Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 550

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[窪美澄]のよるのふくらみ(新潮文庫)
Kindle App Ad

よるのふくらみ(新潮文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 550
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 320 ¥ 86

商品の説明

内容紹介

同じ商店街で幼なじみとして育ったみひろと、圭祐、裕太の兄弟。圭祐と同棲しているみひろは、長い間セックスがないことに悩み、そんな自分に嫌悪感を抱いていた。みひろに惹かれている弟の裕太は、二人がうまくいっていないことに感づいていたが――。抑えきれない衝動、忘れられない記憶、断ち切れない恋情。交錯する三人の想いと、熱を孕んだ欲望とが溶け合う、究極の恋愛小説。

内容(「BOOK」データベースより)

同じ商店街で幼なじみとして育ったみひろと、圭祐、裕太の兄弟。圭祐と同棲しているみひろは、長い間セックスがないことに悩み、そんな自分に嫌悪感を抱いていた。みひろに惹かれている弟の裕太は、二人がうまくいっていないことに感づいていたが―。抑えきれない衝動、忘れられない記憶、断ち切れない恋情。交錯する三人の想いと、熱を孕んだ欲望とが溶け合う、究極の恋愛小説。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 659 KB
  • 紙の本の長さ: 220 ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/10/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XHXBWBS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,003位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 だい 投稿日 2017/5/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
切ないエピソードの重なり合いが一つの物語へと帰結しています。面白いですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とてもおもしろく一気読みでした!

三者三様の考えがあり
自分の中の闇と戦うところは
人間味があり読む手が止まりませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2017/1/15
形式: 文庫
幼馴染のみひろ、圭祐、裕太の三人を中心とした人間関係を描いており全ての短編が最後の「瞬きせよ銀星」につながっている。
みひろと裕太のもどかしい関係がどうなっていくのかが気になって、すぐに読むことができた。

子供から見た大人の世界は、子供にとって残酷な現実を突きつける。
小さなコミュニティだからこそそれが浮き彫りになる。

2017.1.15 読了16冊目
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
なぜか、いつの間にか全ての登場人物に感情移入しながら読んでいました。
自分の中にある黒い部分とかにあえて目を向けない。そんなときってあると思う。それを正当化して表現したり、いつの間にか隠してしまったり。
人間って、本来ものすごく弱い生き物なんだ。一人では生きていけない。だからこそ、人を求めるんだ。
でも、そこにある愛は目に見えないもの。だからこそ、口に出して伝えあったりしていかないといけないんじゃないだろうか。セックスは、つながりに思えるけど、心は全然つながってないことだってある。セックスをしたからといって、許し合えたり愛し合えたりする仲になるわけでなはない。
そこに甘えてはいけない。
マリアさんの言葉が印象的でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover