通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゆず女房 料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫 わ 1-... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ゆずの木書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付き。カバー・紙面ともにきれいな状態です。中古商品の為、気をつけておりますが多少の傷み・汚れ・ヤケ・書き込み等の見落としはご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゆず女房 料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫 わ 1-24) 文庫 – 2013/12/14

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2013/12/14
"もう一度試してください。"
¥ 659
¥ 659 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゆず女房 料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫 わ 1-24)
  • +
  • 花見弁当 (ハルキ文庫 わ 1-26)
  • +
  • 蓮美人 (ハルキ文庫 わ 1-23)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本橋は木原店の一膳飯屋・塩梅屋。主の季蔵が、今年の師走昼餉を何にするか思索中のところへ、元噺家で廻船問屋長崎屋の主・五平が立ち寄った。お内儀のおちずが、昼間からこっそり酒を呑んでいるという。心配した季蔵は話を聞くことに――。彼女の隠された秘密とは!? 葱たまどん、河豚尽くし、雪菜のふすべ漬け、鳥鍋、柚の香餅・・・・・・季蔵は絶品の料理で人々に幸せを届ける一方で、江戸の闇の巨悪に立ち向かう!! 大ベストセラー書き下ろしシリーズ二十二弾。

内容(「BOOK」データベースより)

日本橋は木原店の一膳飯屋・塩梅屋。主の季蔵が、今年の師走昼餉を何にするか思索中のところへ、元噺家で廻船問屋長崎屋の主・五平が立ち寄った。お内儀のおちずが、昼間からこっそり酒を呑んでいるという。心配した季蔵は話を聞くことに―。彼女の隠された秘密とは!?葱たまどん、河豚尽くし、雪菜のふすべ漬け、鳥鍋、柚の香餅…季蔵は絶品の料理で人々に幸せを届ける一方で、江戸の闇の巨悪に立ち向かう!!大ベストセラー書き下ろしシリーズ二十二弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 272ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2013/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758437939
  • ISBN-13: 978-4758437936
  • 発売日: 2013/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 304,737位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 suihou トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/12/22
Amazonで購入
四季に一冊ずつ出るこのシリーズ。季節それぞれの料理をくふうする塩梅屋の季藏たちに、それらに絡む謎や捜索が持ち込まれる、という趣向で、季節に合わせて楽しめ、これで二十二巻目。
新刊が出るたび読んでいますが、やはり体にしみるのは、なぜか冬の巻のようです。

今回の冬の味覚は、昨年の鶏団子うどんに代わって、葱たまご丼、河豚、漬け物。ほっこりと体にしみるほかほかの葱たまご丼の第一話は、女義太夫の美女で落語好きの大店の息子の妻になったおちずの突然の深酒。幻影を見る血筋かもしれないと悩み・・・。
また第二話の河豚は、代理で河豚のさばきを頼まれる季藏と多聞のがわから、河豚の扱いの蘊蓄が語られ、メインのお家騒動以上に、なまなましく趣き深いものでした。

そして今回は後半にかけて、多聞の素性と運命が明かされ、凍てつくような木枯らしの中、なんともいえない余韻の中にページを閉じます。
季藏の良き友、あるいはライバルになるかもと思われた多聞の、男の人生の潔さ。

作者は、宝石シリーズも第二弾を出していますが、硬質な叙情に、冴えるものがあるような気がします。

 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
物語に出てくるユキノシタの漬け物が、気にかかり、ネット販売で取り寄せました。
話の展開も、面白くなってきそうで期待感が高まり、ベストな本でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
料理人季蔵の活躍やきめ細かい料理の表現江戸情緒を楽しみました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告