ゆれる [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,200
通常配送無料 詳細
発売元: yumeko書店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ゆれる [DVD]

5つ星のうち 4.1 157件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,873 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,231 (30%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でゆれるを今すぐ観る ¥ 324 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ゆれる [DVD]
  • +
  • ディア・ドクター [DVD]
  • +
  • 蛇イチゴ [DVD]
総額: ¥8,882
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: オダギリジョー, 香川照之, 伊武雅刀, 新井浩文, 真木よう子
  • 監督: 西川美和
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/02/23
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 157件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000KIX658
  • EAN: 4934569625373
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 21,632位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

「2006年邦画ベスト1」の呼び声高い、女性監督・西川美和×主演・オダギリジョーによる最新作。
本年度必見の1本! 毎回映像特典:「ゆれる」メイキング,特報・予告編・TVスポット スタッフ:企画:安田匡裕、是枝裕和/プロデューサー:熊谷喜一/撮影:高瀬比呂志(J.S.C.)/照明:小野 晃/録音:白取 貢/美術:三ツ松けいこ/音楽:カリフラワーズ/編集・宮島竜治/原案・脚本・監督:西川美和
キャスト:オダギリジョー/香川照之/伊武雅刀/新井浩文/真木よう子/木村祐一/ピエール瀧/田山涼成/河原さぶ/田口トモロヲ/蟹江敬三

Amazonレビュー

   オダギリジョーが演じる弟の猛は、故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功。一方、香川照之の兄・稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。母の一周忌に帰った猛だが、稔、幼なじみの智恵子と出かけた渓谷で、智恵子が吊り橋から転落死してしまう。殺人容疑をかけられた兄と、彼の無実を信じる弟の関係が、ときにスリリングに、ときに不可解に、さらに衝撃と感動を行き来し、タイトルが示すように“ゆれながら”展開する骨太なドラマだ。
   都会に出た者と、田舎に残る者。性格も違う兄と弟。映画は対照的な立場を鮮やかに描きだす。西川美和監督は、微妙なセリフで男ふたりの複雑な内面を表現し、観る者のイマジネーションをかき立てまくる。背中の演技で心情を伝える香川照之もすばらしいが、兄に対する負い目と苛立ちの両方をみせるオダギリジョーは、彼のキャリアのなかで最高の演技と言っていいだろう。あのとき吊り橋で、何が起こったのか? その真実も含め、さまざまな余韻を残すラストシーンは目に焼き付いて離れない。兄弟を持つ人ならば多かれ少なかれ、ここに描かれる確執に共感してしまうはず。家族の関係も、そして人生も、一筋縄ではいかないのだと教えてくれる名編だ。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 キートン砂糖 殿堂入りレビュアー 投稿日 2012/5/4
形式: DVD
見ていて胃がヒリヒリしてきた

閉鎖的な田舎の鬱屈。
地元を捨てて抜けだした弟は写真家として東京で成功する。
兄は地元に残って家業を継ぐ。
身内で誰もが抱く「もし」の夢を叶えてしまえば、
周りの人間も「もし」の夢を叶えられたかもしれないという後悔を抱くことになり、現状に不満を抱き始める。
なんであの時一緒に東京へ行かなかったのか。
いまとは違う人生だったかもしれないのにという身が切れるような後悔も痛いほどわかる。
父親の兄である叔父も、弁護士として成功してる設定なのか。

グラグラと「ゆれる」橋は、田舎と都会との境界線。
勇気を振り絞ってその橋を渡ることができて初めて抜け出すことが出来る。
若いころは多分、橋を渡ることにおっかなびっくりだったはずなのに、一度わたってしまえば実は大したことではなかった。

子供好きで、優しすぎるからこそ、地元、親を捨てることができなかった。
気が弱くて、舐められがちだからこそ客からのストレス解消の理不尽なクレームに襲われることになる。
自分も似てるから、よくわかるしブチ切れるシーンも共感した。

ハンサムで、都会で成功し、金を掴んだ弟。
不細工で、女には
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
兄弟間の感情のゆれ、記憶のゆれ、立場のゆれ、存在のゆれ、
それらが展開するにつれ、ゆれながら徐々にゆがんでいく。
言葉少なに映像でみせる内面描写は見事だ。
見事だが、各自の内面は幾重にもフィルターがかかり、
観る者に明快に提示されない。
それゆえに、観る者の深読みを誘う。

橋の上で起きた「真実」が兄弟の視点や証言によって変わるうえに、
彼らの互いに対する猜疑心や深読みから生じるやりとりや内心の変化は、
橋の上の「真実」同様、観る者にとって、二重三重のベールがかかり、
最後まで様々な解釈を許す。

途中で証言をひるがえす弟は写真家だ。
幼児期ならともかく、目にした一瞬をフィルムに焼き付けるプロが、
記憶をたがえるだろうか。兄弟の確執という負荷がかかり
記憶がゆがんだにしろ、意匠返しとして偽証したにしろ、
それらはまるで、過去を焼き付けたフィルムの現像時に
左右が逆になったり、明暗が逆になったり、
見せたい(見たい)ものを強調するために
不要な箇所を切ってトリミングするのとも似ている。

弟の証言は「真実」であれ、「偽証」であれ、
それは兄とともに奈落へ落ちる決意であ
...続きを読む ›
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
とにかく「すごいな」と思わされた映画です。

私は心情を描くのに適した手法は小説だと思っています。
どんなに優れた小説も、映像にした瞬間、俳優が演じた瞬間に
何か別のものになると思っています(それはそれで良いものですが)。

けれど『ゆれる』はその考えに当てはまらなかった。
映像と音楽と役者とセリフと、その他全ての要素が絶妙に絡み合って
小説では表現できない唯一無二の世界を構成していました。

特に香川照之氏の演技は素晴らしいです。
微笑んでいても胸に一物を抱えているかのような顔は
精神を病んだ犯罪者そのものでぞっとさせられましたし、
苦悩・悲しみ・嫉妬・怒り・諦めといった心の暗部を
顔で、手で、背中で表現なさっています。
顔の皺ひとつですら意味があるような錯覚に陥りました。

暗いテーマで地味な映画ですが、この作品は映画界に輝く逸品ではないでしょうか。
この手の映画は好きではないのに見て良かったと思えます。
全ての要素が不可欠で無駄が無い。間違いのない名作です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
人は思い入れや感情の違いによって同じものを見ても必ずしも同じように見えたり、記憶したりしていない。そんな人間の心理を題材にしたのがこの作品だ。
東京に出てカメラマンになって成功したが、父親に認められていない弟(オダギリジョー)と地元に残り真面目にガソリンスタンドを営む兄(香川照之)の兄弟。弟は真面目に地元で働く兄や父親に負い目を感じ、兄は自由に行動する弟をどこかでねたましく思う。そんな二人の心がある事件を通して明かになり、二人の間にひずみが入る。
兄が想う女性がゆれる橋から転落したのは事故か故意か。同じ状況を見ても心に残る映像はそのときの感情によって変わってくる。真実は何なのか最後までそれがわからず、ゆれる兄弟の心を通して話は二転三転していく。そこがこの作品の最大の魅力だろう。
観る者はオダギリジョーの視線で物語の進行を見ていくが、途中どこかで香川照之の感情に惹かれていく。それは香川の演技の素晴らしさか、監督の演出の妙なのか。どちらにしても、最近ではなかなかお目にかかることの出来ない素晴らしい心理劇。CGを多用や派手な演出が多い今の時代に人間の心理に真正面からぶつかって行くこの作品は拍手喝采もの。
重いテーマながら観終わった後にどこかほっとする感覚も味わえる作品だった。
オダギリジョーの「兄ちゃん 家に帰ろう」と叫ぶ声(弟の想いが伝
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック