この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ゆるしの法則 ハードカバー – 2008/2/5

5つ星のうち3.8 7個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ハードカバー
¥53

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

「人生でもっとも重要なこと、それは人間関係を癒すことだと私は信じています。この本で私は、罪の意識に別れを告げ、ゆるし、また私たちを隔てている怖れと非難を手ばなすことで、どのように人間関係が癒されるかをお話ししたいと思います。罪の意識とは、何か悪いと思っていることをしてしまったあとで自分を責めることです。そして怖れとは、なにか危険を感じたときの苦しみと悩みです。罪の意識と怖れはとてもよく似ていて、しばしば同じことを意味します。ゆるしとは、過去を手ばなすことです。誰かが私たちにしたことで、彼らをゆるさないかぎり、自分自身をゆるすことはできません。そして、魂の平和を経験することもできないでしょう」(「はじめに」より)

出版社からのコメント

国際的に有名な精神科医であり、日本でも人気の高いジャンポルスキー博士の新刊です。原書は1985年に刊行された『GOOD−BYE TO GUILT』。直訳するなら「さよなら罪悪感」。もともとは『ゆるすということ』よりも前に発表された作品でしたが、実用的に書かれた内容でしたので、思い切ってご紹介することにしました。大きな理由は他にもあります。刊行後20数年経った現在......しかしあの頃よりも、世界には「ゆるせない」ことが増えている気がいたします。「ゆるせない」エネルギーはどこに行くのでしょうか? 考えただけでも恐ろしい。だからこそ、本書で取り上げている「ゆるす」ための"法則"を活用していただきたいのです。「7つの章」と「14のレッスン」をぜひ実践してみてください!

登録情報

  • 出版社 : サンマーク出版 (2008/2/5)
  • 発売日 : 2008/2/5
  • ハードカバー : 256ページ
  • ISBN-10 : 4763197576
  • ISBN-13 : 978-4763197573
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 7個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
7 件のグローバル評価
星5つ
36%
星4つ
11%
星3つ
53%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2008年2月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
42人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2008年2月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2010年1月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2008年6月2日に日本でレビュー済み
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年5月28日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。人生論ノート