¥2,134
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ゆきあひ - 岩谷征捷の世界 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゆきあひ - 岩谷征捷の世界 オンデマンド (ペーパーバック) – 2019/10/10


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
オンデマンド (ペーパーバック), 2019/10/10
¥2,134
¥2,134

本まとめ買いクーポン
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

防雪林のポプラが、風に吹かれて白い葉裏を見せた。
 その林と鉄路とのあいだには、小さな墓地があった。あのとき気づかなかったのは、遠景にばかり視線を投げていたからだろうか。
 通りすぎてゆく樹木たちの近景——。かつて自分を取り巻いていたものの中心に存在していた、樹木。その内がわを思考が流れてゆき、ついには熟考する樹木——いっしゅんではあったが、そうした幻影がはしり、それとともに惹かれてゆく私がいた。あるいは、次のように思考が捩れてゆく。——たとえば「死」があってはじめてひとはひとであることを得ているのであり、それはよろこぶことでもなくかなしむことでもなく、各自めいめいの死に向かって時間は進んでゆき、同時に空間そのものをも移動させてゆく。
(本文から)

岩谷征捷 (いわや・せいしょう)
1942年、北海道生まれ。國學院大學文学部文学科卒。
主たる専門領域は、日本文学評論・小説。

主な著書
『島尾敏雄論』近代文藝社、1982年
『大江健三郎、イーヨー譚の生成』亜細亜文庫、1991年
『島尾敏雄私記』近代文藝社、1992年
『島尾敏雄事典』(共著)勉誠出版、2000年
『芥川龍之介大事典』(共著)勉誠出版、2001年
『近代文学作品論集成・死の棘』(共著)クレス出版、2002年
『中有の旅・岩谷征捷初期短編小説』亜細亜文庫、2003年
『桜花爛漫羅利骨灰・岩谷征捷自撰短篇小説』晃栄社文庫、2005年
『父と兄の時間 - 戦後小説を読み解く(電子書籍)』株式会社22世紀アート、2018年


登録情報

  • オンデマンド (ペーパーバック): 286ページ
  • 出版社: 22世紀アート (2019/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4909322426
  • ISBN-13: 978-4909322425
  • 発売日: 2019/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 1.8 x 21 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 938,913位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう