通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
よくわかる学級ファシリテーション・テキスト―ホワイ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よくわかる学級ファシリテーション・テキスト―ホワイトボードケース会議編― 単行本 – 2012/4/27

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,294
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • よくわかる学級ファシリテーション・テキスト―ホワイトボードケース会議編―
  • +
  • よくわかる学級ファシリテーション3―授業編― (信頼ベースのクラスをつくる)
  • +
  • よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)
総額: ¥6,048
ポイントの合計: 183pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

授業中のたち歩きや子どものトラブル、非行や不登校、学級崩壊、虐待やクレームといった困った場面・事例を解決する「ホワイトボードケース会議」を学びます。
生徒支援や生徒指導に有効な会議の進め方をわかりやすく練習できるよう工夫したテキストです。

著者について

岩瀬 直樹(いわせ なおき)
1970年生まれ。東京学芸大学卒業。埼玉県小学校教諭。ファシリテーター。
学びの寺子屋「楽学」主宰。EFC(Educational Future Center)理事。西脇KAI所属。
信頼ベースのクラスづくりの実践、「読み」「書き」を中心にワークショップを核とした授業づくりに力を入れている。
著書に『「最高のチーム」になる! クラスづくりの極意』(農文協)、『最高のクラスのつくり方』(小学館、子どもたちとの共著)、『作家の時間-「書く」ことが好きになる教え方・学び方【実践編】』(新評論、企画・共著)、『効果10倍の学びの技法』(PHP新書、共著)、『学級づくりの「困った!」に効くクラス活動の技』(小学館、共著)、『よくわかる学級ファシリテーション1─かかわりスキル編』『よくわかる学級ファシリテーション2―子どもホワイトボード・ミーティング編』などがある。
ちょん せいこ
1965年生まれ。人まちファシリテーション工房。
大阪府在住。桃山学院大学卒業後、障がい者の作業所職員、NPO職員を経てファシリテーターになる。
ホワイトボード・ミーティングを提唱し、主に会議や研修、事業推進におけるファシリテーター養成に取り組む。
トレーニングには、ボランティア、NPO、自治体、システムエンジニア、ビジネスコンサルタントなど、多様な人が集まる。教育現場でも公開授業や研修を進めている。
著書に『人やまちが元気になるファシリテーター入門講座─17日で学ぶスキルとマインド』 『学校が元気になるファシリテーター入門講座─15日で学ぶスキルとマインド』『元気になる会議─ホワイトボードミーティングのすすめ方』『よくわかる学級ファシリテーション1─かかわりスキル編』『よくわかる学級ファシリテーション2─子どもホワイトボード・ミーティング編』(いずれも解放出版社)がある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 103ページ
  • 出版社: 解放出版社 (2012/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4759221522
  • ISBN-13: 978-4759221527
  • 発売日: 2012/4/27
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 245,926位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 せいこさんとゴリさんがタッグを組んで取り組まれている「よくわかる学級ファシリテーションシリーズの3冊目です。
 
 「よくわかる学級ファシリテーション@A」を読んだり、講座に出たりしながら教師をしています。1年半が経ちました。この考え方で学級経営をしていくことは今の段階でベストと思っています。しかし、本に書かれているように子どもたちが成長しない時があります。
 
 私に足りなかったのは、一人一人の子どもたちやクラスの状態をきちんと見立てる力でした。どんなによい考え方や学習方法でも、子どもたちの前に立つ教師が見立てや対応をまちがえるとうまくいきません。(あたりまえのことなんですが、)教師が子どもたちを見立てる力を鍛えるにはもってこいの本だと思います。また、よく言われるクラスで困った子(本当は困っている子)の対応に悩まれている方には、チームでその子に対応する術が書かれていて、きちんと実践すれば職員室も今以上に温かいものになり、学校が1つにまとまっていけると思います。

この本に読んで私が変わったことは、

@本書に掲載されている「アセスメント支援スケール」を規準にして見立てて、子どもの状態や成長を見られるようになった。
A困っている子の対応を職員で話し合っていても「誰が悪い」という犯人捜
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告