¥ 4,000
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ろんぐらいだぁす! (6) 特装版 (REXコミッ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ろんぐらいだぁす! (6) 特装版 (REXコミックス) コミック – 2015/12/26

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 4,000
¥ 4,000 ¥ 3,350

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ろんぐらいだぁす! (6) 特装版 (REXコミックス)
  • +
  • ろんぐらいだぁす! (4) 特装版 (IDコミックス/REXコミックス)
  • +
  • ろんぐらいだぁす!(5) 特装版 (IDコミックス REXコミックス)
総額: ¥12,000
ポイントの合計: 400pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



スポーツ観戦本特集
一流の選手達が繰り広げる、熱い戦いの数々。ガイドブックを活用して、スポーツ観戦を全力で楽しもう。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

特装版特典付き


登録情報

  • コミック: 162ページ
  • 出版社: 一迅社; 特装版 (2015/12/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758065624
  • ISBN-13: 978-4758065627
  • 発売日: 2015/12/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
 2巻で「さすがに自転車で来られるところじゃない」と亜美が言っていた渋峠に
まさかの自ら挑戦です。相変わらずゆるふわ系(笑)自転車漫画(ガチ)の看板に
偽りなしといった感じです。
 まずはマンガ本編の話から。
 渋峠篇の話は前後編の二話構成なので、渋峠自体の印象は少ないですが、
前段階として椿ラインや道志みち、奥多摩周遊道路で練習を重ねていた旨が描写され、
ちゃんと準備していたところが好印象です。(あっさり挑戦のあっさりクリアではあんまりなので)
 2巻では坂の途中でDNFしていた亜美が、その直後に登場していた渋峠に、今巻では自ら挑戦するあたり
なかなか感慨深いものがあります。(さりげなく亜美の自転車にオルトリーブが装備されているのには
思わず笑ってしまいましたが)
 その他には今治で別れたあとの紗希のエピソード、葵の父親と葵の妙な駆け引き、
亜美の妹・恵美が自転車に少し興味を持つ話、サイクルカフェ・アレーの登場など
小さなエピソードが語られます。
 サイクルカフェ・アレーはサウンドドラマでは登場していましたが、本編では初登場なので、
アニメ化前に雰囲気が掴めてよかったです。
 恵美の話や葵の父親と彼からもらったGPSは今後の展開に使
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2016/1/24
形式: コミック Amazonで購入
DVD目当てで特装版を購入しました。
三浦半島編を期待してみると少々拍子抜けするかもしれないくらいに
東山さんの良く言えば亜美っぷりが出ています。(悪く言うと余りにスポーツバイク慣れしていない)
ロードの漫画なので、もう少し颯爽と乗りこなしてほしいなとは思いました。
漫画の方は、渋峠再来ですね。季節感も前後して、見終って計画して行こうかなと思わせるには
良い時期なので、読むといきたくなること請け合いです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック