすることができることです。

ところが、実は日本の企業は、自分たちも気がつかないうちに、別のコミュニケーション能力を求めています。それは、「上司の意図を察して機敏に行動する」「会議の空気を読んで反対意見はいわない」といった従来型のコミュニケーション能力です。

いま、就活をしている学生たちは、あきらかに二つの矛盾したコミュニケーション能力を同時に要求されています。しかも、何より始末に悪いのは、要求している側が、その矛盾に気がついていない点です。

なぜ、こうした事態が起こるのか――。

内容(「BOOK」データベースより)

近頃の若者に「コミュニケーション能力がない」というのは、本当なのか。「子どもの気持ちがわからない」というのは、何が問題なのか。いま、本当に必要なこと。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/10/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062881772
  • ISBN-13: 978-4062881777
  • 発売日: 2012/10/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,029位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
自分が就活をしていた頃、
企業が欲しい人材は、「コミュニケーション力」がある人でした。
これは、今もさほど変わっていないでしょう。
でも、この「コミュニケーション力」って、いったい何なのか?
疑問に思い始めたのは、仕事をして、暫らくたった頃でした。

それは、日本で(重宝される)「コミュニケーション力」とは、非常に協調性を重視しているのにも関わらず、
なぜか、求めるものは、自主性だったりします。自分の意見をしっかりと論理的に言える人
が求められているのに、現実では、相手と協調出来て、角がないコミュニケーションが
評価されている。これを著者は、ダブルバインド(二重拘束)と言っています。

つまり、あべこべです。言っていることと、実際って、違うでしょ!ってことです。
だから、少なくない人が、コミュニケーションに、期待をしなくなります。

平田氏は、「いまの子どもたちには、この「伝わらない」という経験が、決定的に
不足しているのだ。」と言います。まさに、その通りだと思います。こちらが、誠心誠意、心を込めて、
相手に伝えても、それが、相手に伝わるとは限らない。

コミュニケーションとは、案外そんなものだと思います
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぱすと〜る トップ1000レビュアー 投稿日 2012/11/21
形式: 新書 Amazonで購入
 これは、プレゼンや人づきあいがうまくなって仕事や人生で成功しよう、などというイカサマ・ハウツー本ではありません。むしろ、それへの疑問です。

 劇作家であり、阪大コミュニケーションデザインセンター教授である著者は、近代演劇では「対話」が最重要視されると言います。「対話」とは、著者によれば、あまり親しくない人同士のあいだで、あるいは、親しい人同士のあいだでも、異なる価値観や情報について交換し合ったり、すりあわせをしたりすることですが、日本社会にはこの「対話」という考えがほとんど存在しないと言うのです。

 著者は、この日本の子どもたち、若者たちに、察しあったり、わかりあったりする日本文化も尊重しつつ、それに加えて、他者に向かって言葉によって説明する能力を獲得させたいと願いつつ、同時に、「対話的な精神」とは、異なる価値観の人と出会い、それを通して、自分の意見が変わっていくことを受け入れる態度のことだと述べています。つまり、コミュニケーションとは、自分の考えをうまく伝えるだけでなく、相手の声に耳を傾け、さらには、そこから何かが創造されることなのです。

 平田さんはさらに、対話の冗長率の重要性、日本の近代国家の国語形成において「対話」の言葉育てがなおざりにされたこと、たとえば、対等な立場の者同士が褒め合うための言葉、女性上司が
...続きを読む ›
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 演劇を用いたコミュニケーション教育の話を核に、演劇、コミュニケーション、教育、言語、比較文化などの話題が「ノイズを含んで(p.5)」語られる。もともと雑誌に連載されたものであることに加えて、著者が意図的に「一見バラバラなトピックの中に(p.4)」自身の主張を潜ませているため、体系的ではないが、示唆に富む文言が多い。曰く、
「いまの子どもたちには、この『伝わらない』という経験が、決定的に不足しているのだ(pp.25-26)」
「私が公教育の世界に入って一番に驚いたのも……教師が教えすぎる(p.47)」
「日本語は強調したいものを語頭に持ってきて、何度も繰り返し言うという特徴的な表現形式を持っている(p.80)」
「『対話的な精神』とは、異なる価値観を持った人と出会うことで、自分の意見が変わっていくことを潔しとする態度(p.103)」
「(リーダーには)論理的に喋る能力を身につけるよりも、論理的に喋れない立場の人びとの気持ちをくみ取れる人間になってもらいたい(p.183)」
 著者のメインの主張は、「『わかりあえないこと』を前提に、わかりあえる部分を探っていくといういとなみ(p.200)」、あるいは対話こそがコミュニケーション(教育)では重要で、演劇(をつくること)の核心もそこにある」ということだろうか。
 主張は
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『お母さん、お母さん、今日、僕、宿題やっていかなかったんだけど、田中先生、全然怒らなかったんだよ』
さあ皆さんは、いいお父さんお母さんです。何と答えますか?」

「田中先生が大好き」「ホスピスでのコミュニケーション」の条りに出てくる逸話にしばし感じ入ってしまひました。

「どんなに若者のコミュニケーション能力が向上したとしても、やはり一定数、口べたな人はいるということだ。
これらの人びとは、かつては、旋盤工やオフセット印刷といった高度な技術を身につけ、文字通り「手に職をつける」ことによって生涯を保証されていた。29p」
と、日本人でありすぎるがゆゑにおちこぼれてゆく人々に対する視点もちゃんと保ち、

「社会的弱者と言語的弱者は、ほぼ等しい。私は、自分が担当する学生たちには、論理的に喋る能力をつけるよりも、
論理的に喋れない立場の人びとの気持をくみ取れる人間になってもらいたいと願っている。183p」

と繰り返し弱者へのフォローの必要性を語る著者。

私は著者が不可避と考へる多文化共生社会に対するスタンスに対して必ずしも同調する者ではありません。
(多文化共生の目するところが勝者の都合(グローバル資本主義)であるかぎり、底辺を強いられた
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー