通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
よつばと! 8 (電撃コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よつばと! 8 (電撃コミックス) コミックス – 2008/8/27

5つ星のうち 4.9 52件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • よつばと! 8 (電撃コミックス)
  • +
  • よつばと!  9 (電撃コミックス)
  • +
  • よつばと! 10 (電撃コミックス)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

The ranch wasn't fun, huh? But maybe festivals will be less funner?! (Yotsuba's playing opposites, ha-ha!) Yotsuba got uninvited to Fuuka's school for a culr...a clart...a cultural festival! And she didn't promise Yotsuba there wouldn't be CAKE! Yotsuba doesn't want a cake as biiiiiig as Jumbo, nope!! You wouldn't either, now would you?! Ohhh! And then, and then! There ISN'T gonna be a great big festival for the whole town to go to! And Yotsuba isn't gonna work hard and help out there with Ena and Fuuka, nuh-uh! Not even for candy, nooooo way! --このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。

著者について

Kiyohiko Azuma is the bestselling creator of AZUMANGA DAIOH and the critically acclaimed YOTSUBA&! which won the Excellence Prize in the manga category at the Japan Media Arts Festival in 2006. The series was also nominated for an Eisner Award in the U.S. in 2008 and has been a regular New York Times bestseller. --このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。


登録情報

  • コミック: 214ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2008/8/27)
  • ISBN-10: 4048671510
  • ISBN-13: 978-4048671514
  • 発売日: 2008/8/27
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ハシビロコウ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/8/30
形式: コミック
今回は凄く名シーンが多いような。個人的に98、99ページが大好きです。
後半に向けてキャラ総出演してきて知らないうちに連載が終わってたのか?
とちょっと不安になりましたが大丈夫でした。
なんというか、昔はケータイなんか持って無くて、雨降ってきて傘が無いなら
ずぶ濡れになりながらダッシュで帰ってみたり、小学生の時は風が強い日には
傘で飛べるんじゃねーかとわさわさして遊んでみたり。
古い事を思い出してしまいました。
今はケータイ濡れると困るからコンビニで傘を買ったり保護しながら歩いたり、
風が強い日は髪形が崩れてうざったいと思うだけだったり。
色々変化してしまったんだなと、なんだか切なくなりました。大人になるって
そんなものかもしれませんが。
どんぐりが見つけられないとーちゃんが屈み込んで見ると見つける事が
出来る、ちょっとしたことで世界って違うものです。

登場人物、大人から子供まで、みんな一様に「こども」してます。
子供は外で携帯ゲーム機で遊び、大人は子供そっちのけでメールに興じる
現代によつばとにリアリティなんかきっと無いけれど、確かに記憶のどこかに
リンクする大事なものが散りばめられてると思います。
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「よつばと文化祭」で、風香の高校を訪れることになったよつば。幼い頃に訪れた高校の文化祭は、
自分にできないことをやってのける高校生たちの姿とイベントの数々に圧倒されたものだが、
十数年後、いざ自分が高校生になると、企画のあまりのショボさや、
地球上に著作権法と言う法律があることを知らないイラストや飾りつけの数々にがっかりしてしまったことを思い出す。
「よつばとたいふう」は、子どもの頃、大雨が降ると変にテンションが高くなったことを思い出させてくれる。
二十年以上前、当時住んでいた地域はまだ完全な水害対策が取られておらず、不謹慎ながら、
目の前の道が川のようになっている様に思わずはしゃいでしまったものだった。
「よつばとるすばん」におけるジャンボのあさぎととらの関係についての誤解そして肩車(吉田戦車『伝染るんです。』の
「下の人などいない」を連想させます)には純粋な可笑しさを感じます。
「よつばとおまつり」は、おかしという子どもならではの不純さとともに、如何にして子どもが地域のことを知り、
繋がりを築いていくかを描いた良作。
「よつばとどんぐり」では、おまつりという非日常から日常の生活に戻ったよつばが、
秋を感じながらどんぐりひろいに夢中になるおはなし。おそらく「せい
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
11ヶ月ぶりとなるよつばと!の第8巻、待ちに待ちました。
早速読んでみるとすぐに広がるよつばの世界。

「あべこべ」の話ではくすっと笑ったり、
「どんぐり」の話では思わず頷いたり、
子供の視点を大人が見ると、なんでもないことがこんなにも面白いんですね。

6巻までは花火や海水浴など「夏!」というイベントが多かったけど、
7巻で季節の移り変わりを、
この8巻では秋を感じさせる内容がそこかしこにちりばめられています。

登場人物の服装とかにも秋を感じさせるものがあり、
時間が過ぎてゆくんだなぁと感慨深く思いました。

とは言ってもよつばは相変わらず半そで半ズボンで走り回ります。
(とうちゃんも半そでトランクスで頑張っています。)

季節は移り変わってもよつばは何も変わらない。
「今日が一番楽しい日」をよつばにはいつまでも続けて欲しいですね。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ようやく出ましたね。
個人的によつばと!は読んでいる漫画のなかでも特に楽しみにしています。

よつばと!は1巻から巻を重ねるごとに絵柄の変化が大きくなってきています。
あずまきよひこ先生本人いわく、「6巻からちょっと新しい方向に入り、7巻でそれをちょっと進化させ、8巻ではその路線を徹底化しているところです。」という旨のことを本人のblogにて仰っていました。
では、何が変わったかというと、簡単に言えば、背景の細かさに変化が出てきています。

ここからは先生のコメントを踏まえた上で、すべて個人的な見解です。
1巻では、人物と背景の線の濃さ(?)が同じでした。
これはいわゆる非現実の世界の形だと思います。
しかし、8巻では、人物より背景のほうが薄く、細く書かれています。
これは、生きているものを無機的なものがはっきりと分けられている、いわば現実の世界の形に近いものだと思います。
もしも、絵にリアリティを求めるのであれば、有機的なものと無機的なものを分ける必要があります。
よつばと!1巻の世界も8巻の世界も絵の中の世界に過ぎず、非現実の世界です。
しかし、人物を背景よりも強く表現することで8巻は非現実の世界の中にリアリティが生まれている、と自分は思い
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー