この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

よみがえる自作朗読の世界~北原白秋、与謝野晶子、堀口大學ほか~

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 4,980より 中古品の出品:4¥ 3,000より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の 朗読 ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2005/9/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: 日本コロムビア
  • 収録時間: 61 分
  • ASIN: B000AHQFA2
  • EAN: 4988001935568
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 361,352位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 思ひ出 / 北原白秋
  2. 汐首岬・邪宗門秘曲 / 北原白秋
  3. トラピストの牛・渚 北原白秋
  4. 鴨 北原白秋
  5. ハムレット生死疑問独白の場 / 坪内逍遥
  6. 源氏物語 / 与謝野晶子
  7. 昨日より / 与謝野晶子
  8. 乃木坂倶楽部・火・沼沢地方 / 萩原朔太郎
  9. こころ・足羽川 / 室生犀星
  10. 旅・建設・客人 / 川路柳虹
  11. ゆふされば / 斎藤茂吉
  12. ほのかにも / 釈 迢空
  13. 落花の雪 / 土岐善麿
  14. 中辺路懐古 / 高浜虚子
  15. 塔影 / 河井酔茗
  16. 秋の夕・気候・キュピドの矢 / 堀口大學
  17. 寧楽の第一夜 / 西條八十

商品の説明

メディア掲載レビューほか

与謝野晶子、萩原朔太郎、室生犀星、斎藤茂吉、北原白秋他、日本文学史に名を残した文豪達の肉声によって収録された朗読アルバム。昭和12~13年に録音されたSP盤からの復刻作品。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 むかし(30年くらい前だったか)、レコード時代にコロムビアより、ほぼ同じ布陣で2枚組朗読復刻がでたことがありました。与謝野晶子のほとんど巫女さんのような神がかった朗読の迫力や、白秋の独特の間合いの取り方、斎藤茂吉の、東北なまりの訥々とした朗読、萩原朔太郎の鬼気迫る声・・・など、そのときにはじめて聞き、98年CD化されたときは本当に嬉しかったです。
 ただ、そのとき残念だったのは、レコードのときには収録されていた、坪内逍遙自身の訳・朗読による「ハムレット」一節が収録されていないと言うことでした。
 逍遙は、いま流行りの日本語の朗読について、文学者として最初に本格的に朗読法を研究したひとでしたし、明治末には、その玄人の歌舞伎役者を思わせる声色で、早稲田の授業に出席していた正宗白鳥や近松秋江などを魅了してしまったひとでした。その、伝説の声色がここに復活している!という、かつてレコードを聴いたときの興奮を思い出すにつけ、それを省略してしまっているCD版への不満はいかんともしがたかったのですが、30年ぶりに、(オリジナルからすれば70年以上にはなるでしょうか)ついに、出るんですね!
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
北原白秋の読む擬音語がおもしろい。

  『神父さん』トントン。
  『神父さん』トントン。
  『神父さん』トントン。
  『神父さん』トントン。
  『神父さん』トントン。
  『神父さん』トントン。
  『神父さん』トントン。
  『副院長さん』トントントン。
  『副院長さん』トン。

ハムレットの恋人オフィリアの台詞を、まるで歌舞伎の女形の声色(こわいろ)そのままの調子で読む坪内逍遥も、じつに興味深い。

与謝野晶子の朗読が、期待に反して、おそろしく一本調子だったのには驚いた。声の上げ下げの場所が、どの歌も全部おなじなのだ。短歌の詠み方には、古くから独特の慣習があって、その枠から外れるわけにいかないのだろうか。

萩原朔太郎の朗読は、棒読みそのものだった。ところどころ、読み落としている語句さえある。

ふと思った。こんにち私たちが、朗読の典型的イメージとして想起する、NHKのアナウンサーやベテラン俳優の、あの声の調子は、比較的最近になって確立した、一種の様式なのだろうか?

今日ちまたでは、ポエトリー・リーディングとか「詩のボクシング」など、従来の詩の朗読の枠を越えて、ライブ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
北原白秋、与謝野晶子の肉声を聞く事ができる素晴らしい資料だと思います。作家本人の言葉のイメージを知る上でたいへん参考になりました。またどの作家も味わい深く、たいへん楽しめました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック