通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【ほぼ新品】美品 [きれいな状態です。] ※通常、通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり 単行本 – 2007/10/4

5つ星のうち 4.0 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853 ¥ 54
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり
  • +
  • 愛がなくても喰ってゆけます。
  • +
  • こどもの体温/彼は花園で夢を見る (白泉社文庫 よ 4-7)
総額: ¥2,966
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

語れども語れども……
マンガ界の名手・よしながふみ、待望の初対談集!
対談相手は、やまだないと、福田里香、三浦しをん、こだか和麻、羽海野チカ、志村貴子、萩尾望都の豪華7名!!!


『西洋骨董洋菓子店』『大奥』などのヒット作でますます注目が集まり、青年誌・女性誌ともに大活躍中のマンガ家、よしながふみが、リスペクトする作家たちと繰り広げる、ファン垂涎のマンガ・トーク・マラソン。
創作秘話から、表現論、男女論、マンガヒストリー、個人的な萌え話まで……爆笑&含蓄&貴重なお話満載!名言連発!
楽しくてためになる、大好きなおしゃべりの時間です――。

内容(「BOOK」データベースより)

語れども語れども…マンガ界の名手よしながふみ、待望の初対談集!!爆笑&含蓄&貴重なお話満載、ファン垂涎のマンガ・トーク。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 太田出版; 1版 (2007/10/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477831087X
  • ISBN-13: 978-4778310875
  • 発売日: 2007/10/4
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 235,237位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
個人的にはこだか和麻と三浦しをんの話にバカ受けしました。
マンガ評論っぽいものから、BLとジェンダーとフェミニズムから、
よしながが個人的に好きな作家さんへの愛の告白など、
さすがに興味のあるものとないものの落差が凄いんですが、
対談をしている作家さんが好きな方なら面白いと思います。
少し内容をかい摘んでみますと、

メディアミックスの裏側。
少女マンガと少年マンガの違い。
JUNEとBLの違い。
正しき(?)“やおい”の定義。
『女のエロ本』はなぜ悪いか。
非オタクとオタクの決定的な違い。
女性ならではの、BLでなければならない意味。
男の対等な立場+紆余曲折+妄想=ご褒美の法則。
同人誌と商業誌の違い。
少女漫画、女性向け漫画に嵌れないわけ。
ダメダメ人間の真髄とその受け皿。

オールBLという内容ではありませんが、やっぱり随所に散りばめられています(笑
少女マンガへの愛と洞察が半端ではありません。
よしながふみの作品は観客席から観て居たい…という方にはお勧めしません。
結構、裏舞台が書いてあります。その信念と志は素晴らしいと思いますが。
脳みその皮が
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こぶ平 投稿日 2013/8/19
形式: 単行本 Amazonで購入
自分は長年少女漫画も読んできた漫画読みだから、
少女漫画には男には理解できないこともある、ってのはとても納得できる。
でもよしながさんや三浦しをんさんなどは、
自分が少年漫画を理解できてないことがあるかもしれないっていう可能性はまったく考えてない。
少女漫画は複雑だけど少年漫画は単純だと、信じて疑いない。
女は抑圧されてるけど、男はそれが無いっていうのも実に一方的。
男には男の、女性とは全く違う抑圧があるのに。
とても興味深い所も多々あったので、☆三つで。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 u猫 VINE メンバー 投稿日 2007/11/28
形式: 単行本
いやあ、大昔、漫画好きの友達が周囲にたくさんいた頃のおしゃべりを思い出しました。
よしながふみさんをはじめ、登場するみなさん全てが、ハイレベルな女子向け漫画論を語り合っているのですが、中学生や高校生の頃は友達とこういう話し、してたなあ・・・
大人になって、自分と同じように真剣に漫画を読み続ける友達がどんどん減っているのが現実です。
しかし、この本の中には、あの頃同様、熱く漫画について語っている同年代の女子達がたくさんいて、久々に友達と熱い漫画論を語る気分になりました。
特に、「そうなんだよ!」と声を大にして同意したくなったのが、「男性が語る少女漫画論に違和感があった」というくだり。
夜中、ベッドで読んでいたのに、「そうだよ!」と叫びましたよ(笑)。
決して万人向けの本ではありませんが、少女漫画を読み続けているいい大人の女が読んだら、間違いなくニコニコできる、そういう楽しさがある一冊です。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『大奥』を読んでクラクラしていたので、これも読んでみました。
対談者の萩尾望都さんと羽海野チカさんは個人的に敬愛してやまない作家であるというの
もあります。

羽海野チカさんとの対談は、原作者ゆえの葛藤と喜びについて深く語り合っており、自分
のような素人にはちょっとキツメかもですが、対談冒頭の二人の馴れ初めについては、そ
れこそ「ほほう」と感じ入りました。ここは、是非現物のご一読をおススメします。それ
から、様々な組み合わせをあげていくやおい談義は達人同士の立会のよう。

萩尾望都さんとの対談は、冒頭の『NANA』の話題からして、2人とも並みの読み手ではな
いことがよくわかります。本人を前にして、堂々たる作品論(時間軸の交差など)を展開
するよしながふみさんは、半ば微笑ましいのですが、萩尾望都さんはあまり評論めいたこ
とをいわないながら、読み手としての底知れなさがひしひしと伝わります。話の流れで、
永井豪はともかく本宮ひろ志が引き合いに出すのはかなり予想外です。

さらに、『ベルばら』を(連載時に)ライブで体験したかったと悔やむよしながふみさん
へ「今だと『テレプシコーラ』をライブ感たっぷりに大騒ぎしています」と返す萩尾望都
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー