通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
らいか・デイズ (14) (まんがタイムコミックス... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

らいか・デイズ (14) (まんがタイムコミックス) コミック – 2012/6/7

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • らいか・デイズ (14) (まんがタイムコミックス)
  • +
  • らいか・デイズ (15) (まんがタイムコミックス)
  • +
  • らいか・デイズ (16) (まんがタイムコミックス)
総額: ¥2,007
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 112ページ
  • 出版社: 芳文社 (2012/6/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4832250825
  • ISBN-13: 978-4832250826
  • 発売日: 2012/6/7
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 益々絶好調の「らいか・デイズ」。
 らいかと竹田君が自然体でくっつき出してきて,当人同士も意識しないうちに少しずつお互いの距離が近づいているのがいい。
 二人で電気屋にショッピングしたり,ホワイトデーに竹田君が春菜家の家政婦を勤めたり,温泉旅行を楽しんだり・・・
 二人の微笑ましい交流は羨ましいし,心和むものがある。
 陽子ちゃんやまなみちゃんたちもそれなりにそれぞれの恋を楽しんでいるようだ。
 それにしても,竹田君のこさえた絶品の年越しそば,私も食べてみたい・・・
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ではないでしょうか。思えば多数のキャラが増えましたが、それぞれに物語があり、しかも面白く、続きを読んでみたくなる(今の旬は漫画少年でしょうか)。主人公らいかや竹田君も個性的な面々に挟まれながら存在感が薄れることがありません。これはすごいことだと思います。第1巻発売のころ、連載が打ち切りにならないことを願って2冊購入したのが遠い昔のようです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
そろそろ、どっかで区切りをつけないといけないのかも。そう思い始めた14巻。
しかし「なぜだ。なぜ春菜に勝てないんだ」と膝を付く竹田君に対して、らいか。
「いつも器用に一問だけ間違える方がよっぽど不思議だよ」と屈み込んで顔を寄せる。しかも冷めた目で。
ここ数巻、後半20ページ位を初期の作風に割り振っていますが、飛び道具的面白さは、こちらの方が上かな。

らいかと竹田君の小6ラブストーリーは行くところまで行ってしまったのかも知れません。
財津先生と養護施設の先生の何年目越しかのクリスマス・ラブストーリーも一区切りです。
もちろん十二分に面白いですけれど、「形になっちゃた」のかも知れません。花丸小物語。

ドラマCDを花道に綺麗に幕引きというのもあり得ますし、マンネリズムに安住の地を見出す方向性も高いでしょう。
しかし、近々『らいか・デイズ 中学生編』がスタートする。或いはアニメ化する。
そんな「らいか・デイズ」の「発展的解体」を期待してしまいます。どう転んでも応援し続けますけどね。やっぱり大好きだから。『らいか・デイズ』。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック