通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
よいこの君主論 (ちくま文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

よいこの君主論 (ちくま文庫) 文庫 – 2009/5/11

5つ星のうち 4.1 51件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 28
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • よいこの君主論 (ちくま文庫)
  • +
  • 完全教祖マニュアル (ちくま新書)
総額: ¥1,706
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

マキャベリの名著『君主論』を武器にクラス制覇へと乗り出した小学五年生のひろしくん。だが、彼の前に権力への野望を持つ恐るべき子供たちが立ち塞がる。『君主論』はひろしくんを覇王へと導くことができるのか?小学生の権力闘争を舞台に楽しく学べる『君主論』。クラスを牛耳りたい良い子のみんなも、お子様に帝王学を学ばせたい保護者の方も、国家元首を目指す不敵なあなたも必読の一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

架神/恭介
1980年生まれ。広島県出身。早稲田大学第一文学部卒。作家、フリーライター

辰巳/一世
1981年生まれ。静岡県出身。横浜市立大学大学院国際文化研究科修了。2007年、メーカーに就職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 301ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2009/5/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480425993
  • ISBN-13: 978-4480425997
  • 発売日: 2009/5/11
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 93,151位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 nacamici トップ500レビュアー 投稿日 2014/5/14
形式: 文庫 Amazonで購入
『仁義なきキリスト教史』が文句なしに面白かったので、こちらも読んでみたが、小学生が覇道を実践するという設定にどうもついていけず、消化不良感が残った。目次、ふくろう先生・はなこちゃん、たろうくんによる各章のまとめ、マキャベリ本人(?)による解説で自分には十分だった。著者らは「昨今の君主論の扱い方はビジネス書における応用ばかり」というところに不満でこの本を書いたと巻末にあるが、本気で利害が絡む段にならないと「好き嫌い」が政治にまで発展することはないのであって、そういう意味で小学校の遠足やドッジボール大会や運動会などを権力者同士の駆け引きの舞台として描くのにはそもそも無理があるような気がした。キリスト教団を任侠集団として描く手腕が際立っていたため、期待しすぎたのかもしれない。「ビジネス書に描かれた実用の知としてのマキャベリズムでは、いまいち笑えない」ともあるが、小学校を舞台に描かれたマキャベリズムでもそんなに笑えなかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
マキャベリの『君主論』を、「クラス統一を目指す小学生の覇道」を例にとり(?)解説したもの。
勢力拡大を目指して権謀術数を駆使する小学生達に、爆笑すること請け合いである。

『君主論』のエッセンスを分かりやすく、というのはもとより、「小学生の権力闘争」という話題を露骨に(かつ戯画的に)描いている点が興味深い。

思えば私が小学生だった時分にも、クラスに君臨する「ボス」の女の子がいた。クラス内女子の半分以上は彼女の「支配下」にあり、男子も何名かは彼女の影響下にあっただろうか。クラス最大勢力の領袖である。
そんな彼女のグループに、男子の主力グループ(私も属していた)が「スパイ」を送り込んだような記憶がある。目標は「勢力の攪乱および諜報活動」だった。
当時男子の間で横山光輝のマンガ『三国志』が大人気だったせいもあるが(「埋伏の毒」というやつです)、子供ながらにクラス内の人間関係がある種の「政治闘争」であることを肌で感じていたのだろうか。

「そうそう、そういえば子供ってえげつない権力闘争するよな〜」と、少年時代を懐かしく思いながら読み進めた。

ちなみに余談だが、地元の公立中学に進学すると、クラスの「ボス」だった例の女の子は実にささやかな地位に転落し、そのまま地味な3年間を送ったの
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
マキャベリの君主論は当時のイタリアの状況を踏まえないと分からない部分が多いが、本書はこれらをクラスメートのキャラクターや遠足のおやつ、給食のプリンなど誰もが理解できるキーワードに巧みに置き換えている。

君主論というと何かすごいことが書いていそうだが要はこれは人の心をどのように掴めばいいか、ということを解説している本である。本書の主人公も全能力が優れているわけではない。主人公は観察力、人身掌握能力によって勝利を収めた。人間関係の構築はここがキモと考えて読めば「君主」だけでなく「小市民」もより楽しく人生を送れるのではないだろうか。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BT_BOMBER トップ500レビュアー 投稿日 2016/1/3
形式: 文庫
マキャベリ「君主論」を小学校のクラス内での主導権争いに見立てて説明する本。
君主論の原本を読んでいないので、どこまで正しいのかは判断できませんが、
それらしい解説は付いていますし、何よりエンタメとして非常に面白いです。

主人公は小学生に(限らずかもしれませんが)よくある仲良しグループを率いて
クラスの統一を目指します。
その過程で起こるクラス内のあれこれを君主論に当てはめて解説する形。
各章の最後にはクラス内に存在する仲良しグループが図示されており、
子供たちのグループ移動がわかりやすくなっています。
何よりここに「勢力図」という表現を使うユーモアが素敵。
またキャラも良い具合に立ってるんですよね。
ここはイラストの力も大きいかもしれません。
ところどころに挿絵が入っているほか、最初のキャラ紹介では
(枠の大きさこそ差はありますが)一通りクラス全員のイラストが付けられています。
学級委員キャラのメガネが演出とか書かれてて笑えます。
あえて言うなら子供たちが全員やたら腹黒いところだけは「こんな小学生は嫌だ」な感じかも。

ちなみにラストに掲載されているこの本の解説もマキャベリの筆名で書かれています。
結構毒を吐いていて、ここも面白いです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す