中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よい獣医さんはどこにいる 単行本 – 2003/8

5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
単行本, 2003/8
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   ペットの具合が悪くなって、とにかく近くの動物病院に駆け込んだ…。こんな経験は、動物を飼っている人なら誰しもあるだろう。でも、大事なペットを診てもらうのに、近い、料金が安い、先生が多い、あるいはテレビに先生が出ていた、そんな理由で安易に獣医を選んでいいのだろうか? 

   獣医なんてどこにかかっても同じと思ったら大間違い。本書では、技術面において、獣医によって信じられないほどの落差がある現状を指摘。近所の獣医を信用してしまったことから、その治療をめぐって裁判沙汰にまでなった悲劇を巻頭で取り上げ、問題のある獣医はどうして生まれるのかを、現場で活躍中の獣医師の意見も交えて追求していく。

   よい獣医を探すというのも、飼い主の責任のひとつ。動物病院の善し悪しを見極める目をもつためのアドバイスは、大いに役立つはずだ。愛するペットが病気になる前に、ぜひ読んでおきたい。(夢千慕) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者からのコメント

飼い主としての切なる願いを本に! 動物の専門家でもなければ獣医師でもない私は、たんなる一飼い主としての視点からこの本に取り組みました。タイトルの『よい獣医さんはどこにいる』は、そのまま私の心の叫びです。そして私は、この本の取材を通じて、よくない獣医師が生まれる背景や料金の不統一の理由などを知ると同時に、高い理想を持って活動を続ける獣医師たちの存在も知ることができました。またさらに大切なことに、飼い主自身が自分のペットの健康とどう向き合うべきかについても気づかされることになったのです。心ある獣医さんたちは口を揃えて私に言いました。「病気を本当に治すのは飼い主さんの力なのです」と。それに気づくことができただけでもこの本づくりに取り組んだ大きな収穫だったと思っています。飼い主が高い意識を持つこと、ペットの健康に対して責任を持つことこそ、よい獣医さんに巡り会うための秘訣なのです。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 259ページ
  • 出版社: WAVE出版; 新装版 (2003/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872901665
  • ISBN-13: 978-4872901665
  • 発売日: 2003/08
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 738,108位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本は、文句なしに面白かったです。それに、30名以上の著名な獣医師にインタビューして、獣医師を取り巻く話題についてよく調べられているなぁと思いました。獣医療は医療かサービスか、基準料金に関する問題、獣医学生の大学教育と獣医師の卒後研修、よい獣医さんをみつけるためのチェックポイント、など、飼主の方々だけでなく、獣医師の先生方にも是非読んでほしいと思われる内容です。
著者の坂本徹也氏は2頭のミニチュアシュナウザーを飼う愛犬家でもあるペットジャーナリストです。出版社のWAVE出版は、日本で毎年65万頭の、何の罪もない捨て犬と捨て猫が殺処分されていることを踏まえて、この「かけがえのない命を救う」ことを目的に発刊されたそうです。
既刊に「捨て犬を救う街 (渡辺眞子著)があるそうで、これも是非読んでみたいと思いました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/10/21
形式: 単行本 Amazonで購入
犬に限らず、動物を家族の一員としてかわいがる
全ての人に読んでいただきたい本です。
愛犬や愛猫に信頼できるホームドクターがいたら
どんなに安心でしょうか?「よい獣医さんはどこにいる?」
は現在の獣医学のあり方から、現実の生死に関わる問題まで
さまざまな角度から
わかりやすい文体で、獣医さんをアプローチしています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
なかなか良い本でした。
が、情報が10年前なのでかなり古いです。

出来れば加筆されたものが再販されると大変嬉しいんですが。
病気と闘う犬・猫と飼い主にとっては、
どんな獣医さんがあるのかは、重要な事ですから。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/11/15
形式: 単行本
ペットを飼っていると必ず獣医さんのお世話にはならなければいけない。
言葉を話せないペットだから、飼い主がペットの気持ちをわかってあげなければいけないと同時に、やはり獣医さんを信頼出来る状態にないと
飼い主もペットも不安になると思う。
この本はどういう獣医さんがいいのか、というのを
考えさせてくれる本であり、とても参考になった。
ペットに関する本などはたくさん出ているが、飼い主の視点から書かれているのはとても身近に感じられ、もっと自分自身も勉強をしなくては、という気にさせられた。
とてもいい本だと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/11/16
形式: 単行本
専門の勉強をしてきた獣医さんの言うことは、若干の差こそあれ、
信用して診てもらっていました。でも、この本に出会ってみて、
それが、如何に飼い主として無責任な行為であったかを、思い知りました。
膨大なインタビューのなかから、著者が選びぬいたであろう、先生達の
一言一言が、重く心に響きました。
日々努力を重ね日本の獣医医療の前進を支えている獣医さんが確かに存在
することに安堵した一方で、近所の獣医さんの言葉を鵜呑みにするのではなく
そのことが自分の愛するペットの命を守るうえで、ほんとに必要な事なのか
見極めるだけの力を、自分自身も付けていくことが大切であることを
この本によって教えてもらいました。
同著者の、『二歩先を行く獣医さん』『ペットの命を守る』もぜひ読んで
参考にしたいと思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
獣医師、医療の現実を垣間見ることができましたが、ここに書かれている問題の多くは、恐らく人間の医療にも言えることです。「医者は神の次に偉いんだ!」とのたまう獣医がいるのには、寒気と吐き気を覚えました。テレビなどで放映され有名になっている病院でも、現実はひどい所もあるとのこと。この著書の主旨には大いに賛同したいものですが、著書に協力されてる獣医さんたちに関しても十分な調査がなされて信頼できるのか、不安を覚えます。メディアを無条件に信用してはいけないこと、患者側にも十分な知識と調査力が必要であることを学ばせてもらえる本なだけに、読者もまずこの内容が公正かつ客観的に書かれているかどうか、見極めていただきたいと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
患者が医者を選ぶのはいまや常識。なのに獣医さんは、「どの獣医さんでもたいして違わない」と安易に選んでしまっている、それは、間違っているんだってことをこの本が気づかせてくれたました。
認識が低く問題意識に乏しい飼い主が多いから、世の獣医さんも「その程度」なのかもしれません。
一般飼い主の獣医さんへ対する目がもっとたかまれば、「良い獣医さん」は、もっと増えるはずです。
その第一歩として、十分に役立ってくれた本でした。
さあみなさん、まずは、この本を読んで、飼い主のレベルアップをはかりましょう。近い将来、世の獣医さん皆が「良い獣医さん」になることをめざして・・・
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー