Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 610

¥ 49の割引 (7%)

ポイント : 27pt (4%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[白鳥 士郎]のりゅうおうのおしごと! (GA文庫)
Kindle App Ad

りゅうおうのおしごと! (GA文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.7 32件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] りゅうおうのおしごと!(GA文庫)の5の第1巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 610
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659 ¥ 162

紙の本の長さ: 312ページ
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え、最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!

玄関を開けると、JSがいた――
「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に
押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
「え? ……弟子? え?」
「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、
八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――

『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え、
最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!
※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

プロ棋士や書店員から絶賛の声、続々!!

軽快な筆致ながら、情熱漲る若き竜王と女流棋士志願のひたむきな少女との交流を通じて、
勝負の厳しさそして将棋の魅力を伝える斬新な作品が誕生したことを嬉しく思う。(加藤一二三九段)

萌えまくる将棋界! 棋士がみんな変態じゃないかー!
弟子をとるなら、素直で可愛い料理のできる小学3年生かなー。
笑いながら読んじゃいました、最高です!!(竹内雄悟四段〈西遊棋〉)

『ライトノベル』というフィールドでは中々扱いが難しい
「将棋」というテーマでこれほどの演出が出来るとは想像以上だった。
緊迫感あふれる対局シーンはもちろん凄いが、笑いあり、感動ありの白鳥先生らしい
エンタメ作品に仕上げているのは見事としか言いようがない。感服です!(アニメイト仙台 遠藤)

出版社からのコメント

プロ棋士や書店員から絶賛の声、続々!!

●軽快な筆致ながら、情熱漲る若き竜王と女流棋士志願のひたむきな少女との交流を通じて、
勝負の厳しさそして将棋の魅力を伝える斬新な作品が誕生したことを嬉しく思う。(加藤一二三九段)

●萌えまくる将棋界! 棋士がみんな変態じゃないかー!
弟子をとるなら、素直で可愛い料理のできる小学3年生かなー。
笑いながら読んじゃいました、最高です!!(竹内雄悟四段〈西遊棋〉)

●ロリ王八一(あ、ちゃうちゃう竜王や)と天才JSあいの笑いと感動のこの物語は
将棋の面白さを感じるだけでなく思考のスピード感が凄い! そして、一気に読んでしまえる作品です。
関西が舞台で、将棋の魅力満載とあっては当然、うちのエリアではめちゃめちゃ押してます! ! (アニメイト三宮 馬郡)

●『ライトノベル』というフィールドでは中々扱いが難しい
「将棋」というテーマでこれほどの演出が出来るとは想像以上だった。
緊迫感あふれる対局シーンはもちろん凄いが、笑いあり、感動ありの白鳥先生らしい
エンタメ作品に仕上げているのは見事としか言いようがない。感服です! (アニメイト仙台 遠藤)

●「ししょうの玉・・・すっごく固い・・・」表紙が女子小学生で1ページ目がコレ。
出版界に激震が走るほどの印刷ミスを目の当たりにしたかと勘違いしてしまう、そんなつかみは必見です!!
全くブレない白鳥士郎先生の新作、是非とも読んでみてください!!(とらのあな 商業誌バイヤー)

●JS弟子は超可愛いくて悶絶必至だし、ほかのキャラクターも個性豊かで飽きがこない。
ぶっ飛んだコメディを繰り広げるかと思えば、リアル知識に裏打ちされた臨場感満載のシリアルな場面も……。
これぞ……白鳥士郎先生です! (ゲーマーズ 末原)

●将棋系幼女の時代到来!? もう、最高すぎておもらしもんですよ!
白鳥先生の紡ぐ安定のギャグと熱い対局、そしてしらび先生の描く美少(幼)女たち。
是非一度、読んで欲しい1冊です! (メロンブックス 服部)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 11471 KB
  • 紙の本の長さ: 222 ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2015/9/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00W4O6BTE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,311位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 将棋界を舞台に、瞬間にして頂点に上り詰めた早熟の天才が、それを超える天才に出会い、天才達の中で生きていく話

 著名な羽生善治に代表されるように、将棋の世界は中学生でプロになる思考の超人が40歳、60歳と年を経ても戦っていくようなリアル『俺TUEEEE!』たちが集う妖怪の世界。そのキャリアのほとんどは小学生低学年以下の年齢から始まる所に着眼し、16歳の頂点タイトルホルダー(でもC2級負け越し中)に9歳のようじょ弟子がつくという、将棋界のありそうなラインギリギリ(アウト)だけを片っ端から集めてきた基礎設定があざとくも面白い。
 中学生デビュー棋士……いる。十代でのタイトル獲得者……いる。小学生内弟子……だった人はいる……等々の事実と定番将棋小ネタ系エピソードを組み合わせ、きちんとライトノベルにまとめています。

 将棋の見せ方は一巻の時点ではライトノベル的で、ほぼ将棋の知識がなくても読める形に落とし込んであり、人と人との勝負、『将棋』より『勝負』の演出を強く押し出しています。そこに小学生らしい、純粋な欲求だけで盤面に向かうヒロインの姿勢と、既にその上の世界で戦っている主人公達の意地や人情が明るく真剣に描かれています。他ライトノベル同素材の『王手桂香取り! 』が棋理を尊び、棋譜が読み取れるような描写を売りにしていたとは趣が違う感じです
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
前から見かけてはいたけど、タイトルがありがちなファンタジーを想起させてスルーしてました(背表紙しか見てなかった)。
例の「このラノベがすごい!」で、あれ?「のうりん」の作者じゃん?と思い、少し興味を持ち(でも、その時も何故かスルー)
後日、本屋で後ろのあらすじ見て「え?」とびっくりし、急いで購入しました。まさか将棋の竜王だったとは・・

いや、評判どおりめっちゃ面白かったです。若干、竜王のキャラが薄いけど(中身まんまコーサクだし(笑)、相変わらず笑わせてくれるし
(冒頭からおっさんの「おしっこ~!」だし・・・)、内容がリアルで説得力があるし(2ちゃん板は、ほんまにこんなのあるの?と思ったけど)、
さすがの取材力+構成力。話の持って行き方も上手い。
これなら1位も納得、と1巻を読んだ時点で思いました。さっそく2巻も注文しましたよ。

まったく将棋わからない人にはきついけど、少しかじったことがある人なら面白いと思うんじゃ?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
史上最速最年少で将棋界最高峰「竜王」になった主人公のもとに、JSの押しかけ弟子、JCの女流二冠の姉弟子、師匠の娘(全員美少女)が集まってチーレム無双…というわけではなく、タイトル奪取後スランプに陥り「クズ竜王」と揶揄される16歳の悩める天才。そこに、竜王戦を見ていた9歳の少女が弟子入り志願をするところから物語が始まります。

「のうりん」の作者らしい緻密な取材とギャグで、将棋ファンならば思わずニヤリとしてしまう小ネタをはさみながら(将棋会館からの放尿や、師弟の裸踊りは残念ながら実話ですw)、村山聖九段の「将棋は頭の良さを競うゲームではなく、心の強さを競うゲーム」という言葉を地で行く、主人公やヒロインの熱い勝負。ライトノベルらしく個性的でありながら、実際にいそうな棋士たち。新手を中二病的に名付けるのもいいと思います。ゴキゲン中飛車や藤井システムがありならば、ライトウィング・ホーリーランスもありかと。

白鳥流変態戦法と王道戦法を織り交ぜた、これからの展開が楽しみです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白かったです
会話も展開もすごく練られているなと感じました
個人的には子供に下ネタ連想させるセリフが邪魔なと思った位で
個性なんで悪くはないですね
ただ作者には失礼なんですが、小説で読むよりは映像化が一番合う作風だと思いました
キャラ付けやセリフはアニメで見たく、小説で読むのがもったいなく感じました
コミカライズもされているのでそっちも読みましたが、やはり小説<漫画<アニメと感じました
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
将棋界のこともよくわかるし、キャラも個性的だしとてもおもしろかったです。
将棋を知らない人には少しわかりにくい点もあると思うので、星は4つ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover