通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
よちよち文藝部 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よちよち文藝部 コミック – 2012/10

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,026
¥ 1,026 ¥ 49

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • よちよち文藝部
  • +
  • 教科書では教えてくれない日本文学のススメ (楽しく学べる学研コミックエッセイ)
総額: ¥2,106
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (コミック)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

文学初心者の番子さんを部長に、日本文学・文豪の故きをテキトーに温ね、新しきを知ったかぶるよちよち文藝部、略して「よち文」の活動をエッセイ漫画に。太宰、漱石、中也、賢治、谷崎…といった超有名文豪とその作品の魅力や驚きのトリビアを、番子部長と担当部員が語り倒します! 「この文豪、結婚してたの!?」「主人公の名前がエロ老人!?」「れもんっていうよりバナナって顔よね~」などなど、学びながらも爆笑できる新しい文藝コミックエッセイです! 描き下ろし1コマも多数収録。

内容(「BOOK」データベースより)

読んでなくても大丈夫!名前しか知らない超有名文豪と名作を知ったかぶれる文藝コミックエッセイ。太宰、漱石、谷崎など文豪と名作の魅力を、よちよちした取材と緻密な妄想で語り倒します。文学を学びながらも大爆笑。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • コミック: 159ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163757503
  • ISBN-13: 978-4163757506
  • 発売日: 2012/10
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 みたか VINE メンバー 投稿日 2012/10/28
形式: コミック
 非常に面白い漫画ですが、帯の文句を書いた編集者は大失敗。
 この帯のせいで本の評価は落ちるだろうし、本来この本を読んで欲しい人に本が届かないことになりそうです。
「読んでなくても大丈夫!」と書いてあるのです。
 が、この漫画は(取りあげられた文豪達の名作を)読んでいるからこそ面白いという内容なのです。

 今、名作と言われる文学作品を、読まずに知ったふりができるように、数ページで内容全部がわかるようにした本、あらすじを駆け足でたどるように漫画にした本などが多く出版され、とてもよく売れています。
 忙しい現代人には、じっくり本を読む時間はなく、しかしお受験馴れして知識の質ではなく量だけを競い合うことに熱心となったため、文学を楽しむのではなく、まるで受験勉強のように要領良く知ることばかりを求めるようになったせいでしょう。
 だから、こんな酷い帯がつけられたのかも。
 しかしこの漫画を読んで名作のあらすじはわかりませんし、そもそも名作のあらすじを紹介することを目的にした漫画ではないのです。

 これは、教科書や、学校の図書館で読んだ、いわゆる名作の、ちょっと「あれ?」と思うようなポイントについて、ともに、「あれって、ちょっと変じゃね?」と言い合って愉しむ漫画です。
 愛すべき知
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「暴れん坊本屋さん」で旬の漫画家さんとなった久世番子さんの最新刊です。
「別冊文芸春秋」で連載時、番子さんのブログで、ちょこっと画像が出るたびに、「これ、コミックにならないかな〜」と思っていましたが、本日発見し、購入。
「暴れん坊〜」同様、いや、それ以上に笑わせていただきました(笑)。

夏目漱石、森鴎外、中島敦…一度は聞いたことのある、日本の文豪が総出演。
それが現代の文化(でいいのかな?)になりつつ、紹介されてます。
「坊っちゃんがつぶやいたら、mixi炎上」、「あの名作がゲームソフトになったら」、「梶井基次郎さんの「かぢい散歩」」などなど…。
久世ワールド炸裂で、爆笑の嵐です!
それでも、作家の生き方・信念がどうだったかとかは、きちんと伝わるので(漫画の最後に、出てきた作家の経歴なども描かれてます)、ここから興味の湧いた作品を原文で読んでみるのもいいんじゃないでしょうか。

私のお勧め(というかツボ)は「舞姫」の回と、上にも書いた「名作ゲーム」の回ですね。
最後に出た菊池寛の「恩讐の彼方に」ゲーム、最高すぎます(笑)!
逆にちょっと気になったのが、恋愛ゲームで出た三島由紀夫の「潮騒」で「人が死なないゲームやらせてください」とありましたが、あの話は、人が死ぬ場
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
パロディでは全くなく。
かといって詳しく文学作品の批評をしているようでも全くなく。
芸人なみの切り口で「めった斬り」されているコミックでした!!!
「坊ちゃん」ではミクシィ炎上展開になり。
中原中也に限っては、実物と顔写真が別人みたいだということで、黒目のパーセンテージを語り。
志賀直哉の「小僧の神様」が小僧の神様の神様の神様の……という結末をつくり。
芥川にいたっては三点リーダの使い方講座のようで(笑)
無駄に使っていると思われつつあった「……」は不安漂わす意味合いらしく。
楽しいです。
桜桃忌に集まる人達の様子を初めて知りました。
熱いやらなにやらですね。身の上話会になってしまうとは……。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
古典になりつつある日本文学の代表的な作家と代表作を、面白おかしく、でも作家と作品への一定の敬意をもってコミカルに描いたエッセイコミックです。これを機に、読んでいなかった雪国を読んで、ノーベル文学賞をとった作家の代表作なのに、小学校や中学校などの教育で殆ど取り上げられていない理由がよくわかりました。笑

同時に、鉄板エッセイコミックの暴れん坊本屋さん、も新しく上下版で出版されたようですね。そちらは旧版しか読んでいませんが、身近な本屋さんへの愛が深まる良い作品ですのでそちらもオススメです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック