通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
よつばと! (13) (電撃コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よつばと! (13) (電撃コミックス) コミックス – 2015/11/27

5つ星のうち 4.5 167件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • よつばと! (13) (電撃コミックス)
  • +
  • よつばと! 12 (電撃コミックス)
  • +
  • よつばと! 11 (電撃コミックス)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

お待たせしました! 2年半ぶりとなる「よつばと! 」待望の最新13巻が登場。ばーちゃんが小岩井家に遊びにやってきて、よつばは大喜び!


登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048655949
  • ISBN-13: 978-4048655941
  • 発売日: 2015/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 167件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
大好きなよつばと!
絵柄がパッと見、今流行りのヲタ系?ぽい絵柄だなと敬遠してたのですが、読んでみたらドはまり
感動、笑い、癒しありの素晴らしい作品でした。
今では一番好きな漫画です。
新刊楽しみにしています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
第20回手塚治虫文化大賞を受賞した作品なので、読んでみた。2003年から「月刊コミック電撃大王」(KADOKAWA)連載。ある町に「とーちゃん」と引っ越してきた5歳の元気な女の子「よつば」の日常を丁寧に描いている。

連載14年経っているし、13巻でているのだけど、まだ7月の初めから11月の初めぐらいまでしか経っていない。でも、全然不自然じゃない。12巻目にしてよつばは「ここ(公園)はむかしふーかと遊んだところだ」という。彼女にとっては一ヶ月前がとてつもなく昔なのだ。それは読者にとっても実質4ー5年前だったりする。

彼女にとっては、毎日が発見と学びと遊びの日々で、お父さん(どうやら未婚独身で孤児?のよつばを引き取って暮らしている雰囲気がある)の家宅の仕事にちょっかい出しながらも、キチンと毎日成長しているのがわかる。お父さんの友達ジャンボと隣の三人姉妹とそれぞれの友達とも、祭りをしたり、キャンプに行ったり、気球を見たり、いっぱい面白いことをやっている。

私もよつばちゃんみたいな女の子を(いい意味で)拾いたい。お父さんみたいな絶妙な距離で、自由に、けれどもギリギリのところでは厳しく、育てたい、育てられたい。

13巻分一気によんで、久しぶりに声を出して笑ったり、癒されたりした。堂々たる手塚治虫漫画大賞である。

2016年7月読了
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
久々に新刊が出たので1巻から読み返しました。

絵も、キャラクターの描写も、巻ごとに
どんどん変わっていることを改めて実感。
しかし、それも含めて面白い。

はじめの頃のよつばちゃんは、性別不詳の
勢いは凄いけれど、ぼやーっとした「幼児」

しかし、途中からは明らかに「女の子」に。
隣の三姉妹の影響も大きいのでしょうが
そもそもの思考や嗜好が女の子らしくなってきて
この13巻では「少女になりかけ」の空気すら
感じます。まだまだ「子供」だけれども。

つくづく「ああ、この子、そろそろ小学生だ」
と、思うものがありました。

よつばちゃんの「プリキュア」という俗っぽい一言は
なかなか衝撃で、1ヶ月見ない間に、キャラ物に
全く興味のなかった姪がいきなり「ハム太郎」にハマり
彼女がヒロインのおままごと(ただしハムスター)を
強要された時の驚きを思い出しました。
「あなた、こんなんだったっけ?」

このくらいの年頃、幼稚園で言えば年中さんと
年長さんはまるで違う。同じ年長さんでも
早生まれの子とそうでない子でも違う。
...続きを読む ›
コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
世界が よつばに合わせて広がってゆく
それに連れて 重要性が変わってゆく人も出てきたり 今までとは接し方にも変化がでたり
その辺りを 恐ろしく丁寧に描いている気がしました
永遠の幼少期 のような居心地の良さがこの作品の拠り所かと思っていましたが そんな型通りの期待を超えて展開しようとする作者の凄みを感じました
作者にとっても 途方もない挑戦だったのかもしれません 今まで築いたものを 絶妙のバランスで前進させる手腕に圧倒されました
これからも成長してゆくよつばの姿が見えた 記念碑的な巻なのではないか と思いました
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
よつばとの続編ではありますが、自分が好むよつばとではなくなった印象です。
この漫画によつばの可愛さや、擬似的に父親になる快感を求めているかたは、
おそらく継続して楽しめると思いますが、世界観であったり、デザイン的なところに魅力を
感じていた方にとっては、違和感を感じると思います。
まず、全体的に描画が雑になりました。
というよりは、推測ですが、優秀なアシスタントが抜けたことで本来の絵柄に戻った
という感じでしょうか。
線は太く、かつてのしなやかなで繊細な線ではなくなりました。
ところどころ手を抜いた箇所も見受けられるのも残念です。
(あえて抜いているかのかもしれませんが私には手抜きに見えてしまいます。)
また、キャラクターの絵柄も前巻までの洗練されたデザインではなくなり、野暮ったい感じです。

画面の設計も以前までの、よつばが住んでいる町の奥行きのようなものが消えたような
印象を受けました。これは背景の美術が大味になったのと、今巻では引いた絵柄が減った
からなのかな。これもスタッフが抜けたことで、余裕がなくなったのかな。

お話も悪い意味で子供をあやすような、もともとそんな気はありましたけど、
変な臭みを感じました
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー