通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
よつばと! 9 (電撃コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よつばと! 9 (電撃コミックス) コミックス – 2009/11/27

5つ星のうち 4.4 74件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • よつばと!  9 (電撃コミックス)
  • +
  • よつばと! 10 (電撃コミックス)
  • +
  • よつばと! 8 (電撃コミックス)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2009/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048682474
  • ISBN-13: 978-4048682473
  • 発売日: 2009/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
孫の10歳の誕生日のお祝いに購入。
シリーズですが、買ってないシリーズがありましたので、孫の希望により購入致しました。大変喜んでおりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「よつばとジュラルミン」 における、『ぎゅっとしやすさ』を基準とした
ゲリーベラ(テディベア)の選び方に、よつば独特の、そして彼女にとっては
理にかなった行動原理を窺い知ることができます。
また、ジュラルミンと初めて対峙した恵那がよつばに謝る一方、
何も気にしていないよつばという、ちょっとした温度差を切り取る作者のセンスに
思わず唸ってしまいました。

「よつばとやきにく」では、以前はやられっぱなしであったやんだ(安田)に対し、
ジュラルミンをうまく使うなどしていじるという、一矢報いるよつばの姿を
見ることができます。

また、「よつばとききゅう」および「よつばとそら」における気球の描写が圧巻。
そしてジュラルミンが起こしたまあまあな奇跡に思わずクスリとしてしまいます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1巻あたりのよつばは、無邪気な野生児でゲラゲラ笑えるような可愛さだったんだけど、
最近のよつばは、子供らしい生意気さや、女の子らしさも見え隠れしてきて、人間味が増したように思います。
なお、個人的に好きなのは、気球に行く話で、とーちゃんが参加するまでの流れです。
距離感0で誰とでも接する事ができるよつばと違って、とーちゃん達は大人になるほど、距離の保ち方も意識しています。
風香の一言で、その均衡を崩す事になるわけですが、繊細な空気が実に巧みに表現されていると思いました。
丁寧なのは作画だけではなくて、こういう所作の一つ一つがいちいちリアリティに感じて脱帽させられます。
あずまきよひこの、生きたキャラクターの表現はどんどん磨きがかかってきてますね。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 momo 投稿日 2010/1/11
形式: コミック
とてもよかった。1巻からの中でも特に好きな一冊になった。

8巻では派手な行事設定が多く、もう日常ではネタが見つけられないのかな、と残念に感じていたが、この巻でふたたび小さな日常に視点が戻った。
特に好きなのは、気球を見に行く事が決まるまでのやりとり。実際の生活ってこういうものだと思う。小さな予定一つとってもそれが成立する過程の中にすら、いろんな情景や、会話や、より小さな出来事や、笑えるエピソードやらがつまっているもの。小さい子供のいる生活は特にそうだと思う。
お出かけの約束をとりつける,ただその事だけで1章分の話が描けてしまう、この人はやはりすごい。

ついでに一言。「子供が面白いと言わないので,評価しない」というレビューが見られるが、掲載誌からして想定される読者は子供ではないはずなので、その批判は的外れではないだろうか。
焼き肉でのやりとりなど、面白さは子供には分からないだろう。大人の言葉遊び。子供向けの絵本を描いている訳ではないのだから、もちろんありだと思うし、個人的にここはかなり面白かった。たとえば、飲み物注文シーンの、やんだ→ジャンボ→とうちゃん、に受け継がれる台詞の自然な流れ、ジャンボの視線が「お前はどうする?」的にとうちゃんの方に向けられているところなど、細部まで空気が感じられ読んでいて心地よい。またもや次が待ちきれない。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ストーリーとしては登場人物になにが起こるわけもなく、
大きな展開も何もないわけなのに、
毎回毎回ものすごく満足度が高いです。
よつばのいる世界は日常にとってもありそうで、なさそうな世界なのに、
すぐそこにいそうな気がしていやされます。。。
彼らのなにげない会話に思わず笑ってしまい、
あーおなかいっぱい!って感じで読み終わります。
続きが気になるわけでもなく、
でも、続きの巻が楽しみなふしぎな作品。

ジェラルミンが「ザンっ」ってたったところで大爆笑!!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 5歳の女の子よつばの日常をおっとりと描いたギャグまんが。
 この巻では
「予定を立てる」
「はじめてぬいぐるみを買ってもらう」
「とーちゃんのつくったコーヒー」
「焼肉屋さんにいく」
「気球の大会を見学」
といったお話が載っています。

 夢でお菓子をとーちゃんに食べられて泣いたり
 コーヒーをご馳走しようとマグカップで持ち歩きこぼしてしまい泣き出したり
といった場面のよつばちゃんの表情が秀逸で可愛いです。
 気球をはじめてみて感動する場面や、見飽きて土手の草すべりの方が面白くなって夢中になっている様子が子どもらしくて見ていていっしょに楽しくなります。

 白黒の画面なのに、色とりどりの気球が青空に上がっていく様子が見えるような風景と、目を輝かせて仰ぎ見る子ども達の表情がとても素敵。

 実際この年の子こういうことをするんだよね。といった
動作や出来事が切り取ってあり、確かな作画とあいまって現実感があるお話になっていて楽しいです。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー