通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
りゅうおうのおしごと! 5 (GA文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

りゅうおうのおしごと! 5 (GA文庫) 文庫 – 2017/2/14

5つ星のうち 4.7 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 252
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • りゅうおうのおしごと! 5 (GA文庫)
  • +
  • りゅうおうのおしごと! 4 (GA文庫)
  • +
  • りゅうおうのおしごと! 3 (GA文庫)
総額: ¥2,009
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

「アーロハ―♪」
遂に始まった八一の初防衛戦。挑戦者として現れた最強の名人と戦うべく常夏の島を
訪れた八一だったが……なぜか弟子や師匠までついて来てる!? 一門(かぞく)旅行!?
おまけに銀子と夜の街でデート!? そんなんで名人に勝てるのか!?
あいと天衣、そして桂香のマイナビ本戦も始まり、戦いに次ぐ戦いの日々。誰もが傷
つき、疲れ果て、将棋で繋がった絆は将棋のせいでバラバラになりかける。……だが、
「もう離さない。二度と」
一番大切なものに気づいた時、傷ついた竜は再び飛翔する――!!
将棋という名の奇跡に最後の審判が下される、激闘の第5巻!

出版社からのコメント

《このライトノベルがすごい! 2017 文庫部門1位! 》
《シリーズ累計30万部突破! 》
《第28回将棋ペンクラブ大賞優秀賞受賞! 》
《監修は関西若手プロ棋士集団「西遊棋」! 》
《朝日新聞書評欄掲載! 》

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 360ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2017/2/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797390093
  • ISBN-13: 978-4797390094
  • 発売日: 2017/2/14
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,735位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
泣きました。ただただ泣きました。
この巻を読んだのは通学中の電車の中でした。
恐らく周りの人が私を見たら気味悪がっていたかもしれません。私の隣の座席には空いていたにも関わらず、誰も座ろうとしませんでしたし(笑)
それくらい人目を憚らず涙を流していた気がします。ページにポタッと雫が落ちるたびに服で涙を拭い鼻をすすりました。恐らくその様子は相当気持ち悪かったと思います。
ただ、それでも、読むのを止めませんでした。周りにどう思われようとも読み続けました。読み続けて、非常識だろうと歩きながらも読み続けて、そして、学校から帰って自宅近くの駅に着いた時には読み終わっていました。
時間的には6時間ほど。それだけの時間で読み終わった小説は生まれて初めてです。
文章が読みやすいというのもありましたが、これだけ時間を惜しむように夢中になって読んだ本は初めてです。
今までにないくらい重く沈鬱な序盤、その序盤の冷たさを温かく溶かす中盤、そして、何度も何度も感動のあまり涙を流した終盤。
最高でした。
あとがきによると先生はどうやら5巻で終わらせる予定だったようです。
そんな5巻は本当に最終巻だと思えたくらいの感動がありました。折れかけた八一を支える人達の声を見て、立ち上がり戦い続ける八一を見る人達の想いを見て
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
熱い、ただただ熱い!
寝る前に触りだけ読むつもりが、一気に読了していた。
名人との奇跡の一局、気がつけば、腹の底が熱くなるくらい興奮してしまっていて、起床後もその熱量は衰えていない。
子供のころ将棋好きだった影響もあるだろうが、ここまで腹の底が熱くなるのは何年ぶりだろうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ラノベとして最高峰まで行ったのでは。全て書き切らず、観戦記でまとめて、さらに落とす。筆者の構成力が素晴らしい。物語に緩急つけて読みやすく、なお人間というものをデフォルメして描き切った。1〜5までうまく繋がっている。惜しむらくは良かったからこそ、ここで終われば良かったと言われかねない可能性を残してしまったことか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
世の中の将棋関連のお話は、将棋自体の面白さから逃げて、人間物語になってしまい勝ちなのですが、この「りゅうおうのおしごと」は、将棋ならではの、将棋というゲーム自体の面白さをきちんとテーマに入れて、ストーリーを構成してくれています。そのため、ライトノベルならではの脱線は、テーマの本質を壊さず、むしろ、ストーリーを親しみやすいものに味付けしてくれているくらいで、それはそれで面白いです。

真面目に、将棋をテーマに、将棋の面白さを織り込んだ物語は、ひょっとしたら、このシリーズだけではないか(in Japan の話)と、今の私は思っています。軽く読めるので、皆さんにお薦めします。5巻になって、さらに主人公たちの天才ぶりが表現されてきていますね。天才の世界を垣間見られて、たいへんうれしいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
第一巻のレビュー数30を超す35のレビューは
読者の関心の高さを端的に表してると思う。
今回初回の伏線が最後に完全に回収されて
もしこれで最終回なら一番いいのでは?とつい思ってしまう。

人気が出たので今後も続くみたいだけど
多分この巻が一番の出来なのでは?
1 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まさかこんなにも熱い戦いが描かれるとは予想だにしていなかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
1巻から1年後の竜王防衛戦。くしくもリアルでは盤外で話題が大きかった竜王戦ですね。7局を1冊にまとめたのは見事です。確かに勝ち負けはそんなに気にならない。あとがきで「5巻で終わるつもり」とあったように、確かにここで終わってもいいくらいの仕上がりだったように思います。
羽生さんの家庭をもっと取材してほしかった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルの件,ほかにも言及している方がおられましたらおわびします.ほかのレビューをじっくり見ていないので.

この巻の「熱さ」については,みなさん書かれている通りで,全面的に賛同します.

白鳥士郎先生ご自身が,
「熱い。熱い。熱い!」
と,何度も書かれておられます.
私も涙が流れるままとなり,かと思えば,
「頓死上等の変態将棋だ」
等のくだりで大笑いしたり,熱い数時間を過ごさせていただきました.

さて,前巻から登場した観戦記者の「鵠」さん.
この人物だけ,いっさい名前にルビが振ってなく,関西在住で妹(?)がいること以外,性別すら定かではありませんでした.
今巻を読んで,その意外な正体に絶句.
そりゃあルビを振ったら一発でネタバレするもんね.
漢和辞典を引けば判ったことであります.

でもこんなサプライズに遭遇できるなら,腑に落ちないことがあっても,漢和辞典は引かないでおこうかな,とも思っております.

蛇足ながら私は『蒼海ガールズ!』から白鳥士郎先生の本を全部読んでおります.逆に言うと,最初のシリーズ『らじかるエレメンツ』だけ読んでおりません.申し訳ありません.

これからも全部新刊で買います!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー