中古品:
¥30
お届け日 (配送料: ¥270 ): 9月29日 - 10月2日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 ㈱ L
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古品です。状態はおおむね良好です。あくまで中古品とご理解ください。どうぞよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚─ 公式コミックアンソロジー (ホームコミックス) コミック – 2012/9/28

5つ星のうち2.6 11個の評価

価格
新品 中古品
コミック (紙)
¥30
¥2,888 ¥1

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ ホーム社 (2012/9/28)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2012/9/28
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • コミック ‏ : ‎ 200ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4834231917
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4834231915
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち2.6 11個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.6
星5つ中の2.6
11 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年2月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年11月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2012年10月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年9月28日に日本でレビュー済み
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年10月3日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2012年9月29日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 豪華執筆陣によるお祭りアンソロ本!
ユーザー名: daryuu、日付: 2012年9月29日
実写映画化を記念して集英社より発行された、るろ剣の公式アンソロ本です。
公式だけあって執筆陣が超豪華(商品画像:カスタマーイメージの裏表紙参照)で、拙いσ(・・。の知識でもすぐピンと来る「とらぶるの矢吹先生」「パプワくんの柴田亜美先生」「ミスフルの鈴木信也先生」「太臓の大亜門先生」などなど。
また実際に読んでみると、「あ、この人の絵見たことある」という方が数多くいます。

名作の久方ぶり?初?のアンソロ本ということで、描き手の想いの乗せられた数々の作品を堪能出来ます。
イチオシは、ひとり異彩を放つやまぐちしんじ先生の作品。
墨絵のような濃淡が綺麗で、薫が剣心に子供が出来たことを伝えるというワンシーンを数ページに渡って描いているのですが、その描写の巧みさというか甘さというかころころ変わる薫の表情の可愛さというか、それら全てに作品への愛が滲み出ています。
調べてみたら、元々るろ剣の薄い本を出されている方のようで、巻末の和月先生のインタビューでも触れられていました。
鈴木信也先生のアシ時代のお話は、良くも悪くも大爆笑。
随所に毒が盛ってあるので、変に中の人のイメージを持ちたくない方は読み飛ばしたほうが幸せかもしれません。

さすがに人数が多いので、人によってはページ数少ないorイラストのみだったりするのですが、実写映画化で久方ぶりのるろ剣フィーバーな今の時期に嬉しいお祭り本でした。
アンソロ本ということで読み手の好み次第で当たり外れはあるでしょうけれど、トータルボリュームと中々お目に描かれない描き手の数々を考えると、胸を張ってオススメ出来る1冊だと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年12月19日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告