中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よくわかる現代魔法(3)―ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ (集英社スーパーダッシュ文庫) 文庫 – 2004/9

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

少女たちの魔法。秋葉原でセカイが変わる!?
お子さま体型でドジな見習い魔法使い・こよみ。由緒正しき古典魔法の天才・弓子。そして、弓子そっくりな小学生の女の子。秋葉原で少女達が出逢い、世界が壊れ始めた…シリーズ第3弾です!


登録情報

  • 文庫: 228ページ
  • 出版社: 集英社 (2004/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4086302047
  • ISBN-13: 978-4086302043
  • 発売日: 2004/09
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,129,178位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
5
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
シリーズ3作目の主人公は一ノ瀬弓子クリスティーナです。彼女が魔法を覚えたての頃、今でこそ気の強いキャラとしていますが、魔法に何を望み、そして何を誓ったか。一人の少女の成長物語として面白く、また、今までのような新しい設定による物語プロットが上手くできています。ペースも速く、次の作品へと安心して期待できます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
シリーズ全体の印象は、シリーズが一段落した5作目「たったひとつじゃない冴えたやりかた」のところに書かせて頂きましたが、シリーズ3作目であるこの作品は、1、2作目に比べ、構成や描写がかなり上達していて、良い。かなり良い。事件が起こっても実はそれ程派手な絵づらではないんですね。でも、キャラクターの心は躍動し、揺らめき、そして前進している。そこが一番の魅力かと思います。SF小説で定番な、時間テーマのアイディアのこなし方も、ある作品から猫という存在を借りつつキャラクターの成長のためのドラマとして上手くこなしているし、何より「ぱんつはいてない」少女の描写が上手い。彼女にとって「ぱんつ」とは何か? ぱんつを他者に投げつけるとはどんな行動なのか? ぱんつをはいてない不安って? そしてぱんつはいてない彼女はそれを最終的に受け止めたか? ぱんつがこんなふうに作用する作品は、これが最初で最後でしょう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 今回のお話の主役は一ノ瀬弓子クリスティーナです。コンピュータにより実行される現代魔法全盛の現代において、なぜ弓子が古典魔法を習得することができたのか、その疑問が解消されます。

 美鎖がクリスマスショッパーのパスワードを忘れてしまったので、こよみが過去の記憶を覗き見するっていうストーリーなのですが、ただ見ているだけのはずなのに、何故か過去に干渉してしまっているような気が…。過去という概念についても考えさせられるかもしれません。

 個人的には、美鎖にべったりだった聡史郎がどの時点で変わってしまったのかが知りたかったなあ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 後野まつり VINE メンバー 投稿日 2009/6/27
形式: 文庫
過去の出来事が現在に影響を与えるネタは話に奥行きが出て面白いですね。今回の話で登場キャラクタの繋がりがさらに深くなり、面白くなりました。ただちりばめられたネットスラングの風化が心配です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
イラストレーターのファンなのでイラスト買いしてしまい、シリーズ1作目はストーリーテリングのほうはちょっとガタガタだったのでどうかと思っていたのですが、3作目でストーリーもだいぶこなれて上手くなってきましたね。
今後に期待したい作家さんだと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告