中古品
¥ 550
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よくわかるクジラ論争―捕鯨の未来をひらく (ベルソーブックス) 単行本 – 2005/8

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 48,546 ¥ 550
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ捕鯨は必要なのか、IWCが保護している理由は、どうして減ったのだろうか、どんな種類がいるのか…。正しいクジラの科学的知識と文化・歴史がわかる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小松/正之
1953年(昭和28年)岩手県陸前高田市生まれ。1977年農林水産省入省。1984年米国エール大学大学院修了。経営学修士(MBA)取得。2002年水産庁漁場資源課長。2004年東京大学より博士号(農学)授与。現在、独立行政法人水産総合研究センター理事。国際捕鯨委員会(IWC)、ワシントン条約(CITES)、国連食糧農業機関(FAO)等の国際会議に多数出席・活躍。議長も務める。魚介類のダイオキシン・水銀問題、イワシ・サバの資源評価、豊かな東京湾再生検討委員会、有明海・八代海の再生特別措置法、座礁船対策等も担当した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 196ページ
  • 出版社: 成山堂書店 (2005/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4425852117
  • ISBN-13: 978-4425852116
  • 発売日: 2005/08
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 894,685位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2010年9月17日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2008年2月26日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2009年12月17日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告