中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゆきのはなふる コミック – 2006/5/29

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 214ページ
  • 出版社: 白泉社 (2006/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592142683
  • ISBN-13: 978-4592142683
  • 発売日: 2006/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
後書きにも書かれているように、散発的に描かれてきた「山の主様」シリーズをまとめたものです。

作品数にして八割方、ページにして半分ほどは、雑誌を買わない私も色々な単行本に収録されているのを読んでいますので、重複を厭う人には“売らんかな主義の編集本”の誤解を受けてしまいそうですが、この本のメインは、なんと言ってもタイトルにもなっている書き下ろしの「ゆきのはなふる」です。

あとがきでは既出の作品だけでは1冊の分量に足りなかったからと書かれていますが、この100ページを越える力作、もちろんページあわせのための穴埋め作品ではありません。

自ら動く人形(ひとがた)を拾ってしまった、雪師とその一門。なぜ捨てられていたのか、誰が作り捨てたのか。ここには、前半の「主様シリーズ」の軽いノリはなく、強いテンションを保ったまま、物語は進んでゆきます。

読後にいろいろ考えたこともありますが、ここには書きません。しかし、ラストシーンと高い密度に感動したことだけは、書いておきたいと思います。長く連載できるだけのストーリーをあえてこの長さに凝縮した作家を褒めるべきか、この作品を連載させなかった(できなかった?)出版社(編集者)の不明を糾弾すべきか。いずれにしても素晴らしい作品です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「主様シリーズ」の総集編のような作品。今までの作品+書き下ろし(表題作)だけど、この書下ろしが一番の長編と言うところが凄い。

書き下ろし「ゆきのはなふる」はちょっと推理サスペンス的で、ちょっとダークな感じで。でも、作者のほんわか優しい世界がちゃんとあるのが良い。

ラストシーンにも優しさが溢れている。卑劣で殺伐としたニュースが多い中、このラストは「愛情」とはこう言うものじゃないかと考えさせてくれた。

それにしても、この人は名前の付け方、言葉の見せ方が本当に上手い。主に仕える人の名前も、「魂ノ緒」なんて小道具的な言葉も、ぴったり合っている。

さりげなく本質を突いてくる作家だと、あらためて思った。

「優しさ」がじんわり響く作品だと思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はつひ 投稿日 2006/6/10
形式: コミック Amazonで購入
主様のシリーズは大好きなので、コミック化はすごく嬉しいです♪

個人的には雨師の都世様と、揺花ちゃんがお気に入りなのでこのふたりの

話はもっと読みたかったのですが。

書き下ろしのお話も素敵でした。少し哀しくて、でもあったかい。

雪師のお話にぴったり。

ゆっくりでいいので、次の作品もとても楽しみです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
様々な単行本に散見していた主様シリーズをひとつにまとめて、さらに長い書き下ろしがついた今回。主様シリーズがまとまって単行本になるということで最初は本屋で探していたのですが見つからない。大衆的な漫画ではないけれどこういうときにしっかりとしたファンがついていることを実感します(私もその一人なのですが)。結局、私はこちらで購入することになりました。数ページで始まった主様シリーズが長いことかけてこういう形でまとまることは最初の頃はファンも作者も思ってみないことだろうなと思いました。長い歳月を重ねることで湧き上がるシリーズへの愛着、心優しき登場人物が奏でる物語が一冊に詰まっているようです。書き下ろしが一番長く、他の主様たちが数ページでするりと暖かい気持ちにしてくれるのは違うけれど、優しいなぁ、冷たい人間からは発想できないという感じを受ける話です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック