中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーや本体に若干使用感はありますが良品です。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。 1556135
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

れでぃ×ばと!〈4〉 (電撃文庫) 文庫 – 2007/8

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ねえねえっ、デートしましょう?腹黒幼馴染み・朋美の爆弾発言が、新たな波乱を巻き起こす―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上月/司
1982年生まれの横浜市民(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 246ページ
  • 出版社: メディアワークス (2007/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 484023941X
  • ISBN-13: 978-4840239417
  • 発売日: 2007/08
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 987,568位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
商品説明だけだとメインは腹黒こと朋美だけかなと錯覚しそうですが、
大丈夫(何が?)、安心してください。

タイトル通りドリルことセルニアも前巻に引き続きそこそこ目立ってます。
ってか個人的にはこの不器用なドリルを応援したい気分ではあります。
あ、個人的な好みの話になってますね、軌道修正軌道修正。

内容的にはいつも通り?本編2話と番外1話です。
本編の前半が朋美とデート?編で、後半が……
う〜ん、今回後半がちょっと微妙でした。
なんかこう使い捨て感すら漂うゲストキャラというのはいまいちしっくり来ません。

主人公・秋晴の過去がちょっとだけ明らかになったり、
腹黒とドリルがもやもやしてたりと物語が動き始めた感じですね。
まあ4巻目ですから、シリーズ読んでる方には間違いないと思います。
まだこのシリーズを読んでない方はとりあえず1・2巻を読んでからということで。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 作者の前作全部、今作もこれまで全巻買ってるのでこれも購入。

感想は…つまらなくはない。といったところ。まぁレビュータイトル通りの感想だな。

一応メインヒロインである幼馴染がいよいよ重い腰を上げてデートする話。
むろんその話にはドリルも登場してるので、ドリル・金髪・巨乳好きのあなたも安心だw

もう一つは、主人公の過去を明らかにする話。ハーレム系の話って途中で飽きて切る作品
が多いので、こういう話はあった方がいいが・・・ちょっと微妙かな。幼馴染を引き立て
ようとして失敗している作品になってると思った。

オマケの話はおいといて、この幼馴染のヒロイン、既にドリルに敗北してるよなぁ。
挿絵的にも(記号的な意味で)ドリルとドジっ娘メイドに負けてるし、このままこいつで
話を纏めようとすると、無理のある作品になってしまいそうな感じはある。

作者には物語の終点を再考していただいて、ドリルの成功を祝ってあげられる女性になる
ストーリーにしてみてはどうか?w
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
朋美は、お泊り最後の夜の「あの事件」から、どうすることもできない心のモヤモヤを抱え込んでしまったのでございました。
そこでモヤモヤの正体を見極めるべく、ある言葉を言い放つのです。曰く―
「秋晴、デートしましょう?」と!!

無理に幼馴染である朋美を秋晴に近づけようという意図が先に立っていて、朋美の心情的な面が曖昧なままなのでいまいち楽しめない。
自分の気持ちがわからないからデートって、その思考が私には理解できないので受け入れられなかった。
それにセルニアを登場させるあたり、朋美だけでは成り立たないと著者も理解しているのではないだろうか。

それでも見所としては従妹の棗だったり、秋晴の手元に集まった携帯だったり、秋晴の過去だったりとあるにはある。
だが、「つまらなくはないが、楽しめない」というのがこの巻に適した表現だと感じる。
なにより朋美が無知が罪だというのなら、二巻では無知でみみな先輩を救った秋晴はどうなのだといいたい。
秋晴はよくて、棗がだめな理由が理解できない。同じ無知だが、相手を想う気持ちに偽りはないが?
とてもヒロインとして朋美がエンドマークを飾れるとは思えないのだが……。

完全にやらかした感があるこの四巻。星三つが今後の続巻購入へ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 後野まつり VINE メンバー 投稿日 2008/12/31
形式: 文庫
いままでがキャラクタの性格にも寄りますが単純突貫型のストーリーが多かったわけで、今回は生活も環境も複雑な背景もあり、なかなか短い話の中では中途半端というか煮え切らない展開になってしまった感じがあります。新キャラも作者があとがきで言われている通り、これだけじゃもったいないなぁと言う所です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mutuki 投稿日 2008/2/7
形式: 文庫
そこまで不評を書かれるほど悪くはない。むしろ楽しめる♪朋美の心情は理解できんが、結果的にドリルが面白かったから良しだ☆番外編での秋晴の凹み具合と三家の悲劇も楽しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告