通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
よつばと! 12 (電撃コミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よつばと! 12 (電撃コミックス) コミックス – 2013/3/9

5つ星のうち 4.8 161件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • よつばと! 12 (電撃コミックス)
  • +
  • よつばと! (13) (電撃コミックス)
  • +
  • よつばと! 11 (電撃コミックス)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 201ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/3/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048913522
  • ISBN-13: 978-4048913522
  • 発売日: 2013/3/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 161件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
電撃大王、11月号本誌にてアナウンスされました。

まあ、来年の11月ということは無いと思いますが、
長いこと待ったのでちょっとだけ疑心暗鬼だったり
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今巻もすごくいいですね。

よつばのように、日常のささいなことに目をむけ、全力で楽しめる子どもって実はなかなかいない。
「よつばは最強だ」
っていう一巻の父ちゃんの言葉は、けっして嘘じゃない。
でも、そんなよつばを育てているのは、父ちゃんの力なんだと思う。

今回好きなエピソードは、下駄箱から偶然発見したペンキで机をぬっちゃうところ。
夢中でやってるうちに、部屋も体もペンキまみれになるんだけれど、本当にこんなことされたら、その掃除の大変さに私なら子どもをどなりつけるだろうと思う。
そして、ずーっと、怒り狂い子どもに文句をいいながら、掃除をすると思う。
けれど、父ちゃんはちがう。
父ちゃんはよつばをどなりつけたりしない。
はじめ茫然とし、あまりのことにその後笑い出す。そして、ちょっとよつばを困らせる。
まったく怒っていないわけではなく、「こんちくしょーめんどくさいことしやがって」と思いながらも最後にはそれを楽しんでいるというところがすごくいい。
二人で魔法の水をつかって掃除するときに、一つだけ足あとを残すところもすてきだ。
ああ、私もこんな親になりたい。っていっつもとうちゃんにあこがれてます。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
楽しくって、泣けて、儚くて、胸がいっぱいになりました。
いつか、きっとよつばに会えなくなる。だから今のよつばが愛おしいのかな。

この作品は本当に漫画といっていいのだろうか。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DUNE トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/3/14
形式: コミック Amazonで購入
とーちゃんの包容力とジャンボの経験値とやんだのコミュ力
3人揃うと無敵すぎてかないません
そんな3人がこどもが寝静まった後ビールを飲みながら
湖畔でどんな話をするんだろうと考えたりしました
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
「よつばと」は幸せ、そのものです。
フランス人の私は読む度に、元気が出ます。
まだ知らない人にお勧めです。
コメント 176人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Agnes 投稿日 2014/2/20
形式: コミック Amazonで購入
いつものかわいい冒険をするよつばちゃん、今回も魅力的に成功しました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
大好きな作品ですが12巻は雰囲気が静かすぎ、落ち着きすぎ、ノスタルジックすぎ、で少し怖いです。特にキャンプ。これが〃秋〃という独特の空気感の演出だとしたら、本当に素晴らしい技術。

よつばとはジーパンの生地も手書き。スカートのチェックも。木の肌も、葉も。これはアシスタントがやってるんですかね?写実的で凝っていて凄いよね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
今回は今までと少し趣を変え、冒頭にアバンタイトルを入れることにより、読者によつばがこれから経験するであろう
出来事に一種の期待感を抱かせてくれると同時に、その期待感を裏切ることの無い活躍(?)をしてくれます。
タイトルの通り、珍しい組み合わせである「よつばととら」は、虎子のよつばに対する接し方に戸惑いを覚える様子が
うまく描かれいます。
「よつばとあおいろ」において、養生なしに勝手にテーブルを青く塗ってしまったよつばに対し、
とーちゃんは激昂するのではなく、青く汚れてしまったよつばの手をすぐに洗い落とさないという、
違った形のペナルティを課すくだりに思わず唸ってしまいました。
また、「よつばとヘルメット」における『むささびはほしみたいにとぶ』
『よつばもくらげがじょうずにつくれるおとなになるー』というよつばの言葉に、コマとコマの間
(小説でいうところの『行間』)を読むことができるところがすごい。
最後の『よつばとキャンプ』は、よつばに嫌われているやんだが、彼なりに子どもたちを楽しませようとしたり、
子どもたちだけにしないようさりげなく行動を共にするなど、大人としての側面をしっかり見せていることが印象的でした。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ama 投稿日 2013/3/9
形式: コミック
よつばと!の魅力はなんてことない日常の中の機微の積み重ねの上にお話が成り立っている事にあるように思う。殆ど時間をスキップせずに毎日の出来事を描いているのでそれが解りやすい。12巻でいうと、さいしょの話でよつばがとらにリボンの結び方を教わるのだけど、次の話になると家のあちこちに結ばれたリボンがあったりなどする。新しい何かを体験するたびに「今日」が昨日より少しだけ広がっている。そんな、大人になると忘れてしまいがちなことを思い起こさせてくれるのが、とてもいい。本巻のさいごのシーンは、いまこのときが過ぎ去っていくのだという儚さも感じさせてしまう。これが最終回でもいいのではないかと思わせるほどの名シーンだ。けれど、やはり自分はとーちゃんがよつばを引き取ったいきさつなども読んでみたいと思うのだ。この物語の続きを、この後も見届けていきたい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー