らせん (Blu-ray) がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 T&A商店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯なし】ケースに擦りキズがあります。盤面は概ね良好です。アマゾン配送センターより「送料無料」で迅速に発送されます。(配送業務は全てアマゾンに委託していますので、配送に関するお問い合わせはアマゾンのカスタマーサービスまでお願いします。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

らせん (Blu-ray)

5つ星のうち 2.8 29件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,175より 中古品の出品:5¥ 2,178より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • らせん (Blu-ray)
  • +
  • リング2 [Blu-ray]
  • +
  • リング (Blu-ray)
総額: ¥10,036
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 佐藤浩一, 中谷美紀, 佐伯日菜子, 鶴見辰吾, 松重豊
  • 監督: 飯田譲治
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2012/04/27
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 29件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0074GKM6U
  • EAN: 4988013097261
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 101,436位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

その恐怖は「らせん」につながる。

「貞子3D」劇場公開記念! 「リング」「らせん」初ブルーレイ化!!
(「リング2 ブルーレイ」「リング0~バースデイ~ ブルーレイ」同時リリース! )

「貞子3D」
2012年5月12日(土)全国ロードショー!
あの貞子がついに蘇る…恐怖の超絶3Dショック!
原作:鈴木光司(「エス」角川書店刊)
監督:英勉「ハンサム★スーツ」「高校デビュー」
脚本:藤岡美暢 英 勉
出演:石原さとみ/瀬戸康史/高橋努 染谷将太 高良光莉/山本裕典/田山涼成
配給:角川映画
(C)2012『貞子3D』製作委員会

【ストーリー】
病院の解剖室に送られた男の死体の胃の内容物の中から、数字が羅列された紙切れが発見された。
解剖を担当した医師・安藤満男(佐藤浩市)はその男がかつての同級生だったことを知る。
安藤は、第一発見者の高野舞(中谷美紀)とともに、その謎に挑もうとする中、ある不気味な存在が浮かび上がる。
彼が到着する真理。それは人類進化の扉か、破滅への道なのか…。

【特典映像】
予告編

【スタッフ】
監督・脚本:飯田譲治
原作:鈴木光司「らせん」(角川ホラー文庫)

【キャスト】
佐藤浩一
中谷美紀
佐伯日菜子
鶴見辰吾
松重豊
小木茂光
真田広之

※ローコントラストポジからテレシネしたニューマスター版
※1層DISC/MPEG4-AVC/1080p High Definition
※音声:オリジナル(日本語/6.1ch dts-HD Master Audio サラウンド)
オリジナル(日本語/2ch ドルビーデジタル サラウンド)
字幕:日本語

発売元:角川書店
(C)1998「リング」「らせん」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

鈴木光司原作の大ヒットホラー。医師・安藤は、ある男の死体を解剖し、胃の中から数字の羅列された紙切れを発見する。彼はその死体がかつての同級生だったことを知り、第1発見者の舞と共にその謎に挑むが、そんな中ある不気味な存在が浮かび上がる。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
4タイトル同時発売された『リング』シリーズのBDの中で、この『らせん』だけがオリジナルネガからのテレシネであると
ジャケット裏に書かれている(Amazonの仕様解説文が間違い)。他3タイトルはローコントラストポジからのテレシネなので、
『らせん』だけがより良い原版からマスターを起こした事になる。『リング』や『リング2』等に比べると日中の屋外や
白衣が目立つ病院内の撮影が多い分、コントラストが引き立ってとても綺麗に見えます。
撮影カメラマン立ち合いの元のテレシネ作業という事なので画面の発色には気を使っているのかも。
照明を効果的に使ったナイトシーンや室内セットの撮影も、飯田監督らしいこだわりが感じられる。

 貞子の呪いを腫瘍やウィルスに関連付けた解決編で、オカルティックかつスーパーナチュラルな脚色で恐怖感をあげた『リング』の
続編として観ると、怖さがぐっと激減しているのは確か。観客のそんな反応を察してか制作側も高橋洋脚本と中田秀夫監督の
強力タッグで別の続編を送り出したのだが、公開当時『リング』との2本立てというのは物語の作りも含めて分が悪かったと思う。
素顔が見えないからこそ恐ろしい貞子のキャラに、佐伯日菜子というよく知られた顔を当てはめてしまったのもマイナスかも。
原作
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
この作品、まず評価の前に語らなければならない事が一つ有る。
「リング」の続編では有るが、ジャンルが「ホラー」では無く「SF医学サスペンス」であることである。
これは原作にて「リング」(ミステリーホラー)→「らせん」(SF医学サスペンス)→「ループ」(SFサスペンス) と作品ジャンルが変異した事によるもの。
つまり、ホラー映画の続編としてこの作品を見ると観客は戸惑うことになる。
例えるなら、フランス料理の店に入ったのに出てきたコース料理が和食だったようなものだ。 多分、大抵の客は料理の味云々以前に店に文句を言うだろう。
原作を通して読めば判るが、「ループ」が映画化されていないのは、ある意味で賢明な判断ではある。

原作の映画化という視点では映画「らせん」は映画「リング」より原作に忠実、且つ良質なSF医学サスペンス映画である。
全体の作りは丁寧で、この作品で肝心の心理描写も丁寧かつ気迫が篭っている、静かだが見応えのある作品に仕上がっている。

総論として一原作の映画化としては優秀作であるが、ホラー映画リングの続編としては評価すべきではないのだろう。
原作小説シリーズの(やや反則的ながらも)小説ならでは手法を映画シリーズに取り込むのは無理というものか。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
劇場版一作目の真相を描いた作品であり、本作でビデオの仕組みと貞子の目的が判明します
ただホラー寄りに作られていた前作とは真逆に純粋にSFミステリーに徹した作りになっているので、娯楽作品として期待して観るとかなり肩透かしを受けるかと
ただシリーズの多い中でも「リング」「らせん」が原作に忠実なルートという話なので、原作未読者にはお勧めです

本作は他作品と異なり映像的な恐怖ではなく、世界観による恐怖?が重視されています
ちょっと説明しずらいですが、つまりは分かりやすいホラー映像作品ではないという事です
自分は本作の独特な世界観や後味の決して良くない切ないラストが気に入っているので好きですが、ハマれない人はとことんハマれない、賛否分かれる作品でしょうね
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ホラーというより、科学的なストーリーだと思います。
最初見たときは、内容の意味が全く解りませんでした。
呪いより、遺伝子に深く関係している映画です。
「リング」の続編なので、続きが見たい方は是非買ってみて下さい!
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
「リング」ファンならば分かっている「パラレルワールド」。
何やら貞子ばかりがトップスターにのし上がり(笑)、ついには3Dで登場するに至る
とは、原作者のみならず貞子もビックリだろう。

そもそも中田監督の「リング」はホラー突っ走り作品で、原作に比較的近い「らせん」が
割りを食ったことは否めないところだ。佐藤浩市もどこかの会見で「俺の出た「らせん」は
どこへ行った?」と語っていたのが面白かったが、確かに公開から10年以上経つと
ほぼ「無かったような」扱いを受けている。

しかし、よく考えると「リング」で予知能力があったことを明かしている高山が、
なぜ最後に貞子に襲われることを判らなかったのか?などいくつもの疑問がある。
もともと頭がいいから「ここは殺されておいて、幸いなことに親友に遺伝子学者が
いるので再生しよう」ということを予知・画策したのかも知れない。
そうするとあのビデオに高山が出てくるのも合点がいく。

よって、どんどんアトラクション化していく「貞子リング」の方が確かに面白いが、
個人的には本筋の「リング」「らせん」こそ理にかなった前後篇だと思う。
3作目の「ループ」が未だ映像化されないのは、さらに映像化が難
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック